フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

選挙2005 Feed

2005年9月21日 (水)

自民党改革

今日、特別国会が開会され、第3次小泉内閣が誕生する。
民意を受け、この国会で間違いなく郵政民営化法案が可決される。

さて、そのあと小泉首相はどのような改革を進めるのだろうか。

色々な問題があるが、小泉首相は自民党改革の仕上げを行なうのではないだろうか。

小泉首相が誕生して以来、首相本人も派閥を離れ、閣僚人事でも派閥の推薦を無視し、一本釣りし、入閣した大臣にも派閥を離れることを勧めてきた。

そして、道路公団の改革と郵政の改革に絡めて、旧橋本派の勢力をそぎ、また旧亀井派も弱体化させた。
他派閥の衰退に反して肥大化したのは森派であるが、出身派閥であるので政策に隔たりがなく、対立することがないので当然の結果であるといえる。

最近のマスコミやブログの論調として、
「小泉首相は派閥を潰すと見せかけて、出身派閥の森派の勢力を拡大し、今回の選挙では無派閥という名の小泉派を作ったのではないか」
というのがある。
一見して、的を射ているように思えるが果たしてそうであろうか。

小泉首相は、1年後には総理・総裁の座を退くと明言している。首相の性格からしてよっぽどのことがない限りそのようにするだろう。そしてその後院政を行なったり、自派閥の長としてふんぞり返ったりということはイメージできない。

小泉首相にはもはや派閥は必要ないでしょう。
今回当選した俗にいう小泉チルドレンにしても、残りの1年間自分に同調してくれれば良いので、その後まで自分に従ってもらう必要ないと考えているのではないでしょうか。

政治家になっている子供がおれば、地盤・看板・鞄を譲り、いずれは派閥をついで欲しいと思うのかもしれないが、
幸か不幸か今のところ子供が議員を目指しているとの話はなさそう。

ひょっとすると総理を退任した後、次回の衆議院選で早々と引退するかもしれない。
知事なんかになって、県政改革をしたいなどと、言い出すかもしれない。


では、今回当選した新人は小泉首相が退任した後どうなるのか。

まず、後継選びの総裁選に大きな影響を与えるでしょう。
国政選挙でいうところの無党派層と同じ役割になるのではないでしょうか。
つまり総裁選の候補者は自派閥の票よりも無派閥の票を気にすることになる。

そして、選ばれた総裁はこの無派閥集団の力を借り、政策を展開していくことになります。

先日、桝添氏がTVで言っていた「4年前には派閥に属さなければ苦労が多かったが、今はかなり改善されている」と
おそらくさらに改革をすすめて、数年後には派閥の役割はほとんどなくなり、単なる政策勉強会になるのではないでしょうか。


そう考えると、今回当選した新人の多くを無派閥にすることこそが自民党改革のキーポイントなのかもしれません。


私には、今回の選挙によって、自民党の様相が大きく変わったように思える。

イメージ的には、組合型(個人経営者の集まり)から企業型(社員の集まり)に変わったように思う。

組合型、企業型というのは、勝手に作ったのですが、
組合型・・・個々人は個人経営者として自己の利益を考え、可能な範囲で組合に協力する。
企業型・・・まず企業の発展に貢献し、貢献することによって企業中での自分の地位を高めていく。

私の考えが正しければ、非常に大きな改革になるのではないでしょうか。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2005年9月12日 (月)

2/3って危険なのか?

皆さんご存知のとおり、昨日の衆議院選挙は、自民党の大勝に終わり、結果、自民党296+公明党31=327となった。

総議席数が480なので自公で2/3を超えており、参議院で否決しても衆議院だけで強引に可決することが可能になったと危惧するニュースやそれを受けて論理展開するブログが多くでてきています。

果たして、そんなに危惧しなければならないのだろうか?

確かに、今回の郵政民営化についてはそのような事態になるかもしれない。
ただしこれは、総理の独断ではなく、選挙を通しての民意です。なので問題ないでしょう。


その後、他の法案でも同じようなことが起こるかどうかですが、私は起こらないと思います。


327というのは自民党と公明党の衆議院議員の数です。
自民党と公明党の間には色々な懸案で政策の乖離あります。
また自民党のなかにもそれぞれの立場から意見はばらばらです。

例えば
対中・対韓・対朝外交
自衛隊の問題
憲法改正の問題
人権擁護法案の問題
外国人参政権の問題
その他様々な問題

において衆議院のほとんどの自民党と公明党の合意を得るには、極端な法案は不可能です。

しかも、そのようにして衆議院で妥協され納得されて通過した法案が、参議院の自公で多数の造反を出して否決されることがそう簡単に起こりえますか?

衆院の2/3が賛成する法案なんてものは、参院の自公によっても賛成されるでしょう。

仮に、そのような暴挙が起こる気配があれば、それこそマスコミが紙面や画面で訴えたり、ネット住人が書き連ねればいいことではありませんか。

自民党も今回の選挙で、「民意を得たときの強さ」と「民意が離れたときの怖さ」が身に染みており、民意をそこねかねない法案をごり押しできないことは認識していると思います。

第一世論の怖さを一番知っているのが小泉首相だと思いますが。

複数の政党が政策合意し、強調行動するのが危険だというのなら、危険な地方議会なんてごまんとあります。主要な政党が知事を推薦する共産以外がオール与党という議会もあるでしょう。

数字の上で暴挙が可能であるからとさも暴挙が起こるよううったえるのはいかがなものでしょうか。
殊更に2/3という数字を危険視するのはおかしいと思います。

2/3の危険性を訴えてるマスコミは、次回の選挙で逆に振れることを期待しているのでしょうか?

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2005年9月 1日 (木)

「公明党に一票を」って、おかしいでしょう

今朝の新聞に載っていた記事の中に「?」と思うものがあった。

選挙期間中はできるだけ政治的なことは書かないようにと思っていましたが、少しだけ。


自民党の公認候補の中で「比例は 公明党に一票を」と有権者に訴えている方がいるらしい。

自分は小選挙区と比例区の重複立候補だが、今回の選挙では刺客候補が名簿上位に載っている。
なので、小選挙区で落選した場合に比例区で復活当選できる可能性が少ない。

ならば、小選挙区でしっかり公明党に支援してもらいその見返りとして「比例は 公明党に一票を」と呼びかけているそうです。

これが事実とするならば、党に対する背任行為だと思うのですが、世間は全然騒いでいないようですね。

比例区で本来自民党に入るべき票がこの一言で公明党へ流れるということです。
自民党が獲得できたはずの議席を公明党が獲得するということです。
そううまくはいかないでしょうが、少なくともこの自民党候補はそうなるように公明党を応援する意思を持っているということです。


公明党から支援される前に、自民党から公認をもらっているということを忘れていませんか。
自民党よりも公明党に恩を感じるというのなら、公明党に移籍したらどうですか?


自分が選挙に通れば、党の議席が減っても構わないと考えているいるのでしょうか。
それともあまり深く考えていないでしょうか。

はっきり言って、理解不能です。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2005年8月26日 (金)

党首討論

民主党は自民党に対し、1対1の党首討論を執拗に要求しているようですが。

SankeiWebより
引用開始------------------------------------------

【2005総選挙】党首討論めぐり駆け引き
自民拒否「他党に不公平」/民主要求「論争から逃避」



 民主党は二十五日、自民党に対し小泉純一郎首相(党総裁)と岡田克也代表との公開党首討論を開催するよう文書で申し入れた。しかし、自民党は「他の政党に公平でない」(武部勤幹事長)として拒否した。民主党は「自民党がまじめな政策論争から逃げた」(幹部)と反発しているが、両党がそれぞれの思惑から、ぶつかりあった格好だ。

 民主党の党首討論開催要求は「パフォーマンスで小泉首相と競っても無理。堂々と政策論争を挑めばいい」とする小沢一郎副代表の発案によるもの。全党の党首参加の討論会については「多党化で十分な討論時間の確保は困難な状況だ」と主張し、小泉、岡田両氏だけで討論会を開催するよう求めた。

 自民党が提案を受け入れた場合、郵政民営化など六つの政策テーマについて二時間の討論を行う考えだった。

 「郵政選挙」の性格を薄めたい民主党としては、「二大政党」による党首討論で「政権選択選挙」をアピール。同時に、広範な政策をめぐる討論の舞台をつくることで「誠実な人柄の岡田氏」(幹部)と首相との“違い”を浮かび上がらせる戦略があった。「首相が応じなくても、議論を拒否したマイナスイメージを国民に与えることができる」(幹部)との計算も働いた。

 自民党の対応について岡田代表は日本外国特派員協会での講演で、「前回の衆院・参院選で、自民党を上回る比例票を集めた民主党に失礼だ」と批判した。

 これに対し、自民党の武部幹事長は、わざわざ記者会見を開き、「討論は大いにやるべきだが、選挙直前に両党だけで党首討論を行うのは、有権者から一定の支持を得ている他の政党に対して公平ではない」と説明し、自民、民主両党以外の政党を排除する申し入れを拒否した。さらに、公示前日の二十九日に日本記者クラブ主催で予定されている各党党首の討論会で「存分に論争を展開する」とした。

 小泉首相も記者団に「他の党に失礼。選挙戦術の一環で、(民主党が)野党は自分たちだけだと際立たせたいのでしょう」と民主党を非難してみせた。

 自民党が民主党の申し入れを突っぱねた背景には、郵政民営化をめぐる自民党反対派との対決が争点となる中、わざわざ民主党のペースに引き込まれたくないとの思惑もあるとみられる。

(以下略)

引用終了------------------------------------------

自民党は受けて立つべきなのだろうか?

小泉首相からすれば、分裂選挙となっている選挙区に応援に行かなければならないのに、岡田さんと討論している場合ではないということだろう。

「他の政党に公平でない」という武部幹事長の意見ももっともだと思う。1対1で討論するということは自民党に対抗できる政党は民主党だけだというイメージを国民に与えかねない。

社民党、共産党、その他の政党には不利になるだろうし、自民VS民主の討論が実現すれば、その他の政党も「不公平だ、わが党とも討論せよ」ということにきっとなる。
自民党からすれば「たまったもんじゃない」となるだろう。

それを見越しての発言ではないかと思う。

民主党は最大の野党ではあるが、野党の代表ではない。

ならば1対1ではなく、全党が一堂に会し、討論をするべきだろう。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2005年8月25日 (木)

自民地方組織は何なんだ

今回の衆議院選挙で一番に疑問に思うのが自民党の都道府県連の動きです。

「都道府県内の現職が全員公認され、都道府県連がそれを支援する」
というのが一般的なパターンであり、当然のことだと思いますが、今回の解散では特異なケースが出てきています。
いわゆる「ねじれ現象」というもの。

「党本部が郵政民営化賛成派の新人を公認し、都道府県連は反対派の現職を支援する」という状況。

その代表例が、岐阜県連。

そもそも都道府県連とは何のためにあるのだろうか。

まず、地元で人気がある(票の取れそうな)有能な新人を発掘し、党に推薦する。
その新人が公認されたら、その新人を支援し当選へと導く。
現職がいる選挙区では現職を支援し、再選へと導く。

「党の議席を守り、党の議席を一つでも増やすために動く」
それが都道府県連の動きではないのだろうか。

今回の「ねじれ現象」が起こっている都道府県連の姿勢は果たしてどうなのだろうか。

党本部が民営化反対派議員の公認にNOの結論を出し、賛成派の他の候補を公認している。
反対派議員については離党を促している。つまり自民党は反対するかぎり党には必要ないといっている。

その非公認であり党には必要がないと烙印を押された議員を、自民党の地方組織である都道府県連が支援するというのはどういうことなのだろうか。明らかに間違っている。

それなのに、都道府県連が支援する理由はなんなのか

「都道府県連の総意(多数決)として、郵政民営化に反対である」・・・ならばその都道府県連は潰すべきである。「郵政民営化」を謳う自民党の名を冠することがそもそも間違いです。

「今まで都道府県連に尽力してきた反対派議員への義理人情から、本部に反する」・・・義理人情で選ばれた国会議員が国会で何をしてくれるのか、また郵政民営化に反対するだろうし、ひょっとしたら当選後、他党へ鞍替えするかもしれない。そんな議員を支援して自民党を支持する国民のためになるのだろうか。

「反対派議員の方が地域の役に立つ」・・・この考えがそもそも日本をダメにしてきたのだと思います。○○さんなら地元に公共事業を持ってきてくれる、地元の陳情を訴えやすい。この考えがあるからこそ国会議員は必要のない公共事業を地元にもって来ようとする。(勿論必要なものなら構わない)無駄な組織をつくり、無駄な人件費を費やす。別に全てを否定はしないしある程度は必要であると思う。国に十分な資金があれば多少目をつぶるが、大赤字を抱える今の日本に無駄な、一部の人のみが得をする施策に落とす金はない。大きな赤字を抱える日本が破綻する危機が眼前に迫っています。


岐阜県の場合
県連は郵政民営化反対の野田候補を支援する姿勢。
その県連の中にあって賛成派の佐藤候補の支援する松田議員。

松田議員の姿勢は、政党政治の枠組みのなかでは、いたって自然です。
県連の前に党ありきです。

小泉首相が真に戦わなければならないのは、反対派の自民党議員ではなく、議員を反対勢力へと操る都道府県連であり、その都道府県連に圧力をかける特定の組織であると思います。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2005年8月17日 (水)

亀井に東ちづる(間違い)

自民党執行部。やってくれます。

亀井静香氏に誰をぶつけてくるのだろうと思っていました。
相当の人物で無いとインパクトが薄いなと思っていたのですが。

「東ちづる」とは。
(現在条件の調整中だとか)

自民党に脱帽です。


東氏といえば、昔はお嫁さんにしたい女優NO1で、さわやかな感じで男性に人気がありました。
さばさばした感じなので、恐らく女性受けもいいでしょう。
ハキハキした話し方で声も張っていて演説向きだと思う。
そして、広島出身。
確か、因島の出身で、亀井氏の選挙区の広島6区は因島も含んでいる。

これほどピッタリな人選はない。
しかも比例中国に重複立候補させれば、中国地方の自民票もかなりアップするのではないでしょうか。

亀井氏よりもはるかに党の役に立つのではないでしょうか。


亀井氏は新党を結成したので、自民党広島県連が東氏を支援しない理由はもはやなくなった。

亀井氏が新党結成するまで、敢えて隠していたのだとしたら恐れ入ります。

亀井氏より小泉首相のほうがはるかに戦上手なようです。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング


追記
東ちづる氏の出馬は、一部週刊誌などのフライングだったようで、東ちづる氏と自民党は否定したそうです。

東氏の出馬で面白くなると思ったのですが・・・

公認候補って?

先日来、自民党の兵庫1区の砂田氏が公認されなかった件について書いています。
書いていくうちに(これは自民党に限ったことではないですが)「公認て何なの」と思ってきています。

政治に熱心な方は、それぞれの候補者の考えかた、一つ一つの課題に対する指針なんかを比べて判断されているのだと思いますが、大多数の方は政党で選んでいるのではないでしょうか。

その中で、何年間か国会議員をされている方であれば、この方はどんな考え方をしていて、どういう活動をしていて、どういう結果を残したかはある程度わかります。また知事や市町村長、県会議員や市町村会議員をされて来た方なら国政でもどんな活動をしてくれるのかは予想がつくでしょう。

都道府県連は普通、現職がいれば現職を推薦するでしょうし、現職がいなければ地方政治にたづさわって来たこれらの方々を推薦するのは理解できます。

しかし、現職議員(郵政民営化に賛成)を公認すれば選挙で苦戦するかもしれないという理由で、本来政治家ではない官僚を担ぎ出すのはどうなのでしょうか。

今回、兵庫1区に担ぎ出されたのは国交省の官僚です。別に私はこの方について云々いうつもりはないですが、この方を担ぎ出した兵庫県連の皆さんに聞きたい。
この方を担ぎ出した理由はなんですか?

この方は現職より票が取れるのですか?


兵庫1区は毎回、自民VS民主で激戦を繰り広げています。
郵政民営化の風がありますので、自民VS民主のガチンコ勝負なら自民が勝つ可能性はあるでしょう。

でも今回は自民VS民主VS無所属(砂田)の戦いにならざるを得ません。
郵政民営化賛成の票は確実に2分されます。
そうなると、民主が当選する可能性がグッと高くなります。中学生でもわかる原理です。
兵庫県連もわかっているはずです。

郵政民営化反対の議員の対抗として賛成派が立つのと訳が違います。


だからこそ昔から、票が割れないように「現職優先」なるルールがあるのではないのですか。


自民党執行部には、刺客の算段をする前に兵庫1区についてももう少ししっかり考えて欲しかった。


都道府県連の推薦をもとに党本部の公認を決定するという現状は、やむを得ないのかもしれません。
しかし執行部は、各都道府県、各選挙区の状況や、内情を把握して公認を決定する必要があると思います。

そういう意味でいうと総裁と執行部の最大の仕事は公認候補の選出であるといえるかもしれません。

がんばってください。砂田先生。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2005年8月16日 (火)

地方組織は抵抗勢力?

兵庫県内の奇怪な動き(他府県の方もぜひ関心を持ってください)

神戸新聞より
引用開始--------------------------------
兵庫1区、官僚擁立へ 自民、砂田氏見送り

 自民党は十五日、衆院選の第二次公認を発表し、兵庫県内では、公募制度で選ばれた新人、元職の二人と、県連が公認申請した新人一人が候補に決まった。1区(神戸市東灘、灘、中央区)は前職の公認が再び見送られ、十六日以降に決定が持ち越された。これを受け、県連幹部や神戸市議、県議らは、西宮市出身の国土交通省情報管理部長の盛山正仁氏(51)を公認するよう党本部に要請。同氏は十六日にも、正式に立候補を表明する。

 県連は1区前職の砂田圭佑氏(71)について、借入金問題などを理由に公認申請を行わなかった。一方で、同氏に引退を迫った市議らが独自候補の擁立を模索していた。

(以下略)

引用終了-------------------------------

先のブログにも書きましたが、砂田氏は、従兄である重民氏の地盤を引き継いで、過去三度立候補し、石井一民主党副代表と激戦を繰り返し、前回の選挙では見事に勝利しました。

最大野党の民主党の副代表を倒したのであるから、自民党に対して大きく貢献しているといえます。

その現職議員を公認しない方向に今動いています。

砂田氏は党本部に反旗を翻したわけではありません、現職優先の原則からすれば、公認されて然るべきです。

「砂田氏では選挙に勝てない」との自民党兵庫県連の主張ですが、借金問題を差し引いても、砂田氏よりも国土交通省の官僚のほうが通り易いとは思えません。砂田氏が無所属でも出馬すると述べられているのでなお更のことです。

そこには、
砂田氏が出馬(当選)すると困るなにか。
あるいは
国土交通省の官僚でなければならないなにか。
あるいは
共倒れさせなければならないなにか。
があると思われてなりません。(これ以上は書きませんが)

確かに選挙には、県連のような組織は不可欠です。
しかし、中央の関与しないところで、みすみす議席を減らすような動きをしたり、党の方針に反対したものを支援したりする(兵庫のことではないです)。
地方組織って一体なんなのでしょうか。

一部の地方組織に抵抗勢力は潜んでいるようです。
真に改革が必要なのは都道府県連なのでしょうか。

無所属として出馬しても、今回は砂田氏に投票いたします。

追記
本日の3次発表にて、残念ながら国土交通省官僚の盛山正仁氏が公認となったようです。


賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2005年8月15日 (月)

なぜ砂田氏が公認されない

私の住む兵庫1区選出の議員は、砂田圭佑氏。

昔は砂田重民氏(圭佑氏の従兄)と石井一氏が自民党2議席を確保していた地。
時が経ち、重民氏は他界し、石井氏は民主党の副代表。

ここ数回は石井氏と重民氏の後を継いだ圭佑氏が熾烈な戦いを繰り広げている。
前回の選挙では、かろうじて圭佑氏が当選し、石井氏が比例で復活当選している。

そんな地である。

砂田圭佑氏は郵政民営化賛成派、外交問題等も的確な判断ができる方だと期待している。
今回の選挙は悩まなくて済みそうだと思っていたのだが、安心できる状況ではなくなった。

先日発表された自民党の1次公認者リストに砂田氏の名前が無い。
コスタリカ方式などを除いて、現職優先が原則のはず。

自民党兵庫県連が、砂田氏の個人的借金問題を理由に推薦をせず、他の候補を立てようと動いており、
自民党執行部は、「県連から申請が出ていないから」という理由で、1次公認を見送ったようです。


問題とされている借金は、大半が奥さんの実家の企業からのもので、本人曰く現時点ではほぼ解決できている。
とのこと。

何の問題があるのだろうか?
大量の資産を持つ議員よりよっぽど清廉さを感じるし、だからこそ私は圭佑氏を応援したいと思っている。

自民党兵庫県連は、砂田氏では選挙を戦えないといっているようですが、果たしてそうでしょうか?
他の候補を立てたいがため、砂田氏が邪魔になったということは無いのだろうか。(これ以上の詮索は控えます)
兵庫県連は他の候補を立てて、強敵石井一氏に勝てると思っているのだろうか。
それは石井一氏への援護射撃になるのではないですか?

私は、今回の選挙の候補者として砂田氏が適任であると考えるし、砂田氏以外には考えられません。

小泉首相と執行部には一日でも早く適切な判断をくだしていただきたいと願います。

もし最終的に、砂田氏が公認されない場合、その時は小泉政権への支持は考えなおします。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2005年8月12日 (金)

派閥の時代の終焉

派閥の長である亀井・堀内両氏、衆議院で反対した際にはまさか自分たちが選挙で公認をもらえない事態になるとは思っていなかったのだろう。
完全に小泉首相の腹を読めていなかったのだろう。参議院での否決で衆議院を解散できるものかとたかを括っていたのだろう。

郵政民営化法案を廃案にし、あわよくば小泉首相を引きずり下ろすつもりだったのかもしれないが、結果は逆になってしまった。

この調子で選挙戦が進めば、野党の躍進は無いだろうし、流れからすると自民・公明で過半数を取りそうな感じ。

自民・公明で過半数をとれば、反対派が自民に戻る機会はなくなる。仮に自民・公明で過半数割れをし、小泉首相の退陣した後に復党しても、以前と同様に活動できるかは疑問です。恐らく賛成派との溝は暫く埋まらないでしょう。
既に亀井派は分裂したも同然の状態にまで至っています。
亀井・堀内両氏は国会議員の立場を維持したとしても、自民党の実力者の立場からは既に遠ざかってしまったといっていいでしょう。

そして、橋本元首相もどうやら選挙区からは出馬せず、奥さんが出馬する気配です。

小里氏も引退するようです。

そうすると、選挙後はどこの派閥もすっかり様変わりします。


派閥を解消し、自民党をぶっ潰すと言い続ける、小泉首相の出身派閥である森派だけがどんどん膨らんでいる。


仮に今回の選挙で小泉首相が退陣することになり、郵政民営化という最大の公約が守れなかったとしても、自民党を中から改革する(ぶっ潰す)という偉業は達成しそうです。

派閥の時代は実質面でも終焉を迎えつつあるようです。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

つぶやき