フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

2014年9月 4日 (木)

稲田政調会長就任と女性閣僚

今回の党役員交代と内閣改造ですが、前の閣僚が十分に仕事をやっていたので、あまり必要性はなかったと思います。

ですが、さすがに失言壁のある石原環境相はそろそろ変えるべきだったし、石破幹事長を異動させるのに合わせて他の役員や官僚を変え、無難な形になったのではないでしょうか。

安倍首相が女性閣僚を増やすと言っていましたので、数合わせにならなければ良いのにと心配していましたが、こちらはほぼ妥当な方が選ばれたと思います。

山谷拉致問題担当相、高市総務相、有村女性活躍相は申し分ないです。
小渕経産相は安倍首相と政策が近い訳ではないですが、経済発展に重要な役目をどのように努めるのか見ものです。
松島法相は元朝日新聞社の社員ですし、選択的夫婦別姓賛成派という事で少し心配していますが、就任記者会見で死刑執行命令の署名について肯定的に発言したり、朝日新聞の慰安婦記事の取り消しについて問われ「間違いを書いたのはいけない」と答えているので、与えられた役を適切にこなして下さると思います。

今回の役員変更、内閣改造で一番の評価点は稲田政調会長就任だと思います。

このブログで何度も書いていますが、稲田氏に日本初の女性首相となって頂きたい私としては、前回の初入閣からさらに今回党三役に抜擢されたことは非常にうれしく、期待しています。

安倍首相も稲田氏を将来の首相候補として育てようとしているのではないでしょうか。

今回政調会長の職務を全うし、来年の総裁選後、第三次安倍内閣が発足した暁に、重要閣僚への抜擢され、首相への道を開いて頂きたいと思います。

2014年8月30日 (土)

国務大臣の定員を増やしてはどうか

もうすぐ第二次安倍内閣の改造が行なわれるようです。

今回の内閣改造について安倍首相はもともとあまりやりたくないが、大臣就任の待機組が多く、党内から内閣改造の要望が強くなってきているという。

マスコミは大臣経験者という経歴を与えるための組閣を批判している。

それがお金のためなのか、名誉のためなのか、あるいは純粋に国のために尽くしたいとの思いなのかという理由は別として、国会議員になったからには大臣を経験したいという気持ちは大いに理解できる。

逆に端から大臣になる気がない国会議員は本当に国のために働く気があるのかと、そのやる気を疑ってしまう。

そう言う国会議員の大臣職要望にある程度こたえていく事は内閣への与党の支持を維持する上で止むを得ないのではないかと思う。

昔は大臣ポストはもっとあった。

しかし省庁再編等があり今では、閣僚の定数が最大18名となっている。

国会議員の定数は750名以上。

それに対して閣僚は18名。

その対比を見ると、(与党)国会議員が内閣改造を求め、閣僚経験のサイクルを短くしてでも大臣経験者を増やして欲しいと考えるのは当然だと思う。

今の内閣は一部の方を除いて交代する必要がないと思うし、優秀な閣僚は長く続けるべきだと思う。

優秀な閣僚が長くその職に留まって経験をどんどん積んでいくことは国益に叶う。

優秀な閣僚を長く勤めさせ、待機組を減らして不満がでないようにするには・・・単純な話、閣僚の定数を増やせば良い。

省庁の数を増やすというのは行政改革に逆行する事になるかもしれないが、閣僚の数を増やすだけなら問題はないのではないか。

閣僚の数を5名や10名増やしたとしても経費は数億円増える程度ではないか。

今の閣僚は定数制限のために、掛け持ちをしている大臣が何人もいる。

内閣府特命担当大臣としてさまざまな分野を受け持っている方が多い。

関連する分野を受け持っている場合もあれば、到底関連が無いような分野を掛け持ちしている大臣もいる。

そういう掛け持ちを減らし、特定の分野に専念させる方が今よりもっと良い結果を残せるのではないか。

閣僚を増やせ、そして各閣僚により専門的な知識を持たせ、結果を出させろ。

人数を減らし、経費を減らす事が改革ではない。

今よりも結果を出させる体制を作っていく事が改革だと思う。

椅子取りゲームに勝つ方法を苦心するよりも、椅子に座った後にしっかり仕事ができるように勉強させ、椅子に座って結果を出す者に椅子を与え続ける。

これこそ国益に叶う。

2014年6月28日 (土)

河野談話検証

6月20日に政府は河野談話の検証結果の報告を発表しました。

この検証についてマスコミはあまり深く報道していません。
重大な発表であると認識していないというよりも敢えて避けているというような感じすら受けます。

セクハラやじのニュースを延々とやるよりも、この報告の内容と意図を伝える方がよほど重要だと思いますが、マスコミは重要だからこそ伝えたくないのでしょうね。

「河野談話の検証を行うが河野談話の見直しは行わない」という事前の政府のコメントを不思議に感じた方も多かった思います。私も第1段階として検証し、国民に周知させ「見直しが必要」との世論を待ってから第2段階で見直すと思っていたのですが、安倍政権の狙いはもっと深いところにあったようです。

その意図を 関西テレビの「アンカー」で青山繁晴氏が解説し、くっくりさんが文字お越しをしてくださっていますので、是非ともご覧いただきたい。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1579.html

安倍政権の狙いは、談話の内容が出鱈目という事は一旦おいておいて、実は談話の形成過程自体が大きな問題であり、韓国と日本の当時の政府間の談合でできたものだと指摘し、そのうえでその談合で今後いわゆる慰安婦問題を荒立てないという政府間の約束を韓国政府が一方的に反故にしたという事実を明らかにする事だった。

いわゆる「河野談話」ではなく「河野談合」だったと。

今回の安倍政権は戦後の日本の政権の中でずば抜けて優秀な政権ではないかと思います。

つぶやき