フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« スポーツによる嫌韓拡大 | メイン | ウクライナと「自由と繁栄の弧」 »

2009年3月25日 (水)

東宮家のスキー旅行を止める方はいないのでしょうか

昨日皇后陛下のお怪我についての記事を見かけた。

MSN産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090324/imp0903241901003-n1.htm
引用開始---------------------------
皇后さま、テニスで靱帯を一部損傷 陛下のご静養に同行されず
2009.3.24 19:00

 宮内庁は24日、皇后さまがテニスの最中に左ひざを打ち、靱帯(じんたい)の一部を損傷されたと発表した。患部周辺の筋肉を強化することで、半年以内に完治される見込みという。

 金沢一郎・皇室医務主管によると、皇后さまは今年2月、テニスをしている最中に転倒された。

 その後もひざを曲げたときの痛みが引かなかったため、23日に宮内庁病院で専門医の検診とMRI検査を受けられたところ、後十字靱帯の部分損傷が判明した。

 歩行に大きな問題はないが、正座や、階段の上り下りを困難にされているという。今後、専門医の治療プログラムに沿ってひざの周囲の筋肉強化に励まれる。

 皇后さまは26日から天皇陛下と御料牧場(栃木県)に滞在する予定だったが、大事を取ってとりやめられた。陛下のご静養に同行されないのは異例だという。
引用終了---------------------------

ある程度の年齢になると脚の怪我が長引いて歩行がしづらくなることもある。
皇后様への治療には医師が万全を期すでしょうから、後々まで影響するようなことにはならないでしょうが、少し心配です。

昨日は気づかなかったのですが、こんなニュースもあったようです。

MSN産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090324/imp0903241346002-n1.htm
引用開始---------------------------
皇太子ご一家、長野へスキー旅行
2009.3.24 13:45

このニュースのトピックス:皇室ウイークリー
 皇太子ご一家は24日、静養のため、長野県入りされた。スキーなどを楽しまれる予定。

 新幹線で長野入りしたご一家は、午後1時10分ごろ、JR長野駅東口にお姿を見せられた。

 待っていた地元住民ら約140人から「愛ちゃんかわいい」、「雅子さま頑張って」、「いってらっしゃい」などの声があがると、ご一家は笑顔で応えられていた。

 ご一家がこの時期を長野県で過ごされるのは今回で3年連続。昨年は敬宮愛子さまが新幹線に酔い、駅で約1時間半休んだが、今年はお元気そうに駅から移動用の車に乗り込まれた。
引用終了---------------------------

検査自体は23日だったので、普通であれば、皇太子ご一家が東京を出発する前に知らされているべき事であるかと思う。

皇太子ご一家が知らずに東京を出発されたのならば、宮内庁のどこかで情報が堰き止められてられていたということでしょう。

出発前に知らされていたのならば、中止にすべきだったし、出発後に知らされたのであれば日程を短縮して、皇后様のお見舞いにいかれるか、あるいはお一人で御料牧場に行かれる天皇陛下に合流されるべきだと思う。

皇后陛下は昨年の同じ時期に胃食道逆流症を患っておられ、その最中に予定通り行われた皇太子ご一家のスキー旅行はネットなどで物議を醸した。

雅子様の療養に、このスキー旅行が効果があるのかどうかはわからない。

しかし天皇皇后両陛下が御料牧場に行かれることはわかっているのだから、毎年同じ時期にスキーに行かれる必要はないのではないかと思う。

確かに愛子様の休みの関係もあるでしょうが、秋篠宮家はお子様方もお揃いで御料牧場に合流されているのだから、皇太子ご一家も、スキー旅行を4月に入ってからにして、たとえ一日でも御料牧場に滞在するなどすべきではないかと思います。

天皇皇后両陛下と皇太子ご一家との間では頻繁にご交流があり、わざわざ御料牧場に合流される必要はないのかもしれませんが、俗な考えをしてしまう世間はそのように受け取らないでしょう。

俗な考えなどを多少でもわかっている東宮職なりが「今年は長野行きを見合わされるほうがよろしいかと」「長野へは御料牧場を経由されて」などと相談されたら宜しいのではないかと思う。

天皇皇后両陛下と皇太子ご一家の不仲説などが流布している現状では、東宮職がもっと敏感に柔軟に動くべきではないでしょうか。

賛同いただければ、クリック(人気ブログランキング) 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347523/19038461

東宮家のスキー旅行を止める方はいないのでしょうかを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

つぶやき