フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« 2006年1月 | メイン | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月28日 (火)

幻のウィニングラン(荒川静香)

トリノオリンピックも終了しました。

日本はメダル一つでしたが、皆さんゆっくり休養して、次のオリンピックに向けてまた頑張ってください。


さてその唯一の金メダルを取った荒川選手が表彰式の直後に、ウィニングラン(スケートなのでウィニングスケートと言っている人もいるようです)を行なっていたのをご存知だろうか。それも1分や2分ではなくかなりの長時間です。

某国営放送NHKが生中継を行なっていたのですが、そのウィニングランの映像は全く放映されず、実況者も全くウィニングランには触れなかったらしい。

その間、某国営放送NHKは選手たちの演技のリプレイを流し続けていたらしい。

そして、その後も某国営放送のニュースでは、ウィニングランは一切映されていないようである。
>追記:その後のニュースでウィニングランの映像が放映されたそうです。


ではこのウィニングランにおいて何があったのだろうか。

リンク先の各ブログをみていただければわかるのですが、荒川選手は日の丸を掲げたり、羽織ったりしてウィニングランをしていたようである。

夏のオリンピックの陸上なんかでよく行なわれるあれです。

オリンピックには選手たちは国の代表として参加する。
そしてメダルを取った選手はその国の国旗を持って誇らしげにウィニングランをする。
それを見た国民も感慨にふける。

どの国でも行なわれる、当たり前の風景です。

それを某国営放送は幻にしたのです、後のニュースでも放映していないところを見るとまるで放映したくないかのようです。

ちなみに海外のメディアでは荒川選手のウィニングランの様子は放映されていたという話です。

多くの保守系ブログでは、反日勢力に気を使い、某国営放送NHKが意図的に放送しなかったと怒りを露にしています。

確かに各ブログの内容を見て回ると、意図的であると考えるのが自然であると思います。

ただし、断定はできません。
意図的であったのかも知れないし、技術的トラブルがあったのかもしれません、放映に関して制限があったのかもしれません。

ですが、意図的であったにしろ、トラブルであったにしろ、制限であったにせよ、一ついえることは、国営放送公共放送局としては失格であるということです。

ウィニングランはメダルを獲得したものにしかできない晴れの舞台です。
それを平気で幻にしてしまう放送局を国営放送公共放送局としておく必要はない。

そろそろ某国営放送NHKの解体を本気で考えるべきではないでしょうか。

※※私はオリンピックにあまり興味がなくこの様子をライブで見たわけではありませんので、ブログを徘徊してこの記事をまとめました。細部間違いがあればご容赦ください。※※


賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング


リンク-------------------------------------------

福田 逸の備忘録―独断と偏見
ウィニングランの様子
某国営放送NHKのライブ放映

※追加
他の記事に対するコメントでNHKは国営放送ではないとの指摘がありました。個人的には限りなく国営放送に近いと思っていますが、事実を歪めるのは本意ではありませんので国営放送との表現を全て改めました。

2006年2月27日 (月)

「いただきます」という言葉

最近、「いただきます」を言わない人が多いらしい。
そして自分の子供にも「いただきます」と言わせない親が増えているらしい。

先日も土曜日21時からの日テレのドラマ「喰いタン」のワンシーンで、給食参観をしていた保護者が「いただきます」と子どもに言わせることに、クレームを付けていた。

そういう人々曰く、給食代を払っているのだから、言う必要が無いということらしい。

「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」などの感謝をします言葉は、お金を払っていれば言わなくて良いというものではないはず。

例えば、交番の警察官に道を尋ねて、丁寧に教えてもらったら、「ありがとう」と言わないのだろうか。
警察官の給料は自分あるいは親が支払った税金から支払われているはずだから、お礼を言う必要はないのだろうか。

火事の現場から救出してくれた消防隊員には感謝する必要はないのだろうか。

対価を払った払っていないという基準で、挨拶言葉を発するのなら、スーパーの試食コーナーでは「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」は言っているのだろうか。

少なくとも、学校給食に関して言えば、支払った給食代以上のものは出されているでしょう。
給食代なんてものは材料代ぐらいで、人件費や光熱費や設備費など全部負担するとしたら給食代はもっと高額になるのではないでしょうか

「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」という言葉は、対価を支払っているかどうか、それぞれの立場がどうなっているのか、という次元の問題ではないと思う。

「いただきます」という言葉は本来、特定の材料生産者や流通業者や調理者や食物に限定して感謝しているのではなく、それら全てに加えて食べ物が食べられる自分の境遇に感謝し、親に感謝する意味も含んでいるのではないですか。まあ毎回そこまで深く考えている人はいないでしょうが。

「いただきます」すら言わせない親の元で育った子供が、感謝の心を持つことができるのだろうか。
そしてそういう風に育てた自分の子供に、親として尊敬や感謝の気持ちを持ってもらえるのだろうか。

勿論、尊敬されたり、感謝されたりするために子育てするわけではありませんが、親に感謝できない、親を尊敬できない子供はかわいそうではないですか。


「いただきます」を言わない(言わせない)もう一つの理由として、手を合わせる行為を宗教的と捉えている人もいるようです。


どうしても手を合わせたくないのなら、「いただきます」と声を発するだけでいいのではないでしょうか。


「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」という言葉は子供の気持ちを育てていく上で非常に重要だと思います。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2006年2月20日 (月)

トリノ報道

トリノ五輪の真っ最中ですが、報道について、ちょっと愚痴を。

私はあまりオリンピックには興味がない。

そういう私から見て、ちょっとカンベンして欲しいのはニュース番組で頭からトリノの状況を伝えること。

スポーツニュースという番組カテゴリもあるし、トリノ特番もあるし、ニュース番組の後半にはスポーツコーナーなんかもある、それなのにニュース番組の頭からトリノ五輪の話題から入らなければならないのか。

私はニュースを見たいのだが・・・・

たとえ残念な結果であってもトリノの話題の方が視聴率をとれるのだろうか?


誤解して欲しくないのだが、私はメダルが取れない選手たちを批判するつもりはない。
選手が一生懸命競技に打ち込んで、自分の満足の行く結果を出せばそれで良いし、それがメダルに繋がれば、なお良いことだと思う。
十分な結果を残せなかった人は次回に向けて頑張れば良いと思う。
勿論日本がメダルを手にしたら嬉しいし、メダルを逃したら残念だと思う。
それだけの話。


そんなトリノでこんなことがあったらしい。
大阪日刊スポーツより
引用開始--------------------------------------------
亡き父への無神経な質問に美姫泣かされた

 トリノ五輪フィギュアスケート女子代表の安藤美姫(18=愛知・中京大中京高)が号泣した。19日、村主章枝(25)荒川静香(24)と臨んだ記者会見で、亡き父に対する質問に泣き出し、会見はそのまま終了した。本番会場で行われた会見直前の公式練習では、18日に続き2日連続で4回転ジャンプに成功させるなど、調子は急上昇中。21日(日本時間22日)の本番前に予想外のハプニングに見舞われたが、自慢の“切り札”で夢のメダルを目指す。

 突然のハプニングだった。共同会見も終盤にさしかかり、最後の質問として手を挙げた日本人テレビ記者が、安藤に問い掛けた。「亡くなられたお父さんにどういう誓いを持って滑りたいか」−。

 「えぇと…」とつぶやいた言葉が涙声に変わる。声を振り絞り「プライベートなので、そういう質問にはお答えできません…」と必死で答えると、うつむいて大粒の涙をこぼした。隣のキャロル・ヘイス・コーチに頭を、荒川に背中をさすられ、泣きながら会見場を後にした。

 安藤が8歳のとき、父親はバイク事故で亡くなった。胸のネックレスに通した指輪は、形見の結婚指輪。04年全日本選手権での優勝会見でも、父親のことを聞かれて「愛するスケートに出会えたのは父のおかげ。お父さんに空から五輪の舞台を見てもらえるように頑張っているんです」と泣いた。場所とタイミングをわきまえない無神経な質問に、つらい思い出が蘇った。

(以下略)

引用終了--------------------------------------------

なんという無神経。
安藤美姫がその前に父の話をしていて、その流れで質問したのならわかるが、突然質問するとはどういうつもりなのだろうか。

これから勝負に向かう者に対してする質問なのでしょうか。

安藤美姫が「父のために頑張ります」などと応えて、メダルを取って、美談に持って行きたかったのだろうか。

このような質問を受けて発奮する選手もいるだろうが、逆に塞ぎこんだり萎縮したりする選手もいる。
安藤美姫は後者のほうだったようです。

オリンピックの代表選手は別にお茶の間に美談を提供するために頑張っているわけではない。
そしてプライベートを切り売りしている芸能人でもない。

「父親の話題には触れないでおこう」という記者達の紳士協定を知らない者からの質問だったようですが、常識で考えてNGでしょう。

日本のためにと考えている人もいるだろうが、まずは自分の力を試すためにオリンピックに来ている。
そういう選手たちにベストな状況で競技に望ませてあげるのが周りの人間のすべきことなのではないでしょうか。

マスコミは、スポーツ選手への接触の仕方、対応の仕方、報道の仕方をもっともっと考えるべきではないだろうか。

メダルを熱望する報道も、選手たちにプレッシャーをかけるだけのような気がします。

2006年2月18日 (土)

大丈夫?永田議員

国会がまたつまらぬことで停滞している。

民主党の永田議員が

堀江社長がライブドア社員に、武部氏次男に3000万円入金しろ

とメールで支持したと追求した。


その追求の仕方はメールの内容を文書に起こした用紙を読み上げただけ。それだけである。


はっきり言って、それだけで国会で追及しようとしても、話にならないし審議の邪魔になるだけ。
もし本当だとしたら、最初からしっかり証拠を用意するべきでしょう。
民主党はそんなことより他に政府に質問しなければならないことがいっぱいあるでしょう。



さてさてそのメールの内容が示されたメモ。
その内容の真偽は別として、それだけではメールの内容を読み上げただけでは何にもならない。

ではメールの内容をプリントアウトしたものならOKか。
そんなもの誰でも作れます。

まずメールが送受信されたことを証明するには、
送信者側の堀江社長のパソコンに送信済みのメールが残っている。
受信者側の社員のパソコンに受信したメールが残っている。
ということが証明されなければならない。

ではメールが本当だったとして、それで武部幹事長を追求できるでしょうか。
メールがやりとりされただけでは、ライブドア社内の問題であり、次男側には関係が無い。

このメールの支持に従い、ライブドアから次男側に入金があり、次男側が受領したことが証明されなければ、証拠としてなりたたない。

民主党は、小泉首相が「ガセだ」と発言したことに反発しているようですが、真実だと証明できなければ、ガセといわれても当然でしょう。少なくとも自民党側としては確たる証拠の提示がなければ、「ガセ」と突っぱねるのが当然の反応であると思うのですが。

仮にガセだとしたら、武部氏の次男にとってはいい迷惑です。
政治家なら嫌疑をかけられるのはある程度仕方がないことですが、武部氏の次男は民間の会社社長。
個人としても会社としても影響されるのは必至。

疑惑を証明できなければ、永田議員と民主党は、武部氏の次男にどのように詫びをいれるつもりなのだろうか。

大丈夫?永田議員。
大丈夫?民主党。

一刻も早く、国会が政策についてのまともな議論に戻ることを望みます。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2006年2月16日 (木)

韓国外相の立候補への対応

韓国の潘基文外交通商相が次期国連事務総長に立候補を表明。
14日に韓国政府も正式に潘外交通商相を推薦すると発表したらしい。

少し前から話は出ていたが、現実のものとなった。

事務総長のポストはこれまで各地域輪番の慣習だったようで、次はアジアの番なのだとか。

それでアジアの何カ国かが立候補を表明している。

ただ、地域輪番の慣習をなくしたいと思っている国々もあるようで、どこの国から事務総長がでるのかはまだまだわからない。


宗主国中国様は何と仰っているかというと、王光亜国連大使が14日に「アジアの候補は誰であれ、わが国の支持を得られる」と指摘、地域持ち回りの慣例に基づいて「次はアジアの番」との立場をあらためて記者団に強調した。
産経記事:「アジアの候補なら支持」 国連事務総長後任で中国

まあ、どこの国の人が立候補しても構わないのですが、それが中国・韓国となると日本的にはちょっと対応に苦慮する。

幸い中国は立候補する意思は無さそうなのですが、果たして日本政府は潘外交通商相を支持するのだろうか。

政府(特に安倍官房長官、麻生外相あたり)は勿論、潘外交通商相が次期国連事務総長になれば、日本にとって好ましくない状況になるとわかっているだろう。

しかし、潘外交通商相は日本記者クラブ訪韓団一行と会見し「麻生太郎外相らとも事前に調整している。長期的、未来志向的観点から対応してくれることを期待している」と日本の支持に期待する発言をしている。
産経記事:日本の支持期待


一般的に考えて「日本の安保理常任理事国入りに猛反発して今さら何を言ってるんだ」というのが当たり前の反応だろう。

「日本の安保理常任理事国入り」と「次期国連事務総長の選出」は別の問題なのですが、日本人の心情としては到底支持できそうもない。

外務省の幹部も「自分たちに都合のいいときだけ支持してほしいと言われても難しい」と言い切っている。
産経記事:国連事務総長候補に韓国外相、日本は安保理改革に支持迫る


安保理のことがなくても、日本に比べてはるかに安い国連分担金を平気で滞納するような国から、国連の顔を選出することはナンセンスでしょう。
貧しくて分担金なんて払えない国ならともかく、韓国はそれなりに発展しているのだから、事務総長に立候補する前に、滞納している分担金を払うべきでしょう。

かといって、不支持を表明しても、韓国が難癖付けて来るのは目に見えている。

日本の不支持は当然であっても、そんなことで難癖付けられるのがうっとうしいだろうし、政府も苦慮するところでしょう。



そこで、不肖私がいい案を、提案しましょう。


簡単です。



日本人が立候補すればいいのです



日本人が立候補すれば、その人を日本が支持するのは当然でしょう。

その人が選出されるのが望ましいが、たとえ選出されなくても、韓国を支持しない大義名分ができ、
韓国の票を減らせ、他の国の候補が選ばれればそれで良い。

韓国から選出されるくらいなら、アジア以外から選出される方が、よほどましです。


まあほっておいても、韓国を支持する国がそんなに多いとは思われませんが。



日本人を立候補させるといっても、間違った人権擁護派や親中派なんかが立候補して当選してしまっては見も蓋もないですから、それなりにしっかりした人選が必要でしょうが。


賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2006年2月 9日 (木)

未成年芸能人の喫煙

ある未成年芸能人が夜中に喫煙している写真がとある雑誌に載るらしい。
まだ18才なので、イケナイことはイケナイですね。

ただ、有名人はかわいそうな気がします。
写真にとられたら、一発ですからね。

一般の高校生の喫煙は結構見過ごされている気がする。
テレビで高校生の喫煙シーンがあっても、誰かわからないようにしていたり、声を変えていたりする。
注意して、タバコを取り上げるでもない。

それが有名人なら、写真雑誌に載ってしまう。
その場合、写真雑誌が掲載する目的は、売上げを伸ばすため以外の何物でもない。
そして恐らく、彼女は暫く謹慎することになるのでしょう。

普段タバコを吸っている人は20才を過ぎてからはじめたんですか?
高校生の時から吸っていて、20才を過ぎても止められなかったという人もいるのではないでしょうか。
喫煙現場の写真を撮った人は、高校生の時にタバコを吸ったことはないのだろうか。

売上げのために未成年の犯罪を、白日の下に晒す。

何か違うような気がする。


有名人の宿命なのか?
世間への見せしめなのか?


未成年の喫煙はイケナイことであり、許されないことです。
ならば有名人、一般人を問わずもっと罰を受ける仕組みにしていかなければならないのではないでしょうか。


そうして、そのことをブログに書いてしまう自分も、イケナイのではありますが。
明日には世間一般に名前は広まってしまうのでしょうが、一応名前は伏せておきます。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2006年2月 8日 (水)

秋篠宮様のご遠慮

まずは下の記事を見ていただきたい。

asahi.comより
引用開始-----------------------------
「東宮さまに遠慮していたが…」秋篠宮さま

 「東宮さまのほうに遠慮していたが、『もうそろそろいいよ』とのお許しがあったので……」

 秋篠宮さまは、親しい人にこんな話をもらしたことがあるという。

 03年12月、当時の湯浅利夫宮内庁長官が記者会見で皇室の繁栄を考えると、(秋篠宮ご夫妻に)3人目を強く希望したい」と述べた後のことだった。

 会見の翌日、体調を崩して公務を休みがちだった皇太子妃雅子さまの静養が発表された。突然の第3子発言は、天皇、皇后両陛下の意向を受けたものだったと見られている。

 その後、紀子さまは、東京都港区の愛育病院を訪れ、検査を受けたり体調管理を相談したりしていた。「なるべく自然に」とのご夫妻の意向で、特別な医学的な手だてはとられなかったという。
引用終了-----------------------------

私は、これを読んで涙が出そうになりました。
紀子様のためには、あまり騒ぎ立てないほうがいいのでしょうが、書きたい衝動が抑えられなくなったので書きます。


秋篠宮様と紀子様の東宮様と雅子様へのご遠慮はやはりあったのですね。

東宮様の『もうそろそろいいよ』の言葉には、秋篠宮様へ皇統を託すという気持ちと、雅子様を世の中傷から開放してやりたいという気持ちが込められていると思います。

東宮様のお言葉を受け秋篠宮様と紀子様は自分たちが皇統を繋がなければないと感じたのでしょう。

そして、今回の御懐妊。

天皇陛下、皇后陛下、東宮様、雅子様、秋篠宮様、紀子様
皇室の方々の苦悩と配慮、太古からの皇統を継いでいかなければいけないという使命感と強い意思。

有識者会議や首相が1年足らずで、簡単に結論を出してしまって良い問題ではありません。

特に小泉首相が推進している女系天皇容認論は、長年東宮家に遠慮し、今大きな使命を果たそうとされている秋篠宮家に対して、あまりにも無礼ではないでしょうか。

女系天皇容認論は果たして皇室の意向に沿っているのでしょうか。
父の姿を見て天皇のご苦労を知り、妻の姿を見て皇太子を生まなければならない重圧を知り、母の姿を見て皇太子の母のご苦労を知っている東宮様は娘がそのようなお立場になることを望んでいるのでしょうか。


皇室に関する事柄は、やはり皇室の方々のご意見を聞き、そのご意見を尊重して進めるべきものであると思います。

せめて紀子様がお子様をお産みになられるまで、静かに見守る事が、皇室の願いであり、我々国民の務めではないでしょうか。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2006年2月 7日 (火)

紀子さま御懐妊

秋篠宮妃紀子さまが御懐妊されたとの吉報です。


Sankei Webより
引用開始-----------------------------
紀子さまご懐妊、秋ごろ出産予定 第3子

 秋篠宮妃紀子さま(39)が懐妊されたことが7日、分かった。宮内庁関係者によると、経過は順調とみられ、今年9月か10月にご出産予定。秋篠宮さま(40)と紀子さまにとっては1991年10月に誕生した長女、眞子(まこ)さま(14)、94年12月誕生の二女、佳子(かこ)さま(11)に続くお子さまとなる。

 天皇、皇后両陛下にとっては、皇太子ご夫妻の長女、愛子さま(4)に続く4人目の孫となられる。男子が誕生されると、皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに続く第3位。今国会にも法案が提出される予定の皇室典範改正の論議にも影響しそうだ
引用終了-----------------------------



まずはおめでとうございます。
そして無事出産されることをお祈り申し上げます。


お生まれになるお子様が男の子であれ、女の子であれ、お誕生になるまで、静かに見守りましょう。


さて、皇室典範改正問題ですが、白紙に帰すのが妥当でしょうね。
皇室の存続のための改正ですから、この吉報を受けてなお改正しようとする輩がいたとするなら、そこには存続以外の意図があると見るべきでしょう。

小泉首相も抜いた刀を鞘に収めることができるのではないでしょうか。


女系天皇容認論、これはもはや気にすることはないでしょう。

お子さんがお生まれになるのは、9月の予定です。
仮に女の子であって、再び皇室典範改正議論が持ち上がっても、そのときの首相は小泉さんではなく、安倍さんか麻生さんか谷垣さんです。

安倍さんや麻生さんが女系天皇なんて推進するはずはないし、谷垣さんにしても小泉さん以上に、強力に女系天皇を進めるとは到底思えない。

あるとすれば、福田さんが首相になった場合でしょうね。

というわけで、御懐妊の吉報が流れた時点で、女系天皇容認論は収束です。

仮に男のお子様がお生まれになられれば、女性天皇すら必要なくなる。


両殿下は、今年一月の歌会始で、ともにコウノトリを題材にした歌を詠まれていたそうです。
そして、今回のご懐妊。

女系天皇に対する皇室の回答なのではないでしょうか。


あまり騒ぎ立てず、静かに見守りましょう。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2006年2月 6日 (月)

「フォトしまね」で飾ろうキャンペーン参加

フィオリーナの以心伝心さまが、
「フォトしまね」で飾ろうキャンペーン
を呼びかけておられます。

私がブログを書き始めるきっかけの一つとなったのが竹島問題。

韓国反日感情の異常さを多くの日本人に知らしめる契機となった「竹島の日」がもうすぐです。

「竹島の日」を制定した島根県に敬意を払い、
そして一刻も早く問題が解決することを祈って、
一緒に「竹島の日」を盛り上げるべく、私も参加いたします。

「竹島って何」「竹島の日って何」という方はこちらへどうぞ「フォトしまね2006年 161号」

※「フォトしまね」表紙の竹島の写真は著作権が別の方にある。ということがわかりましたので、削除しました。
著作権上問題のない竹島の写真を公開しておられる方がおられましたら、ぜひご連絡ください。



賛同いただけける方はフィオリーナの以心伝心さまのブログへどうぞ

小泉首相の皇室軽視

YOMIURI ONLINEより(ちょっと古いですが)
引用開始-------------------------------------
皇室典範改正「皇室の意向聞いたはず」…小泉首相

 小泉首相は3日、首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長=吉川弘之・元東大学長)が昨年11月にまとめた女性・女系天皇を容認する報告書について、皇室の意向を踏まえたものだとの認識を示した。

 記者団が「皇室典範改正で皇室の意向は聞いているのか」と質問したのに対し、首相は「有識者会議で聞いておられると思う。直接ではなくても。賛成、反対を踏まえての結論だ」と述べた。
引用終了-------------------------------------

皇室典範改正について興味を持たれて、ネットで色々御覧になられている方はご存知だと思いますが、有識者会議は皇室の意向など全く聞いていないでしょう。

以前に吉川座長は「(皇族方の)意見を聴く考えは全くない」「意見を聴くことは憲法に反する」などと発言している。

仮に非公式にご意見を伺ったのなら、座長自身の発言と矛盾する。

直接ではなく間接的にお聞きしたというのなら、それは誰を通じてお聞きしたのかはっきりしなければならない。
その中間の人物のフィルタにより皇室のご意向が歪められていたりすれば大問題です。
仮に宮内庁を通してならば、宮内庁自体が信頼できるのか?ということになる。

皇室のご意見を伺うのならば、正式に有識者会議や首相などが、直接お聞きし、その内容は一言一句違わず、公開するべきであろうと思います。

皇室のご意見を伺ったかどうかもあやふやな状況において「有識者会議で聞いておられると思う。・・・」という発言はあまりにも無責任です。

皇室のご意向がはっきりしていない以上、現時点では皇族の中で唯一はっきりと発言されておられる三笠宮寛仁殿下の発言がもっとも皇室のご意向に近いと類推するのが妥当だと思います。

首相のこの発言は、もっと騒ぎになってもおかしくないと思うのですが。


良いように解釈すれば・・・

1 首相は有識者会議の報告が十分に皇室の意向を汲んだものと判断していた。
2 ところが皇室の意向を十分に汲んだものではなかった。
3 皇室の意向を汲んでいないのであれば、そのまま法案にすることはできない。
4 再度、法案を検討する必要がある。
5 本国会での提出を見合わせる
6 小泉首相退陣にともない、有識者会議の報告は無効となる。

というシナリオを作っていて、反対派に屈したのではなく、首相自らさらなる議論が必要と判断したという具合に持ち込むのかもしれません。

安倍官房長がそのあたりうまくリードして、次の首相が男系維持の法案に持っていくのがベストではないでしょうか。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

つぶやき