フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« 2006年11月 | メイン | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月28日 (木)

安倍政権転換の時

造反組の復党問題以来、旗色の悪い安倍政権。

私は造反組の復党については、あれで良かったと思っていますが、世間は納得しなかったようです。
さらに、そのあとの、政府税調会長の件、行革担当相の件で追い詰められている雰囲気です。

本間前政府税調会長にしても、佐田前行政改革担当相にしても、不適切なことを行なったのだから、辞任は仕方ないと思います。それによって内閣支持率が下がるのも止むを得ないと思います。

しかし「首相の任命責任が問われる」などのマスコミの論調はどうかな、と思います。

小泉政権では任命する際に、その人の身辺を調査し、後々問題になるかもしれない人を起用しなかったようです。しかしそれは他人の意見を聞かず、何が何でも自分の意思を貫く小泉前首相だからこそできたこと。

調整しながら進めて行くタイプの安倍首相に、同じような情や配慮を挟まない独断を求めることはできないし、
自民党内部も国民もそのような独断を望んでいないのではないか。

まあ、これをきっかけに、政府の仕事に関わる者は、徹底的に身辺調査されるという事になるのなら、それはそれで構わないが。

兎も角、現時点で安倍首相の任命責任を問うのは、行き過ぎだと思います。
野党は、年明けの国会では「任命責任」という言葉を繰り返すのでしょうが。

ところで、安倍政権は説明が足りず、分かりにくいとよく言われている。

何故なのか・・・はっきり言って政府のやっていることを国民に説明する人がいないからだろう。
小泉前首相のように、「ワンフレーズで明確に」とまでは言わないが、ある程度の説明は必要だと思う。

と考えた時に「そういえば最近、世耕氏や他の首相補佐官の顔を見ないな」と気づいた。

数日前に小池補佐官がバラエティに出ているのは見たが、久しぶりという感じがした。

何故、世耕氏は、公に出てこないのか。


と思っていたら、今朝の「朝ズバ!」に出てました。
世耕氏は、安倍政権誕生以降、番組出演を控えていたが、これからはどんどん露出するようなことを言っていた。

世耕氏は、やはり、小泉政権時のように、マスコミに露出して首相の政策を説明すべきだと思います。

安倍政権は発足からこれまで、小泉政権の後片付けをこなして来た。
骨抜きなどと、批判するむきもあるが、短期間にこれだけスムーズに法案を通してきただけでも、十分評価に値するかと思う。

さて、年明けからは、安倍カラーを打ち出し、戦う政治家として、ご自身の抱負である「有言実行」をお願いしたいものです。

ところで、行革担当相は渡辺喜美氏になったようですが、前の佐田氏よりはるかに適任であるかと思います。

怪我の功名というか、佐田氏は論功行賞で大臣になったようなものなので、良い人物に落ち着いたということかもしれない。

この調子で、論功行賞のみで大臣になった人がどんどん辞任していくのも、案外良いことかもしれない。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2006年12月25日 (月)

6者協議はこれでいい

北朝鮮の核問題を解決するための6者協議が、目に見える結果を出さないまま終了しました。
年内は再開せず、来年となるようです。

このニュースについて、成果無しとか、無駄な時間だったとかいう見方がほとんどです。


しかし、私は、これでよかったのだと思います。

「お前は、北朝鮮問題の解決を望んでいないのか」と思われるかもしれません。
でも、6者協議によって、事態が変わったとして、それは日本にとって良い方向なのでしょうか。

仮に、北朝鮮が核兵器を廃棄することに同意したとします。
すると他の国々は、その同意を持って北朝鮮への支援策を出すでしょう。
あるいは核兵器の廃棄を確認した上で、支援を実行するでしょう。

そうして無事、朝鮮半島から核兵器がなくなる。

そして、後に拉致問題が残ります。

北朝鮮が核兵器を放棄すれば、日本を除く国は、もはや北朝鮮を制裁しなくなるでしょう。
一時期、米国も拉致問題に興味を示していましたが、中間選挙で敗北したブッシュ政権はもはや拉致問題に関心をなくしてしまっています。

ですから、核兵器の放棄によって始まる北朝鮮支援は、拉致問題解決の邪魔でしかないのです。


では、逆に6者協議は行なわないほうがいいのでしょうか。

これも、違うと思います。

6者協議が無くなれば、中韓露は北朝鮮支援を行なうかもしれないし、
北朝鮮の飢餓が深刻さを増すなか「人道的立場に立って同胞を救済する」などと唱えて韓国が愚行に走る恐れもあります。

そういう中韓露の動きを封じておくためにも、6者協議は必要なのです。

それと、6者協議には北朝鮮の暴走を抑制する役割もあります。
6者協議が決裂してしまえば、現状を打破する道が無くなった北朝鮮がさらに暴走する恐れがあります。


私は6者協議は「現状維持」で十分であると思います。


では、拉致問題の解決はどうすればいいか。

ずばり北朝鮮の現政権が崩壊するしかないでしょう。


今、金政権は深刻な飢饉のため崩壊に向かっています。

しかし何かのきっかけによって暴発するかもしれない。

そのきっかけを与えないようにするためには、現状に大きな変化を与えず、じわじわと制裁を続けるのです。

鳩を捕まえるのと同じ要領で、じわじわ追い詰める。

そして金政権の内部崩壊を待つ。


日本が望む最善のシナリオは北朝鮮の現政権が崩壊すること。
だから、6者協議はこれでいいのです。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2006年12月20日 (水)

大宏池会(右)

麻生氏がついに派閥の領袖となった。
河野派が解散して、麻生派(為公会)が設立された。

河野洋平氏が親中派の代表格だったので、ハトからタカへ180度変換したようなイメージを受けるが、
もともと派内の多数がタカだったし、河野洋平というハトのお面を脱いで、分かりやすくなった。

今のところ15名ということで、少し寂しいが、今後徐々に増えていくでしょう。

さて、次の首相の道へ第一歩を踏み出したわけですが、麻生派が設立したことによって、宏池会系の派閥が大きく動きだすでしょう。

自民党には宏池会という流れがある。

麻生氏の祖父である吉田茂氏の吉田派が池田派と佐藤派に分裂し、池田派が宏池会、佐藤派が後の田中派(現在の津島派)となる。

その宏池会は宮沢氏までは一つであったが、加藤紘一氏が領袖になる頃には河野派が分裂、その後加藤派から堀内派(現古賀派)が分裂し、今に到っている。加藤派は現在は谷垣派。

この河野派、古賀派(丹羽・古賀派)、谷垣派がもう一度まとまろうというのが、大宏池会構想であった。

ところが、先の総裁選で麻生・谷垣両氏が出馬したため、大宏池会は実現しなかった。

しかし大宏池会構想はつづいている。
問題はどのような形で大宏池会が復活するかである。

古賀派の領袖の古賀氏、谷垣派の領袖の谷垣氏、ともにハト派である。
もともと宏池会自体がハト派の色合いが強い。

もし古賀氏や谷垣氏が中心となり大宏池会が結集すると、巨大なハト派親中派の派閥が出来上がってしまう。
それだけは避けたい。

そういう状況での麻生派設立です。
麻生氏が自派をどのように拡大していくかが、この先のこの国に大きく影響をあたえることとなる。

麻生氏には、古賀氏や谷垣氏を含めた大宏池会を作って欲しくない。
麻生氏には、左寄りの連中を排除した大宏池会(右)を作って欲しい。

幸いにして、古賀派は一枚岩ではない。
安倍政権へ入閣するまでは共同代表であった丹羽氏もいるし、先日造反組から復党した元領袖の堀内氏もいる。

麻生氏には丹羽氏や堀内氏と協力して、古賀氏とその取り巻きを除く古賀派、を取り込んだ大宏池会(右)を作ってほしい。
(大宏池会(右)ができれば、古賀氏と谷垣氏を中心とした大宏池会(左)もできるかもしれません。)

そして、町村派、大宏池会(右)、伊吹派が協力し、安倍晋三>麻生太郎>中川昭一とバトンを繋ぐことが日本にとって一番良い流れだと思います。

麻生氏の活躍を期待します。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2006年12月18日 (月)

痴漢に注意

引用開始--------------------------
NHK職員が痴漢、男性の尻触り逮捕

 NHK職員が、またも不祥事を起こした。NHK放送総局ライツ・アーカイブスセンター・アーカイブス部の芳之内祥智容疑者(30)が、電車内で男性に痴漢したとして、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で警視庁に逮捕されていたことが、17日分かった。調べでは16日午後7時36分から約3分間、JR総武線の御茶ノ水駅〜浅草橋駅間で男子大学生の尻を触った疑い。

 電車の席は埋まっていたが、乗客同士が触れるほどは込んでいなかったという。芳之内容疑者は、男子大学生の背後から尻をなで続けたという。被害者に手をつかまえられ浅草橋駅ホームに降ろされ、すぐに駅員に突き出された。抵抗することはなく、駆け付けた蔵前署員にも「すいません」とただちに容疑を認めた。その後の事情聴取に対しては「不眠症で薬を飲んでいて、頭がボーッとしていた」と話しているという。

 NHK広報局は「視聴者に深くおわびいたします。まだ本人と話をしていないので、事実関係を調べた上で、厳正に対処する」とコメント。芳之内容疑者は02年入局で、アーカイブス部では映像資料の管理に当たっていたという。広報部は「現在まで記者やディレクターのような番組制作や現場の経験はない。事務職だった」と説明した。

 同局では今月11日に子ども番組のディレクターだった猪瀬公昭容疑者が大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕されたばかり。4月には元チーフプロデューサーが2000万円近い架空の出張旅費を着服していたとして懲戒免職になっている。総務省は来年の通常国会に、不正な受信料不払い者に200%の割増金制度を設ける放送法改正案を提出する方針だが、その前にNHK職員の綱紀粛正を指導する必要がありそうだ。
引用開始--------------------------

別にこの記事に「NHKはけしからん」とかいって追随しようというわけではありません。
たまたま逮捕されたのがNHKの職員だっただけだったのですが、この記事を取り上げたのは別のところが気になったから。

「男性の尻触り逮捕」である。

男が男の尻をなで回して逮捕されたのです。



痴漢といえば、異性にわいせつな行為を働くことかと思っていたら、そうではないらしい。
性別に関係なく、他人に触れたら、それは痴漢となる可能性があるということだ。


この件では、逮捕された男性が、容疑を認めているようなので、痴漢事件として片付くのでしょうが、
逮捕された男性が容疑を認めなかったなら、どうなるのだろうか。

逮捕された男性が男に興味を持っていたかどうかも、罪の基準になるのだろうか。

たまにテレビで痴漢の冤罪についての特集などを見ることがあるが、男性のお尻を触ったとして冤罪になる可能性もあるということだ。

ある意味、非常に恐ろしい。


満員電車で男同士が密着して不快な気持ちをしている上に、もし痴漢と疑われてしまったら・・・
しかも「男が好き」と世間に疑われるのである。

最悪だ。

しかし、日本のラッシュアワーでは、気持ち悪い男性同士の密着も避けれない。
そう考えると、電車に乗るのが恐ろしくなってくる。

まあ今回は特殊なケースであると思うのですが・・・・

よろしければ↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2006年12月16日 (土)

神戸市の改革を望む

NikkanSportsより
引用開始--------------------------------

神戸市、係長試験は関係なく一律自動昇格

 神戸市が、係長に昇格する試験に合格していない行政職員を、一定の年齢に達したら一律に“自動昇格”させ、係長級の給与を払う制度を、少なくとも30年以上続けていたことが15日分かった。

 今年4月現在、行政職の26%にあたる約1700人が自動昇格しているという。

 地方公務員の給料は、職責に基づく「級」と、経験年数などに応じた「号給」を組み合わせて決まる。神戸市によると、係長試験に合格できなかったり受験しなかった4級職員のうち、42歳と43歳の時点で、それぞれ半数を、「主任」のまま係長級の職責に当たる5級に自動昇格させていた。

 神戸市では、係長に昇格するには試験に合格することが必要で、3級や4級などへの昇格に比べ昇給幅が大きいが、自動昇格の職員にも同じ昇給を適用。合格不合格にかかわらず、月給ベースで1万数千円程度かさ上げしていた。

 神戸市は「同じ5級に係長と主任という職責の違う職員が混じっている制度は複雑で、誤解を招きやすい」として、来年4月にこの制度を見直す方針。
引用終了--------------------------------

神戸市はかっては自治体の見本のような都市だった。
「株式会社神戸市」とまで言われていたほどである。

しかし今では倒産に最も近い自治体と評価されるほど、財政は悪化している。
夕張市のニュースを見て、心配になっている神戸市民も多いと思う。

神戸市も努力はしているのだと思います。

しかし、もっと努力が必要なのではないでしょうか。


例えば、不正市議のかかわりが疑惑となった阪神御影駅前のコンペでは、116 億円で購入を希望する企業もあったにもかかわらず,応募6グループで最低の約84億円で売却したり。
新神戸の市バス車庫跡地では31億6千万円の入札があったにも関わらず,20 億円での売却を決定した。
(もちろん価格がすべてではないし、不正市議の圧力があったからなのかもしれません)

そして、今回のこのニュースである。
このような無駄使いが明るみにでると、いくら市が財政再建に努力しているといっても、素直に受け取れなくなってしまう。

景気が低迷していた中、民間企業は「賃金カット」「リストラ」「組織変更」などさまざまな努力で、生き残りを目指して来た。

神戸市は、民間企業並に、必死に再建を目指すべきではないでしょう。

神戸市の赤字は、震災によるところが大きいという意見もあります。
しかし、震災から10年以上経っている今、いつまでも「震災が原因」と言っている場合ではない。

夕張市のようになってしまってからでは遅いです。
破綻することは、市や市の職員ののぞみではないし、もちろん市民ののぞみでもありません。


神戸市の財政再建は市民の願いであると同時に、市職員の雇用を維持するためでもあります。
神戸市の職員の皆様方は「公務員だから大丈夫」と思わず、財政再建のために努力して欲しい。

神戸市が再び「株式会社神戸市」と言われるほどに再建してくれることを期待します。


神戸新聞より
引用開始-------------------------------
職員給与に成果主義 神戸市 係長手当は廃止へ

 神戸市は二〇〇七年度から、全職員の給与に成果主義を導入、係長級の管理職手当を廃止するなど抜本的な給与制度の見直しを決め、十四日までに市労働組合連合会に提案した。全国に広がる公務員改革を受けた見直しで、年功的な要素を減らし、勤務実績や職員の能力などを反映させる。ボーナスにも同様の仕組みを拡大する方針で、ほぼ横並びだった職員給与に初めて格差が生じる。(三木良太)

 見直し案では、これまでの定期昇給と特別昇給を統合し、能力などを給与上評価する制度に一本化。それに合わせて給与の算定基準となる給料表も改訂し、現行の一区分を五段階に細分化して査定を反映させる。これまでは原則一年で一段階昇給していたが、新制度では最低の「良好でない」と評価されれば昇給は見送られる。

 ばらつきのあった昇給時期も年一回に固定し、初年度の〇七年度査定は〇八年七月の昇給に反映される。

 さらに給料表で、「係長」と一般職員の「主任」の一部が、同じ区分で扱われていた点も是正。一般職員の昇格時に選考制度を設け、公平性を担保する。

 管理職については、条例で時間外手当を支給しない規定があるが、係長級で月五万四千円の管理職手当以外に、一定時間を超える残業に手当が加算されていたため、国やほかの自治体と同様に時間外手当のみを支給するよう変更。課長級については時間外手当を廃止し管理職手当のみとする。

 管理職手当をめぐっては、現行制度が条例で禁じる手当の併給に当たるとして、市民グループが昨年四月、監査請求を行ったが、棄却されている。
引用終了-------------------------------

利益を追求する民間企業ではなく、自治体で成果主義が正しく機能するのか、甚だ疑問ですが・・・方針としては結構なことです。

形だけでないことを祈りたい。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2006年12月14日 (木)

Winny判決について

Winny裁判の地裁判決がでた。


著作権法違反幇助の罪で罰金150万円だとか。

Winnyはファイルを交換するツールです。
Winnyを使ってどんなファイルを交換するかはそもそも利用者の問題。

ソフト開発者はそこまで考慮する必要があるのだろうか。

自分が作成したソフトを使って犯罪が発生すれば、自分も罪に問われるとなれば、好き好んでソフトを開発し、公開する者がいなくなるのではないか。

こんな判決が続けば、フリーウェアやシェアウエアが減り、商業ソフトだけが生き残る。

それが、社会のために良いことなのだろうか。



幇助の罪というのはいかにもあいまいです。

同じ理屈で言えば、未成年者の喫煙が問題になっている中で、たばこの自動販売機はどうなのか。
設置者、ベンダーは罪に問われないのか。

法定速度以上が出せる自動車を開発することは罪ではないのか。

自分が運営する画像掲示板で無修正ポルノ画像が掲載されていれば、罪になるのか。

無修正ポルノ画像が貼られた状態で、何時間以内に気づいて削除すれば、罪を免れるのか。

それとも、無修正ポルノ画像を貼れてしまう画像掲示板を設置すること自体罪なのだろうか。

そうならば、世の中から、画像掲示板はなくなる。

最近のCD、DVD、VHSなどではコピープロテクトがかかっており、簡単にはコピーできなくなっている。

デジタルコンテンツも、それ自体にプロテクトをかけるべきではないのでしょうか。


世の中には、どことはいわないが、著作権や、知的所有権の意識に乏しい国もある。
そういう国には違法コピーがまかりとおっている。

そういう国の違法コピーはほっておいて、国内の著作権法だけ云々と言っている場合ではないと思う。

そもそも、しっかりプロテクトをかけておけば、違法にコピーされ流通されることはないのではないか。

インターネットは世界中に繋がっている。
仮にお隣の国で同じようなソフトが流行すれば、どう対応するのか。
泣き寝入りではないのか。



Winnyによる著作権法違反幇助が云々という前に、プロテクトの方法を考えるべきだと思います。


FujiSankei Busuness i.の記事によると、
引用開始-----------------------
ウィニー開発者に罰金150万円 京都地裁

(前略)

 氷室裁判長はウィニーが「著作権法違反を容易にならしめた」と認定。「自己の行為の弊害を顧みなかった被告の行為は、独善的かつ無責任な態度といえ非難を免れない」と指摘した。

 一方で、開発の意図に関しては「新たなビジネスモデルを構築する必要性、可能性があることを技術者の立場として視野に入れていた」とし、「著作権侵害がまん延すること自体を積極的に企図したとまでは認められない」とした。

 氷室裁判長は「技術の提供が犯罪行為となりかねないような、無限定なほう助の成立拡大も妥当でない」と、技術開発に対する配慮も見せ、ほう助犯になるかどうかは「その技術の社会での利用状況や、提供する際の主観的態様による」とも述べた。

(後略)
引用終了-----------------------

1段落目と2段落目を繋げると

「著作権侵害がまん延すること自体を積極的に企図したとまでは認められないが、著作権法違反を容易にならしめた」

となるが、

企図していないが、結果的にそうなったので、結果責任があるということなのか。


Winnyがひっそりと生息するソフトならよかったのだが、その便利さゆえ、表世界で広まってしまい、違法コピーが明るみになった。
だから、Winnyに悪のレッテルを貼りたいが、ソフトには問題がないので、開発者を犯罪者にするしかない。

ということなのではないのか。


そもそも、著作権が非常に曖昧なものであると思います。

著作権を見直して、新たなビジネスモデルを確立することが、急務なのかもしれません。

何か納得がいかない、スッキリしない判決です。

賛同いただけたら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2006年12月12日 (火)

堀内氏復党と麻生派

造反組の復党に関して、世間は安倍首相に厳しく、支持率は急降下している。
しかし何故、安倍首相はそこまでして、復党を進めたのか。

来年の参院選対策という見方は正しかったのかもしれないが、ここまでの世間の批判の中で強行に進めたのには別の理由があるのでしょう。

私は安倍首相が平沼氏など自分の政策に同調してくれる実力者を迎え入れたいのだと思っていたが、平沼氏抜きの復党を認めたところを見ると、それだけでもないように思える。

では何故、安倍首相は11人を復党させたのか?
実は奥が深いのかもしれない。


視点を変えてみる。
復党した11人の中で、安倍政権の役に立ちそうなのは誰か?


堀内光雄氏でしょう。


あまり目立たないが、郵政解散の少し前までは派閥の領袖であり、反対するために派閥を離脱した人物である。

堀内派はその後、丹羽・古賀派へと変わり、先の総裁選では安倍さんを支持した。

安倍政権の誕生に際し、丹羽・古賀派の中から功績のあった丹羽氏などが入閣した。

その結果、丹羽・古賀派の中でも安倍首相と政策的にも乖離している古賀氏が派閥の領袖の座をかすめとってしまう。

そして古賀派という安倍首相にとっては、油断ならない派閥ができてしまったのが、今の状況です。


そこにきて、堀内氏の復党である。
しかも堀内氏は古賀派に戻るつもりである。

安倍首相に恩ができた堀内氏は親安倍となる。
反安倍路線に進みかねない古賀派において強力なストッパーとなることが期待される。

場合によれば、古賀氏に代わり派閥の領袖に返り咲く可能性がある。
そうなれば、新生堀内派は、親安倍派閥となる。

そこまで考えて、安倍首相は復党させたのではないだろうか。
世耕補佐官ならそれぐらい考えそうだ。


もう一つ、安倍政権にとってプラスとなりそうなニュースがある。

麻生派の旗揚げです。
これまでの河野グループが麻生派になる。

河野グループの領袖は元々、河野洋平氏だったが、衆議院議長就任にあたって党を離脱したため、会長の座は不在だった。グループを解散し、新たに麻生派を立ち上げる形を取る。

国会議員数で言えば十数人の小派閥だが、トップが売国的言動が多い河野氏から、麻生氏へ代るのは大きな変化である。今後安倍首相と意思疎通の出来る派閥になることでしょう。


内閣の支持率は急落している。
しかしその裏で、安倍政権は党内基盤を着実なものとしている。

自民党の派閥の中で、安倍首相に反旗を翻す可能性がある派閥は、もはや、谷垣派、津島派、山崎派(、二階グループ)ぐらいとなった。

党内基盤が強固となれば、政策に腕を振るうことができる。


安倍首相は、来年の参議院選挙までに、リーダーシップを発揮し、目に見える実績をあげ、支持率を回復しなければならない。

逆に、参院選を乗り越えれば、長期安定政権になるのではないでしょうか。


「なるほど」と思われたなら↓をポチっと押してください。
人気blogランキング

2006年12月 9日 (土)

アンケートレビュー(15)

---------
エントリタイトル:消極的外交のツケ
アンケート期間:2006/10/04〜2006/11/04

国連次期事務総長に韓国の潘基文外交通商相が就任することが確実となったのを受けて、
国連に日本はどう対応していくべきか聞いてみました。

現状のままで良いというかたと、新しい国際組織を作った方が良いという意見に分かれました。

私は、常任理事国を目指すこともなく、現状を維持するというのでは満足できませんが。
---------
M8nur9vj

アンケートレビュー(14)

---------
エントリタイトル:女性天皇と女系天皇
アンケート期間:2006/10/03〜2006/11/03

女性天皇と女系天皇の違いを述べ、皇室典範改正についてアンケートしてみたのですが、

結果は女系容認と男系維持でほぼ均衡。

女系容認論も根強いですね。
---------
5me2xszh

アンケートレビュー(13)

---------
エントリタイトル:タカ派
アンケート期間:2006/10/02〜2006/11/02

安倍首相がタカ派の代表格と言われているので、「タカ派」と聞いて最初に思い浮かべる人物を聞いてみました。

結果は石原慎太郎都知事がトップ。
しかし今同じ質問をすれば、中川昭一政調会長の票がもっと伸びるのではないでしょうか。
---------
Jk5mhmer

つぶやき