フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« 鳩山虚偽献金一家を政界追放せよ | メイン | 12月20日のたかじんの委員会は必見? »

2009年12月15日 (火)

民主政権下で亡国へ突き進む日本

民主党は越えてはいけない一線を越えてしまいました。
天皇陛下と中国の習近平国家副主席の会見をゴリ押しするという行為は決して許されない。

MSN産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091215/plc0912150007001-n1.htm
引用開始---------------------------------
宮内庁、外務省…広がる懸念 「亡国」批判も 天皇特例会見問題

 民主党の小沢一郎幹事長は14日の記者会見で、羽毛田信吾宮内庁長官に辞任を迫るという激しい反発をみせた。宮内庁だけでなく、外務省にも今回の決定への強い懸念が広がる中で小沢氏が、異論を封じ込めようと、強気の姿勢を示したようだ。

 複数の日中関係筋の証言によると、鳩山政権は、中国側の度重なる申し入れに逡巡(しゅんじゅん)し、それでも抵抗できなかった。こうした対応に外務省関係者からは「外交では筋を通してほしい」、宮内庁幹部からも「問題を安易に考えている」と強い批判が出てきた。

 実は、政府は11月30日、正式に中国側に「会見は無理」と通告した。「1カ月ルール」と、75歳と高齢の陛下のご健康が万全とまではいえないことが理由だった。

 ところが、駐日大使館を中心とする中国側の巻き返しが始まる。政府・民主党だけでなく、野党・自民党の中曽根康弘元首相ら中国とパイプの太い政治家らにも「なりふり構わず」(外交筋)働きかけた。

 「日本が一度断れば、中国が必死に動いてくることは分かっていたことだ。なのに、鳩山政権は中国側の動きに動揺してしまった」

 別の外交筋はこう解説する。中曽根氏ら自民党の政治家は「われわれが『ルール破りはダメです』と説明したら理解してくれたが、民主党側は、まるで中国の走狗(そうく)となった」という。

 平野博文官房長官は12月9日、首相官邸を訪ねて重ねて会見実現を求めた中国の崔天凱大使に「陛下の体もあって大変厳しい」と明言を避けていた。だが、翌10日には小沢氏ら民主党議員143人の訪中団出発が控えており、結局、同日中に宮内庁長官に2回目となる指示を出し、宮内庁を押し切った。

 「官房長官から内閣府の外局である宮内庁の長官へという指揮命令系統を使ったということは、実質的に陛下に直接指示するのと同じだ」

 宮内庁幹部はこう指摘する。また外務省幹部の一人は、一連の政府・民主党の動きをこう言い切った。

 「亡国政権。小沢氏の意向が背後にあるのだろう」

 外交当局が、ときの政権を「中国の走狗」「亡国政権」とまで形容するのは極めて異例だ。

 一方、政府筋は14日、「前政権のルールは知らないし、報道に違和感を持っている」と語った。陛下の政治利用の重大性や外交の継続性は見えなくなっているようだ。(阿比留瑠比)
引用終了---------------------------------

相手国が大国であれ小国であれ、友好国であれ反日国であれ、資本主義国であれ共産主義国であれ、基本的に1カ月ルールを厳格に適用すべきです。

特に今回のように相手国が無理強いして来るならば、なおのこと拒否すべき。

自民党政権下で1度だけ特例があったが、その時のわずか1日切っただけだった。

それもタイの上院議員が大地震直後の訪日という特殊事情があったようで、今回の例とは比較にならない。

今回の特例はどう見ても、小沢大訪中団と無関係とは思えない。

小沢氏の訪中と天皇陛下のお体と一体どちらが大事なのか。

産経の記事によると政府筋は14日「前政権のルールは知らないし、報道に違和感を持っている」と語ったそうだが、1カ月ルールが出来たのは1995年の自社さ政権下だそうで、その時の新党さきがけの幹事長が鳩山由紀夫という議員だったらしい。

このような民主党の天皇陛下に対する不敬な振る舞いにもかかわらず、日本国民が民主党を支持し続けるというのならば、日本が亡国の道へと直走ることをもはやとめられないではないかと思います。

賛同いただければ、クリック(人気ブログランキング

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347523/22616027

民主政権下で亡国へ突き進む日本を参照しているブログ:

» 曲げられない女 曖昧 日本テレビ (曲げられない女 最新情報)
クラス対抗30人31脚を即刻廃止すべきである6つの理由 - 女教師ブログ 5段は何か曖昧、特に「チームワーク」「協調性」の指す部分が曖昧に感じます。 ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― >3. 児童の身体発達にとって、害悪ですらあります>4. 普通の徒競走にくらべ、きわめて大きな危険性がありますおっしゃる ...... 個々 の意見を尊重するのは大切ですが多数決のルールを曲げてまで参加しない結論へと導くのはどうなのでしょう?仮にそうしてしまった場合、それ... [続きを読む]

コメント

こんばんは。

火消しがしたいのか、前原氏が「元首相なので、自民党から要請が官邸に届いたのであって、われわれがルールを曲げたわけではないと聞いている」と言っていますね。

前原氏はルールを曲げたという認識なんですね。

しかし小沢氏は会見で「30日ルールって誰がつくったの?知らないんだろ、君は。法律で決まっているわけでも何でもないでしょ、んなもの」と吐きました。

こんなところでも閣内不一致ですか・・・。


>橘さん

前原氏の言う「元首相」はネットでは中曽根元首相なのではないかと噂されています。

仲良しの胡耀邦氏のために首相としての靖国公式参拝を取りやめた中曽根氏なら一見やりそうなことです。

保守支持者の中で、中曽根氏のことを「大勲位」ともてはやす方々が居られますが、こういう方こそ要注意だと思います。

その中曽根氏は、外交筋が『ルール破りはダメです』と説明したら理解したそうなので、前原氏の言う「元首相」が中曽根氏ならば「われわれがルールを曲げたわけではない」という前原氏の伝聞は責任転嫁も甚だしいです。

前原氏は元首相が誰であるのか、どういう働きかけがあったかを明らかにすべきだし、明らかに出来ないのであれば発言を撤回し曖昧な情報を流布した事を謝罪すべきです。

2ちゃんねるで「前なんとかさんは、メール事件から何も学ばなかった」などと呆れられるのも当然だと思います。

宮内庁長官が会見で「再度、総理の指示ということで(官房長官から)話があり、大変、異例ではあるが、曲げて陛下に会見をお願いした」と語っているので、元首相からの働きかけなどが仮にあったとしても宮内庁にルールを曲げさせたのは平野官房長官であるし、官房長官に強く圧力を掛けた人物です。

官房長官に強く圧力を掛けた人物は既に多くの国民にバレているようですが。

コメントを投稿

つぶやき