フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« 真の売国奴・鳩山由紀夫の本音 | メイン | 嘘つきヒルとテロ支援国家再指定 »

2009年4月21日 (火)

首相、靖国例大祭に供物奉納

麻生首相が靖国神社の春季例大祭に真榊を奉納したことが分かったそうです。

47NEWSより
http://www.47news.jp/CN/200904/CN2009042101000386.html
引用開始------------------------------------------
首相、靖国例大祭に供物奉納  中韓反発の可能性

 麻生太郎首相が21日から3日間の日程で始まった靖国神社の春季例大祭に合わせ、「内閣総理大臣」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納していたことが同日、分かった。首相は昨年10月の秋季例大祭でも同様に供物を納めたという。いずれも私費から支出した。首相周辺が明らかにした。

 首相は29、30日に中国を訪問し、胡錦濤国家主席、温家宝首相との首脳会談を行う予定。訪中直前に発覚しただけに、中国側が強く反発することも予想される。韓国も懸念を表明する可能性がある。

 現職首相の奉納は2007年4月、当時の安倍晋三首相が真榊を納めて以来。それ以前では1985年8月15日の終戦記念日に当時の中曽根康弘首相が奉納した。麻生首相周辺は「国のために戦って亡くなった方々に敬意を表し、ご冥福をお祈りするため奉納した」としている。

 真榊はサカキの鉢植えで1個5万円。靖国神社側は首相が真榊を納めたかどうかについて確認しなかったが、本殿に昇殿するための階段付近に置かれているとみられる。

 靖国神社をめぐって、麻生首相は2006年に神社を非宗教法人化し「国有化」する私案を発表。総務相当時は参拝していたが、首相就任後は靖国参拝について「首相の立場は個人的信条と異なっているが、状況を見て判断したい」として参拝の有無を明確にしていない。

2009/04/21 13:48   【共同通信】
引用終了------------------------------------------

記事では「中韓反発の可能性」となっていますが、両国政府からの大きな反発はないと思います。

寧ろ奉納で済ませてくれるなら、あまり騒がない方が良いと判断するのではないでしょうか。

形だけ抗議しても、外交交渉一切打ち切りとはならないでしょう。

中韓が強硬姿勢に出てくれば、保守派は麻生首相の靖国参拝を望む声を上げるでしょうが。

供物を奉納したという事は、春季例大祭には参拝しないのでしょうし、麻生首相が終戦記念日に参拝することはないので、在任期間中に靖国に参拝せずに、衆議院選挙に突入することになりそうです。

私は、安倍元首相や麻生首相の参拝について明言しない方策は良いと思っています。
首相は何時でも好きな時に参拝すれば良いし、年に何度参拝してもいい。
マスコミが、公式参拝か、私的参拝かなどと騒ぎだしたのがそもそもの問題なので、そういう情報をマスコミには出さないというのは良いと思います。

しかし、有耶無耶にしながら、在任期間中に参拝する機会を逸し、首相の座から降りてしまうというのも、少し問題ではないかと思います。

私は安倍元首相は参院選後、急な辞任がなければ、秋季例大祭に参拝するつもりだったのではないかと、勝手に推測しています。

麻生首相も、衆議院選挙を乗り越えて、在任中に参拝する意思があるのだろうと、期待しています。

ですが、安倍元首相、福田前首相に続き、もし麻生首相まで参拝しないまま、首相の座から降りれば、結果的に中韓の反発を考慮し参拝しなかった事になってしまいます。(そう思われても仕方がない)

このまま衆議院選に突入するのならば、麻生首相には何が何でも第一党の座を死守し、政権の座に留まり、首相として靖国神社に参拝していただきたい。

それが麻生支持者に応える道です。

賛同いただければ、クリック(人気ブログランキング) 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347523/19421883

首相、靖国例大祭に供物奉納を参照しているブログ:

» 至極当然の行為(首相、靖国例大祭に供物奉納中韓反発の可能性(北海道新聞)) (矛盾の矛は何を貫く)
北海道新聞…いや共同通信社配信にこんな記事があった。以下は北海道新聞の記事からの抜粋 麻生太郎首相が21日から3日間の日程で始まった靖国神社の春季例大祭に合わせ、「内閣総理大臣」名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納していたことが同日、分かった。首相は昨年10月の秋季例大祭でも ...... [続きを読む]

コメント

この07年「安倍晋三首相、真榊を奉納」の報道については、不可解な点が指摘されています。それは地方紙の方が大手より早く記事にしていたこと。それに春季例大祭4月23日をとっくに過ぎた5月8日に報道されたことです。これら事実が示すことは、記事を配信した共同通信の政治的思惑の存在です。

共同通信が、5月8日に遺族会が都内・九段会館で「靖国勉強会」の初会合を開いたのに合わせ、「戦犯分祀の影響力を行使しようとした」のではないかと考えられているのです。

共同通信には、このような影響力を行使したい、政治力を持ちたい、という願望があるようなのですが、最早そのような大それた妄想はやめるべきでしょう。共同は、通信社として事実を淡々と配信し、地道に活躍すべきです。

この引用記事でも、共同はわざわざ、「中韓反発の可能性」というバカバカしい、扇動文を付けています。こんなものは、読者が判断することです。通信社が小細工をして、読者の判断に影響力を行使しようなどと考えているとすれば、大問題です。

読者は、通信社に、情報の読み方まで任せた覚えは無いからです。まあネット住人は、こんな予断を与えるような情報は、バカにするだけでしょうが・・・。共同は、最早時代が変わっていることに早く気付くべきだと、小生は考えています。

>qazxさん

靖国参拝を攻撃することは諸刃の剣であると言うことを、中国は既に学習済みなのだと思います。

媚中内閣の場合は、日本を屈伏させ、中国の反日感情を煽る武器となるが、
反中内閣の場合は、下手に攻撃することで、日本政府との関係が拗れ、日本の世論が反中に傾き、中国の世論も制御不能となる。

韓国も前大統領はわかっていなかったが、現大統領は理解しているでしょう。

2001年、当時の小泉首相は、8月15日に参拝する思いがあったが、中韓に配慮して2日前に参拝しました。

中国がこの配慮で手を打っていればいいものを、マスコミが騒いだことによって、小泉首相が反発し最後の年は8月15日に参拝します。

中国が「例大祭ならばOK」という姿勢を暗に示せば問題は解決します。

中国としては、8月15日を外させることによって「日本政府も第二次大戦を美化しているのではないようだ」と国民に説明すれば良いし、日本としては、そもそも8月15日よりも、例大祭の方が大事なのですから。

靖国問題は結局のところマスコミが報道しなければ、簡単に解消するものだと思います。

コメントを投稿

つぶやき