フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« 夫婦別姓と戸籍制度 | メイン | 神戸市長選は改革のチャンス »

2009年9月30日 (水)

谷垣総裁と党再生

ついに自民党の総裁と三役が決まりました。

まずこれについてどう思うか。

以前このブログでは稲田朋美氏がなるべきだと主張しました。
ご本人も選挙直後の取材では「推薦人が集まれば、総裁選にも出馬したい」と意欲を見せていました。
ですが、出馬しなかった。
推薦人の目処が付かなかったのか、あるいは時期尚早と考えたのか、周辺から今回は見送るようにアドバイスを受けたのか、理由はわからないがともかく出馬しなかった。

その代わりに安倍元首相に考えの近い西村氏が出馬しました。
稲田氏は西村氏が出馬に動き出していたので、身を引いたのかもしれません。

西村氏が総裁になれば良いと思っていたのですが、結果は谷垣氏。

西村氏は議員票はある程度得たものの、党員票はさっぱり。やはり自民党を背負って立つにはまだまだ知名度が低かったということなのでしょう。

河野氏は、議員票では西村氏にすら負け、期待された党員票でも谷垣氏に及ばなかった。
いくら「世代交代」「党改革」を主張しても、議員や党員の支持を得られなければ話にならない。

結果から見れば、他の2名では力不足だったいうことなのでしょう。

谷垣氏がリベラルだという事が気になりますが、民主党が分裂でもしない限り、次の総選挙までは首相にならないので、まあ谷垣氏でいいのではないかと思います。
仮に谷垣氏の総裁在任中に首相の座が転がり込んだとしても、鳩山政権よりは遥かにましでしょうし、売国ぶりも福田康夫政権程度で収まるのだと思います。

期待できる面は「財政に強い」という事でしょうか。

民主党の悪口を言わないマスコミですら、民主党の財政の弱さを指摘していますし、急遽引退を撤回し、衆議院選に出馬し、財務相になった民主党唯一の財政通である藤井氏ですら、その発言の軽さから株価や為替レートに悪影響を与え続ける始末。

「財政で躓いていく民主党」と「財政に強い谷垣氏を総裁に据える自民党」という構図はこれから先自民党復活に大いに役立つと思います。

ただ、国民は一度は自民党を見放したのですから、たとえ民主党が駄目政権ぶりを発揮したとしても、それだけでは自民党は以前ほどの支持を得ることはできません。

やはり自民党自体も変わる必要があるのだと思います。

では自民党はどう変わるべきなのか。

自民党の惨敗直後から保守派ブログでは「真の保守政党として再生すべき」という声が挙がっていますが、残念ながら谷垣総裁では「真の保守政党として再生」は期待薄です。

中堅・若手などには、派閥を解消するべき、党重鎮は暗躍をやめるべき、などと主張していますが、それはそのとおりだと思います。

ですがそれより重要なのは
・勝てる候補を公認すること
・マスコミの偏向報道を止めさせること
だと思います。

二つ目はなかなか難しいとは思いますが、少なくとも一つ目は必須の条件ではないかと思います。

各選挙区の候補自身に力がなければ、次の選挙に勝てない。

今回の衆議院選で、多くの自民党候補が落選しました。

その落選候補を次の衆議院選でそのまま公認候補としてしまっては、自民党が惨敗した意味がありません。

極論を言えば、小選挙区は、当選した64名以外の236選挙区について公認見直しするぐらいで良いと思います。

追い風では勝てるが、逆風では負ける候補を公認し続けていては、郵政選挙や今回の選挙のように政治全体が右往左往するだけです。

風に負ける候補に引退していただき、ある程度の逆風でも勝てる候補を育てていく。

これが自民党に必要なのではないかと思います。

谷垣執行部には落選候補を切り捨てて、場合によればサンドバッグになっていただきたい。

「落選議員の声にも耳を傾け」などというのは、もういりません。

同じ落選でも惜敗率や対立候補の知名度、対立候補数や政党などさまざまな点を考慮し、どの落選議員にもう一度挑戦していただくと新執行部が決めるのか。手腕が試されるところだと思います。

賛同いただければ、クリック(人気ブログランキング) 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347523/21794591

谷垣総裁と党再生を参照しているブログ:

コメント

党三役が決まりましたが、見ていて、つくづく自民党に人材が居ないのだなあ、と思いました。
加藤紘一などを、予算委員会謙自民党筆頭理事に持ってくるなども、何を考えているんじゃいという感じです。

総裁選に出た西村氏は、最初はオドオドした感じでしたが、最後の方は、結構堂々とした受け答えになっていました。
若手は伸び代が有ります。

これからは、若手の弁の立つやつ(小泉進次郎などいいと思う)をピックアップして、民主党の言い分をどのように言い負かすか、事前にリハーサルをしておいて、野党として、生テレビで相手をコテンパンに言い負かす事を、やっていけば支持は戻って来ます。

私は谷垣氏を支持していました。

本来なら、西村氏のようなブルーリボンを付けた保守派の方を応援したかったのですが、仮に西村氏が総裁になった場合、野党党首とはいえ「中国」にとって都合の悪い人物ですので、報道機関から執拗な攻撃を受ける可能性があります。
今後については、おおいに期待しています。

その点、谷垣氏は「媚中派」という、問題点があります。
これは言うまでもなく困った事ですが、見方を変えると「谷垣氏は中国に利益供与するかも知れない」ので、現時点「中国」にとって都合の良い人物という事になります。
そういう人物を、報道機関が軽々しく叩くとは考えにくいのではないでしょうか。

加藤紘一氏の起用は…
谷垣氏の過去と人脈からいって、しかたないのでしょうか…
これは、嫌なのですが…

>八目山人さん

かつての派閥の長なので、とりあえず恩を返したということなのでしょうが、加藤氏を登用するなんて、本当に馬鹿げています。

自民党にも政界にも必要ない加藤氏ですが、民主党が対立候補を立てて来ないのでどうしようもありません。

平沼グループやみんなの党あたりが相当強力な候補をぶつけるぐらいしか、加藤氏を引退させる手がありません。

私などは、加藤氏は民主党から対立候補を立てられないように、自民党を批判しているのではないかと思っています。

西村氏はこれからもっと積極的に活動すべきですね。
中川昭一氏、島村氏、中山氏などが留守の間、西村氏あたりに頑張って頂かないといけません。

小泉進次郎氏は良いですね。
話し方、間の取り方など父親のいい所を受け継いだと思います。
政策面では父親よりもっと保守的であってほしいですが。

>青二才さん

----------------------
加藤紘一氏の起用は…
谷垣氏の過去と人脈からいって、しかたないのでしょうか…
これは、嫌なのですが…
----------------------

できればこれは避けてほしかったですね。

「媚中派の谷垣氏でも民主党政権よりはまし」だと自分に納得させようとする保守派の気持ちを踏みにじる人事です。

谷垣氏は、衆院予算委員会の筆頭理事に加藤紘一氏を充てる案を、BS放送の番組にて明確に否定した様子です。(毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091002-00000004-mai-pol

一方、9月30日には加藤紘一氏の起用を固めた、との記事があります。
(二階氏の記事内に記載あり。毎日新聞)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090930-00000110-mai-pol

単なる誤報なのか、報道機関による恣意的なものなのか、あるいは記事に指摘されているように党内での調整がうまくいかなかったのか、もしくは別のポストを用意しているのか、判断がつきかねます。

まあ、これから明らかになっていくことでしょう。

>青二才さん

加藤氏の起用には猛烈な反対があったのではないでしょうか。

何にしても、加藤氏が起用されなくて良かったです。

コメントを投稿

つぶやき