フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« タリバンに職業訓練という平和ボケ発言 | メイン | 谷垣総裁と党再生 »

2009年9月28日 (月)

夫婦別姓と戸籍制度

民主党がまたもや日本の根幹を揺るがす政策を持ち出してきました。

YOMIURI ONLINEより
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090927-OYT1T00001.htm
引用開始--------------------------
夫婦別姓導入へ…政府、来年にも民法改正案

 政府は、夫婦が別々の姓を名乗ることを認める選択的夫婦別姓を導入する方針を固めた。

 早ければ来年の通常国会に、夫婦同姓を定めている民法の改正案を提出する方向で調整を進める。現行の夫婦同姓は1947年に民法に明記され、約60年ぶりの大幅改正となる。

 夫婦別姓の導入は、政権交代により、衆院選の政策集に「選択的夫婦別姓の早期実現」を明記した民主党を中心とした政権が誕生したことによるものだ。民主党は、1998年に民法改正案を共産、社民両党などと共同で国会に提出したが、自民党が「家族の一体感を損ない、家族崩壊につながる恐れがある」などと強く反対して廃案となった。その後も、毎年のように共同提出してきたが廃案となってきた。

 一方、法務省も、96年の法制審議会(法相の諮問機関)で選択的夫婦別姓の導入が答申されたことを受け、夫婦別姓を盛り込んだ民法改正案をまとめた経緯がある。強い反発を示してきた自民党が野党に転じ、与党と法務省の考えが一致し、政府提案による法改正が可能となった格好だ。

 民主党などの民法改正案は、〈1〉結婚時に夫婦が同姓か別姓かを選択できる〈2〉結婚できる年齢を男女とも18歳にそろえる――ことが柱で、おおむね法制審答申に沿った内容だ。

 しかし、別姓を選んだ夫婦の子の姓に関しては、法務省案が「複数の子の姓は統一する」としているのに対し、民主党などの案は子の出生ごとに決めるとしており、今後調整する。千葉法相は17日の就任会見で、夫婦別姓導入に前向きな考えを示した。

(2009年9月27日03時01分  読売新聞)
引用終了--------------------------

夫婦別姓導入のための民法改正案は、これまで民主、社民、共産、公明などによって何度も提出されその都度自民党が反対しつぶしてきました。民主党が長期の政権を担い安定した政権運営をしているのであれば、俎上に乗せて議論すれば良いと思います。ですが自民にお灸を据えるべしの風に乗って、政権を奪取した直後に、このような法案を一気に通すことは、多くの国民は望んでいないでしょう。
衆議院選で、夫婦別姓の導入を念頭に入れて民主党に投票した有権者がいったいどれほどいるでしょうか。半分はおろか、ほとんどの方々は全く意識していなかったのではないでしょうか。長い選挙期間中にマスコミなどで夫婦別姓が話題になった事は私の知る限りなかったし、ぜひとも夫婦別姓を導入したいなどと訴えて当選した議員が居るとも思えない。

ただただ「政権交代」と騒がれた選挙で政権を取ったからと言って、国民のお墨付きを頂いたかのように、このような制度を安易に導入しようというのは、暴挙というしかない。

夫婦別姓を導入するには当然戸籍制度を変更することになります。

現在の婚姻制度は女性が男性の戸籍に入るという形が大多数なので女性差別だという主張もあるし、姓が変わることによる職場でのデメリット、あるいは旧姓を通称として使っても公的文書では本名を使わなければならないなどの煩わしさ、各種手続きの煩雑さ、など夫婦別姓導入を望む側の主張は色々あると思いますが、戸籍制度を根底からひっくり返してまで導入しなければならない制度ではないと、私は思います。

民主党がこの制度を急ぐのは、国民の声をじっくり聞き出したら到底実現できない制度であるとわかっているからなのでしょう。この話題、今のところ何故か読売ぐらいにしか乗っていません。毎日、朝日、産経あたりは読売に出し抜かれただけなのか、あるいは報道しないつもりなのか。

夫婦別姓とはどういうことなのか、それによって戸籍にどんな影響があるのか、誰が得する制度なのか、そのあたり国民がしっかり認識した上で議論され、その結果国民が支持するのならば、それでも結構ですが、深く議論していくほど国民の理解を得られない制度だと私は思います。

ところで、数日前に「ねずきちのひとりごと」というブログで「戸籍について考える」( http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-639.html )というエントリがありました。
このブログのサイドメニューからリンクしているので既にご覧になられた方もいるかと思います。

夫婦別姓を考えるにあたり、一度読まれることをお勧めします。

私は「なるほど」と感嘆しました。
日本人の精神を形作った重要な要素のひとつが「戸籍」と考えて良いのではないでしょうか。

戸籍制度を破壊する夫婦別姓の導入に私は反対です。

賛同いただければ、クリック(人気ブログランキング) 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347523/21769849

夫婦別姓と戸籍制度を参照しているブログ:

コメント

はじめまして。昔だったら、夫のほうが入り婿ゆえに妻の姓に倣えと言ったケースが多かったじゃないですか。ましてや、現代では、親と別居して独自の世帯を構成すると言う事は良くあるのですから、妻の側ばかりが改姓に応じなくてはならない必然性はなく、いずれの側に統一しても良いんじゃないでしょうか。
しかし、現実には妻の実家に夫が同居する、あるいは二世帯住宅を建てて、二世代並居と言う事態になっても、妻は夫の姓に倣うと言うケースが圧倒的です。
本当に女性は結婚しても旧来の姓に固執しているのでしょうか。大抵の女性はそうでないような気がします。

何時、国民的な要望があったのでしょうか。
一部の人が「別姓、別姓」と「こだわります」が、こんなもの
いやなら、結婚しなきゃいいのです。
夫婦も別姓、子供も別姓、兄弟も別姓、ひとつ家に集う意味もありません。
一つの家庭で一つの姓を名乗る、それ故に結束や絆が深まると
言えないでしょうか?
少なくとも私の周辺には、ご主人の姓に変わる事にむしろ
喜びを感じている人ばかりなのですが・・・・・・。

どうひいき目に見ても、「夫婦別姓」が衆院選挙の争点の一角になってはいませんでした。

民主党に票を入れた方々の、何割がこの法案の存在を知り、何割がこの法案に賛成するのでしょうか。

未熟な「マニフェスト選挙」の弊害です。

>DUCEさん

----------------------------------
本当に女性は結婚しても旧来の姓に固執しているのでしょうか。大抵の女性はそうでないような気がします。
----------------------------------

旧姓に固執というよりも、姓が変わる事により色々発生する手続きや、姓が変わったことを周知させる事の煩わしさによって、夫婦別姓を望むということなのではないでしょうか。

それならば、民法を変えるのではなく、旧姓のまま銀行口座を使い続けることができたり、会社の法的書類にも旧姓を使用できたりと、生活レベルの不便さを回避できるようにシステムを変更すれば良いだけの話だと思います。

在日韓国人・朝鮮人は本名でなく通名を色々な場面で使えるだから、旧姓をもう少しだけ自由に使用できるようすることは簡単なことだと思います。

>翡翠さん

-----------------------------
少なくとも私の周辺には、ご主人の姓に変わる事にむしろ
喜びを感じている人ばかりなのですが・・・・・・。
-----------------------------

おそらく全国的にみても、そうなのだと思います。

ただ、私が男ですので、なかなかそうと書けない部分があります。

>青二才さん

国民はマニフェストに書かれている事すべてに納得して投票しているわけではないのに、マニフェストに書いているからと言って国の根幹にかかわる政策を国民の意思を確認せずに推し進めるのは横暴すぎると思います。

それでも民主党が「マニフェストに書いている」として強引に進めるならば、逆にマニフェストに書いていてひとつでも実現できないことがあれば、責任を取って民主党議員全員が政界から引退し、解党するのか?という事です。

与野党が逆転しましたので、おそらく次の選挙ではマスコミは「マニフェスト」「マニフェスト」とは言わなくなると思います。

「マニフェスト選挙」なんてものは、不公平な幻想なのだと思います。

こんばんは。

夫婦別姓など女性は、ごく一部が望んでいることでしょう。私もそうでしたが、娘も入籍したとたんに、夫の姓を誇らしく名乗りました。親としては一抹の寂しさはありましたが、ほっとしました。夫婦で自立していく決意のようなものを感じたからです。今では2人の子持ちです。

もっと怖いのは戸籍です。戸籍の歴史は古い。民主党は本気で日本解体を目指していると思いました。

もうじっとしていられません。

>bbさん

------------------------
もっと怖いのは戸籍です。戸籍の歴史は古い。民主党は本気で日本解体を目指していると思いました。
------------------------

仰るとおりです。推進派の狙いは正にそこにあると思います。
ただ、この手の問題で難しいところは中に純粋に女性のためにと活動している方も居られるところだと思います。

私は男兄弟なのですが、結婚した当時は父は娘ができたように喜んでいました。

もし夫婦別姓ならば、正直なところその思いは違っていたかもしれません。

女性は結婚して姓が変わっても、実の親、特に母親に出産・育児など色々相談したりで、多くの場合、その関係はほとんど変わらないのではないでしょうか。

そして旦那の両親には同じ姓を名乗ることで実の子のように思ってもらえる。

同姓というのは、男性の実家、女性の実家、若夫婦を円満に繋ぐ役割を果たして来たのではないかと思います。

※夫婦別姓容認派からは男性の勝手な理屈と言われるかもしれませんが。

Many of these mothers and fathers who make it around within their pocket know absolutely nothing about its attributes, its pros or even its cons.

コメントを投稿

つぶやき