フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

選挙2009 Feed

2009年8月31日 (月)

自民再生の好機とすべし

自民党惨敗、民主党圧勝、公明党小選挙区全滅で総選挙が終わりました。

私の投票行動は

小選挙区:盛山正仁氏(自由民主党)
比例区:自由民主党
国民審査:那須氏、涌井氏、田原氏、近藤氏、竹崎氏の5名に×

国民審査については前4名は国籍法改正の切っ掛けを作ったため、竹崎氏は裁判員制度の推進者だったので。

小選挙区については、盛山氏は前回の衆議院選にて砂田氏の公認を奪った方なので、内心面白くないですが、民主党候補に投票するわけにいかないので。(民主党候補は国籍法の裁判で原告を支援したNPOの代表)

選挙の結果は小選挙区では民主党候補が当選の残念な結果。

今回の選挙もやはりテレビの報道姿勢には疑問を抱かざるを得ませんでした。

投票時間が午後8時までなのに、午後8時を廻った瞬間に、民主320議席の圧勝を報道する可笑しさ。

開票率0%で、出口調査の結果だけで、ほとんどの小選挙区で当確を出してしまうというのは、どう考えてもやりすぎです。

おまけに、選挙前に総務省から当確を早く打ち過ぎて、誤報することがないようにと警告され、報道の自由が云々と反発しておきながら、またもや誤報を連発してしまう始末。

午後8時の段階では各局、民主320議席越えなどと報道しておきながら、結果は308議席。
さらに、こんな誤報も

MSN産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090830/elc0908302335188-n1.htm
引用開始-----------------
TBS、テレ朝、日テレ、当確速報ミス
2009.8.31 00:20

 30日、衆院選の開票を伝える民放各局で速報を取り消すミスが相次いだ。

 TBSの報道番組「乱!総選挙2009」では群馬4区の自民党前職で元首相の福田康夫氏について「選挙区で敗北」と字幕で伝え、愛媛2区の社民党新人、岡平知子氏には当選確実を報じたが、いずれも取り消し、謝罪した。同番組では、系列局の東北放送が投票締め切り3分前に、誤って「当選確実」の字幕を流すミスもあった。

 テレビ朝日と日本テレビの系列局でも、青森3区で当選した自民党前職、大島理森氏を「落選」と字幕で速報。その後、取り消した。
引用終了-----------------

昔から当確合戦で視聴率を稼いでいましたが、8時過ぎに一斉に当確を出すというのはもはや、その域を超えています。

国民はその手の選挙番組にはもう愛想を尽かしているのではないでしょうか。

昨晩の選挙番組の視聴率が出たそうです。

MSN産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/media/090831/med0908311155000-n1.htm
引用開始-----------------
【09衆院選】特番は日テレ系が高視聴率 「24時間テレビ」の人気引きずる
2009.8.31 11:54

 30日に放送した日本テレビ系「24時間テレビ32愛は地球を救う」(午後8時5分~55分間)の平均視聴率が関東地区で31・1%、関西地区で28・7%を記録したことが31日、ビデオリサーチの調べでわかった。マラソンランナーのイモト・アヤコは番組内にゴールできなかったものの、番組をバトンタッチされた「ZERO×選挙2009第1部」(30日午後9時~90分間)の平均視聴率は関東地区で26・4%、関西地区で28・5%をマークした。

 そのほかの選挙特番では、NHK総合「衆院選2009開票速報」は、関東地区では同日午後7時55分~65分間が平均視聴率24・7%、関西地区では同日午後10時~50分間が同19・0%で最高だった。

 またテレビ朝日系「選挙ステーション2009第2部」(同日午後10時~90分間)の平均視聴率は関東地区で12・0%、関西地区で13・5%、TBS系「乱!総選挙2009・第2部」(同日午後9時30分~120分間)の平均視聴率は関東地区で9・5%、関西地区で8・5%、フジテレビ系「FNNスーパー選挙2009 審判の日」(同日午後9時30分~120分間)の平均視聴率は関東地区で8・5%、関西地区で6・9%、テレビ東京系「ニッポン戦略会議~あすへの提言~・第1部」(同日午後7時57分~231分間)の平均視聴率は関東地区で2・4%、関西地区で1・6%だった。
引用終了-----------------

結局地味なNHKと24時間テレビと重なって出遅れると思われていた日テレが高視聴率というのは、国民が選挙報道の馬鹿騒ぎに飽きたということではないのでしょうか。

今回の選挙は正直言って残念な結果に終わりました。
自民党が大敗したのが残念というよりも、民主党が圧勝して残念に思っている人は結構多いのではないでしょうか。

この惨敗により麻生首相が自民党総裁の座を辞することになり残念ですし、中川昭一氏が落選したのは何よりも残念です。

何時までも過去に囚われているわけにはいきませんので、今後自民党がやるべきことを少し。

まず自民党は政権交代の荒波にすくわれた足をしっかり地につけることです。

自民党がどのような政党を目指すのか、基本政策を確認し、基本政策を共有できない者は排除すべきです。

その上で政権を奪還するには何をすべきかを考えていくべきかと思います。

総裁は誰がなるべきか?
自民党総裁に相応しい保守派の中からと言いたいのですが、安倍元首相、麻生首相の後に続く保守派がいません。

稲田朋美氏など若手保守派が力をつけ、次期総選挙までに有力候補を見い出すとして、次期総選挙までは純粋な保守と呼べないでも、自民再生を印象付けれる方を選んでおくしかありません。

本音を言えば安倍氏が先頭に立てばいいのですが、まだまだ安倍氏復権には抵抗があるでしょうから、例えば、石破茂氏や石原伸晃氏あたりを総裁に立て、実力派が脇を固めればいいかと思います。

惨敗した今、選挙の責任者である選対委員長は非常に重要なポストではないかと思います。

落選した議員の肩を叩き、勝てる候補に入れ替える、そういう実力者を選対委員長に据える必要があります。
特にせっかく落選した老害政治家、左翼政治家を公認候補に留めていては今回大きな犠牲を払った意味がありません。(たとえば福岡2区など)これを絶好の好機として一気に保守派の候補者を並べるべきだと思います。

自民党自体の足場を固めてから、民主党の保守派に揺さぶりを掛けて、引き抜いて来る。

自民党側に空席がたくさんできましたから、引き抜きやすくなったと思います。

たとえば東京3区、21区など、この機を逃す手はありません。

野党になるのですから、支持率の回復を待つのではなく、民主党のウィークポントをどんどん攻めて良くべきでしょう。

賛同いただければ、クリック(人気ブログランキング)

2009年8月27日 (木)

民団が民主の選挙運動を支援している

在日韓国人の支援組織である民団(在日本大韓民国民団)が現在行われている総選挙にかなり積極的に関与しています。

民団のホームページには民団新聞の記事が掲載されています。

引用開始-----------------------
<衆院総選挙>同胞走る 集票支援に一斉 2009-08-26
 

支部役員や青年会員も演説会に参加
民団・婦人会・青年会 総出で
ミニ集会 ポスター貼り 出陣式参加

 第45回衆議院総選挙が公示された18日、全国民団は支援候補の当選を目指して始動した。日本記者クラブが17日に開いた主要6政党の党首討論会で、民主党の鳩山由紀夫代表が永住外国人への地方参政権について、「もっと前向きに考える時が来ている」と改めて言明、民団の支援活動は勢いづいている。民団中央本部の鄭進団長が本部長を務める参政権獲得運動本部も担当者を各地に派遣し、運動のテコ入れを図る。

 都内のある重点地区では公示日の18日午前、民団支部事務所で支援候補の事務所からこの日預かったばかりのビラ2万枚に証紙を貼った。仕事合間の同胞も多く、青年会や婦人会からの応援も含め延べ30余人が参加。1人当たり1時間で約300枚が標準のこの作業を午後4時には終えた。

 「今までは何気なく受け取っていたビラなのに、1枚ごとに証紙を貼る、こんな大変な下準備があったとは」。参加者は驚き、感心することしきり。選挙の展望や各自の近況報告、役員会の日程調整、敬老会行事の打ち合わせなど、やり取りを楽しみながら手早く作業を進めた。

 宣伝カーで遊説途中の候補者が支部にお礼の言葉を述べに立ち寄ると、全員が熱い応援メッセージで応えるなど、この間に築かれた連帯感の強さをうかがわせた。作業参加者の20余人はその後、6時からの主要駅前での遊説とそれに続いた出陣式に参加、候補者に最大限の激励をおくった。

 一方、同支部が派遣した専従支援要員の2人は選挙事務所に張り付き、他の選挙スタッフとともに公設掲示板や支援者の自宅、店舗へのポスター張り出し、支援者名簿の回収などに汗を流した。本名の民団派遣要員もスタッフの一員として、何の違和感もなく溶け込んでいる。

 このほか全国各地の重点地区でも、支援者名簿の作成など継続作業のほか、証紙貼りやポスター貼りなど、具体的な支援活動を一斉にスタートさせた。また、中央や地方本部の幹部は各支援候補の選挙事務所に激励に訪れたのに次いで、傘下団体の幹部らとともに演説会や出陣式に手分けして参加した。

 大阪では難波駅前での演説会に約70人、愛知は16会場に130余人、山口は4会場に140人、沖縄でも2会場に20人を送り込んだ。東京の激戦区の演説会には民団員に加えて、青年会の中央本部や東京本部の幹部らがこぞって顔を出した。

 各地の同胞経済人からは、従業員や取引先を中心に数十人単位のミニ集会を開いているとの報告が相次いで寄せられている。

 運動本部では最重点地区に全国の20余地区を選定し、スタッフを送り込んで現地幹部と合同支援に当たる方針だ

(2009.8.26 民団新聞)
引用終了-----------------------

私は外国人の組織が日本の選挙に積極的に関与するのは、大きな問題があるのではないかと思います。
ビラへの証紙貼り、掲示板へのビラ貼り、集会(演説会)への参加(さくら?)、事務所の雑用等々色々と手助けをしているようです。

彼らが特定の政党あるいは候補を支援するのは「永住外国人への地方参政権」を手に入れるためです。

民主党幹部は永住外国人へ地方参政権を与える事に積極的です。政策集に掲げられていましたが、何故かマニュフェストには書かれていません。民主党は党内のコンセンサスがとれていないからと言うでしょうが、鳩山代表が党首討論でこのような発言をし、岡田幹事長も同じような発言をしていますので、総選挙で民主党が政権を取ったら、永住外国人への地方参政権付与に動き出すのは明らかです。これで、民主党が地方参政権について何もアクションを起こさなければ、それこそ在日韓国人が黙っていないと思います。

外国人に参政権を与えるかどうかは、賛否の分かれる非常に重要な問題です。

それについて、当の外国人には合図を送っておいて、日本人の目から隠すようにマニュフェストには敢えて載せない。
こんな事でいいのでしょうか。

このように民団から大々的に支援を受けるのであれば民主党は堂々とマニュフェストに書くべきです。

それでも党内でコンセンサスが取れていないので載せれないと言うのであれば、各候補者毎に賛成か反対かを明確にすべきではないでしょうか。

民主党保守派の中には「政権を取っても絶対に成立させない」という方がいるかもしれません。
そういう方には体を張って除名覚悟で、阻止してもらいたい。

私は外国人に地方参政権を与えるべきではないと思っています。
日本の政治が外国人に影響されるべきではないし、先の首長連合の各党への注文や、東京都議選などを見れば、地方ならばOKだというものではない事は、分かっていただけるかと思います。

永住外国人への地方参政権だけで投票先を決める訳ではありませんが、一つの目安にして頂ければと思います。

そして、マニュフェストに書かれていることが全てではないということを知っておいていただきたいと思います。

賛同いただければ、クリック(人気ブログランキング)

2009年8月20日 (木)

俄に注目される鹿児島4区

以前このブログで一度取り上げましたが、鹿児島県阿久根市に強烈な市長がいます。

市議会や役所の無駄を徹底的に糾弾し、議会とリコール合戦を繰り返す竹原市長。

戦う市長と言うべき竹原市長のエピソードをwikipediaから抜き出すと、

---------------------------------
2005年、阿久根市議会議員選挙で初当選し、2008年8月31日、阿久根市長選挙で初当選する。この市長選の際、公職選挙法に抵触する可能性のある「ブログ更新」を選挙活動中におこなったが、竹原は「総務省の解釈がおかしい」と主張している。

2009年1月12日の自身のブログで、「阿久根市議会で最も辞めてもらいたい議員は?」というテーマで、市議会議員15人全員の名前をあげて投票をつのった。竹原は「データの集まり方に興味があった。思いつき」と説明した。同年2月6日、阿久根市議会は臨時会で市長不信任決議案を全会一致で可決し、同月10日、竹原は議会解散を告示した。

2009年4月1日付の人事異動で市長に任免権がない職員を移動させる違法人事を行い、また、10人の職員を降格させたが、その時に地方公務員法で規定されている降格理由の文書交付を行わなかった。

さらに2009年2月20日には阿久根市の全職員268名の給与明細を発表した。阿久根市税収20億円のうち17億3000万円が人件費として計上されていることを理由にあげている。

2009年4月17日出直し市議選後初めてとなる平成21年第2回市議会臨時会において、不信任決議案が再度提出され、賛成11、反対5の賛成多数で可決、自動的に失職した。これに伴い同年5月31日に投開票が行われた出直し市長選挙に出馬し、再選した。
---------------------------------

という具合。賛否色々あろうかと思いますが、出直し市長選挙に再選したという事は、阿久根市民は竹原市長の戦う姿勢に理解を示し、期待しているということだと思います。

そんな竹原市長がまた話題を提供しました。

MSN産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090819/elc0908191530018-n1.htm
引用開始----------------------
【09衆院選】“ブログ市長”特定候補の支持表明
2009.8.19 15:23

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(50)が自身のブログに、18日に公示された衆院選で特定の候補者と政党を支持すると書き込んでいたことが19日、分かった。書き込みは19日付。

 公選法では、公示後の選挙期間中に特定候補者や政党を支持する文書などの頒布や掲示が制限されており、阿久根市選挙管理委員会は「公選法に抵触しないか検討した上で、問題と判断すれば指導などの対応をする」としている。

 竹原市長はブログで、地元の選挙区に関し、自身が市庁舎からの事務所退去を求めた市職員労働組合を支持基盤とする政党への不支持と、対抗馬への支持を表明。比例区については、支持する政党名を挙げた。

 竹原市長は昨年8月に初当選した市長選の際、告示後にブログを更新したとして、県議や市議らに公選法違反容疑で告発された。また、ブログで市議の不人気投票を呼びかけるなどして市議会で2度の不信任決議を受けて失職。しかし、今年5月の市長選で再選を果たしていた。
引用終了----------------------

別に市民に対して特定の候補への投票を呼び掛けているのではなく、自分の投票行動を事前に公表しているにすぎないので構わないだろうと思います。

それを言うならば、一見公平な報道に見せかけ、その実特定の政党寄りの報道をしているマスコミの方が問題ではないかと思います。

では竹原市長は、誰を、どの政党を応援しているのか。

さるさる日記 - 阿久根時事報より
http://www5.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=521727&log=20090819
引用開始----------------------
■2009/08/19 (水) 「小里やすひろ」と「みんなの党」を支持します。

 以前、市長室に「皆吉いなお」氏があいさつに来られた。
私は「自治労と手を切らなければ阿久根市では票が集められない」とお話したのだが、「自治労は自分の支持基盤です。」との返事だった。
ちなみに、今回も「皆吉いなお」氏は自治労組織内協力候補となっている。

http://www.jichiro.gr.jp/newspaper/jichiro1939.pdf
「皆吉いなおが組合と手を切った」などというのは選挙目的のデマである。

市民から集めた税金をこれ以上に公務員の為に使うような自治労組織を支える国会議員が居てはならない。
従って、私は鹿児島4区の選挙では「小里やすひろ」氏
比例区では「みんなの党」を支持する。

(略)

引用終了----------------------

阿久根市は鹿児島4区だったのですね。

鹿児島4区といえば、最近別のニュースで話題になりました。
国旗を切り刻んで党旗にするという蛮行が起こったところです。

その鹿児島4区の民主党候補を自治労組織内協力候補なので支持できないとし、対抗する自民党候補を支持し、比例区では自分と同様に公務員改革に重点を置くみんなの党を支持すると明言。

対公務員という観点から実にわかりやすい考えだと思います。

さてその鹿児島4区で今朝、麻生首相(自民党総裁)が応援演説を行ったそうです。

MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090820/plc0908201142004-n1.htm
引用開始----------------------
民主の日の丸切り張り党旗に麻生首相「ふざけた話だ」
2009.8.20 11:35

 麻生太郎首相は20日午前、遊説先の鹿児島霧島市内で街頭演説し、民主党が同市内で開いた集会で国旗2枚を切り張りして作った党旗を掲げた問題について「国旗を引き裂いた。ふざけた話だ」と非難した。

 また、「自民党と公明党が一緒になって国旗国歌法を通した。その時もごちゃごちゃとまとまらなかったのが民主党だ」と述べ、法案採決で自主投票を選んだ民主党の対応を批判した。
引用終了----------------------

麻生首相は完全に戦闘モードに入ったようです。

もう直ぐこの演説の模様も有志によって、Youtubeやニコニコ動画にアップされるでしょう。

鹿児島4区は今もっともホットな選挙区かもしれません。(ある意味うらやましい)

賛同いただければ、クリック(人気ブログランキング)

2009年8月19日 (水)

「革命」か「改革」か

選挙期間が始まったので、あまりどの政党が云々、どの候補が云々言うべきではないが、改革クラブの渡辺秀央代表の話はなるほどと思ったので紹介しておきます。

MSN産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090818/elc0908182036067-n1.htm
引用開始-------------------------
【09衆院選】各党に聞く 渡辺秀央改革クラブ代表
2009.8.18 20:35

 このまま経済の立て直しを続けるか、終わりにするのかを問う選挙だ。政権が代われば、これまでの補正予算の効果がなくなってしまう。われわれは景気対策や、集団的自衛権行使の検討など、保守本来の政策を訴えて存在感を示す。

 麻生政権の経済政策は立派だ。そもそも、平成20年度第1次補正予算は、改革クラブが麻生首相に提言し、ハッパをかけた。麻生政権は、小泉純一郎元首相の路線を修正し、転換を図っているので評価したい。

 この選挙で「改革保守」を訴えたい。民主党などが主張している政権交代は「革命」で、現在も過去も否定する極めて危険な発想だ。われわれは日本の歴史と文化を守りながら時間をかけて改革を進めていく。

 民主党は、思想が異なる政治家の「政権獲得互助会」。外交路線も確立していないし、やっている福祉政策は社会主義だ。かつての社会党ができなかったことを実現しようとしているだけで、国民にアメばかり与えていて危険だ。

 保守同士で票を食い合うことを避けるため、全国から多くの公認の申し出があったが、やむを得ず断った。公認1人の当選に全力を挙げる。
引用終了-------------------------

全国から多くの公認の申し出があったのならば、各選挙区の立候補予定者の顔触れを見て、保守系候補がいない選挙区では公認すれば良かったのではないかと思いますが、確かに判断は難しいとは思います。

リベラルな考えの自民党候補であっても、民主党に議席を渡すよりまましだと考えたのでしょう。

解散前に衆議院で議席を有していた政党を改革か革命かに分けるとすると、

改革:自民党、公明党、改革クラブ。

革命:民主党、共産党、社民党。

国民新党、新党大地、みんなの党は微妙です。

選挙後に結党するであろう平沼グループは改革でしょうか。

「改革」を選ぶか「革命」を選ぶか。

「改革」が生ぬるいと思うのであれば「革命」を選べば良いが、何が「革命」されるかしっかりと理解しておくべきだと思います。

賛同いただければ、クリック(人気ブログランキング) 

2009年7月23日 (木)

宇宙人に日本支配させない by 大川隆法

「幸福の科学」の大川隆法総裁が、幸福実現党の総裁職も兼務し、比例東京ブロックから出馬するらしい。

ZAKZAKより
http://www.zakzak.co.jp/top/200907/t2009072302_all.html
引用開始-------------------------
幸福実現党・大川出馬「宇宙人に日本支配させない」

 宗教法人「幸福の科学」の大川隆法総裁(53)は22日夜、都内で講演し、次期総選挙で同法人を母体とする幸福実現党から比例東京ブロック1位で出馬すると宣言した。法人の総裁を続けたまま党総裁を兼務する形といい、「本気で選挙をやるという決意表明だ」と語った。

 大川氏は講演で、同党が22日までに345人の公認候補を決めたことについて「立候補者数が日本一多いのに、テレビでは一番下に扱われ、ひとことも説明がない。なんでだろう」と疑問を呈し、「党の創立者として責任を取るという考えに至った。もう一段、党の求心力を高め、政権担当力を増すために立候補する」と理由を語った。

 さらに、「宮沢喜一首相以来、東大法学部卒の首相が出ていない。このことが官僚を使いこなせていない一因だ。そろそろ大政奉還していただきたい」と述べ、東大法学部卒の自らが首相を目指す考えを示唆。民主党の鳩山由紀夫代表を念頭に、「宇宙人に日本を支配させてはいけない。地球の守護神として、許すわけにはいかない」と強い決意を示した。

 同党幹部によると、大川氏は21日に出馬を決断。「宗教の創始者が政治に出るのは控えたほうがいい」と幹部からは反対意見が出たが、大川氏の決意は固く出馬が決まった。一時は麻生太郎首相の福岡8区からの出馬もささやかれたが、「首都から党勢を拡大したい」と今回の扱いとなったという。
引用終了-------------------------

前にも書いたが、私は幸福実現党を支持しているわけではないが、こういう幸福実現党の動きは現在の政界に一石を投じる事になるので、ある意味評価できる。

記事で取り上げている大川総裁の発言には一部考えさせられる部分もあるし納得できる部分もある、逆に賛同できない部分もある。

--------------------------
「立候補者数が日本一多いのに、テレビでは一番下に扱われ、ひとことも説明がない。なんでだろう」
--------------------------

これは、マスコミ的に言えば、国会での議席数に比例しているという事なのだろう。
だが大川総裁の言うように、立候補者数が一番多いのにほとんど話題にしないというのも不自然な気がする。

--------------------------
「宮沢喜一首相以来、東大法学部卒の首相が出ていない。このことが官僚を使いこなせていない一因だ。そろそろ大政奉還していただきたい」
--------------------------

まず第一に宮沢元首相は、東大(東京大学)ではなく東京帝国大学卒だから、いまだかつて東大卒の首相は居ない。

もちろん宮沢元首相以前には、東京帝国大学卒の首相はたくさん居る。

私が敢えて東京帝国大学と東京大学を分けたのは、戦後の東大(特に法学部)には左翼、反日思想の教授が多数居り、
戦前の東京帝国大学の思想を受け継いでいるものだとは思わないからだ。

戦前の東京帝国大学の思想がそのまま東大に受け継がれているのならば、確かに大川総裁の考えにも納得できよう。

しかし戦後の東大法学部卒だからと言って首相に相応しいなどとはこれっぽっちも思わない。

東大法学部卒でなければ東大法学部卒が多くいる霞が関に対抗できないというのは全くの検討違い。

首相に必要な素養は、熱意、愛国心、決断力、判断力、洞察力などであって、ある分野に特化した知識があれば首相が務まるというわけではない。

知識が必要ならば、それこそ東大法学部卒の優秀な秘書を付ければ良いだけのこと。

失礼ながら、宮沢元首相がそれ以降の首相に比べて特に優秀だったとは思わないし、宮沢元首相以降、東大法学部卒の首相が誕生していればもっと日本は悲惨な状況になっていたかもしれない。
ちなみに社民党の福島瑞穂党首も東大法学部卒である。

それと「大政奉還」という言葉を最近、マスコミなどがよく使い、自民党内にも使っている人がいますが、全く実態に即していない。

例え自民党が下野する事になっても、それは「大政奉還」とは言わない。

江戸時代の終りにあった「大政奉還」とは、それまで政治を行ってきた徳川氏が政治の実権を帝にお返ししたことを指す。

別に自民党が下野したところで、議会政治が終わりを告げるのでもなければ、民主主義が崩壊するのでもない。

江戸時代で言えば、将軍家以外の吉宗が将軍になる程度のこと。

自民党が下野することを「大政奉還」などと表しているのは、「大政奉還」という言葉を使い幕末から明治の初めを連想させ、世の中が良き方向に向かうように錯覚させるようとする反自民の罠です。

大統領制を導入し、天皇陛下を国家元首から外そうとしている大川総裁が「大政奉還」などという言葉を使うのは滑稽に思える。

----------------------------
「宇宙人に日本を支配させてはいけない。地球の守護神として、許すわけにはいかない」
----------------------------

鳩山民主党代表を宇宙人に喩えているのでしょうが、民主党に政権を取らせてはならないというのは賛成です。

ただ、大川総裁を地球の守護神と認めているのは幸福の科学の信者だけであって、もちろん私は大川総裁を地球の守護神とは思っていませんが。

もし幸福実現党が一定数の議席を確保するならば、自民党は公明党との連立を解消し幸福実現党と連立するのもありだと思います。ただし「大統領制」は封印していただきますし、信者を総動員したズブズブの選挙協力は無しということで。

まずは宇宙人から日本を守る事を第一に。
※もちろん外国人からも守らなければなりません。

賛同いただければ、クリック(人気ブログランキング)

つぶやき