フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

選挙2010 Feed

2010年7月12日 (月)

選挙の感想と千葉法相辞任要求

参院選の結果が出たようです。

獲得議席数は多い順に
自民:51
民主:44
みんな:10
公明:9
共産:3
社民:2
改革:1
たちあがれ:1
となり、国民新、創新、女性、幸福は議席がとれなかった。

マスコミは「民主大敗」と報道している。
では自民が大勝したかというと、そうでもない。
確かに選挙区では大勝したが、比例区での獲得議席数は民主よりも少ない。
比例議席は民主16に対して自民12で負けている。これで「大勝」というのは少し違和感を感じます

選挙区では自民党候補に期待するものの、政党に対する支持はまだ自民より民主の方が上だという事です。

自民は比例の政党別得票率を真摯に受け止めて、次の選挙までに政党としての支持率を高める必要があるのだと思います。

私の住んでいる兵庫は改選数2で、民主と自民が1議席ずつ分け合っている。

比例区では事前に宣言していたように、自民党の宇都氏に投票しました。

末松氏は当然として、宇都氏も見事当選を果たしたので良かったです。

比例区で残念だったのは民主党の白氏が当選してしまったこと。

ぜひとも落選して欲しかったのですが、今の比例区の選挙制度ではいかんともしがたい。

選挙区では、山梨で輿石氏が当選してしまいました。

宮川氏もあと一歩のところだったので、残念です。

今選挙の民主大敗という良い知らせの中でも、特に良かったのは神奈川で千葉法相が落選したことです。

反日思想家でしかも、現役閣僚である千葉氏が落選したことは実に結構な事です。

菅内閣はこの落選した千葉氏を民間人閣僚として続投させるつもりだそうです。

この対応には強く反対します。

これまで竹中平蔵氏、大田弘子氏など経済担当の民間人閣僚が何人もいます。

その他にも環境や外務で民間人閣僚となった川口順子氏も居ますし、過去には何人も民間人の法務相が居ます。

なので民間人閣僚自体には何ら疑問はありません。

民間人閣僚は時の首相が、特定の分野で秀でている方を見込んで、抜擢するものです。

一方国会議員である閣僚は、議員の中でその分野に明るい方が任命されるのであって、選ばれ方のプロセスが全く違います。

千葉氏の場合は弁護士なので、国会議員の中では法務に明るい方なのでしょうが、弁護士である国会議員も多く居ますので、その中で秀でているというほどではない。まして民間人で千葉氏レベルの弁護士は腐るほどいる。

議員ではなくなった単なる弁護士の千葉氏に法務相をやってもらうほど日本は人材に困っていない。

まして現役法務相でありながら、選挙に落選したということは千葉氏自身が法務相として評価されていないという事でしょう。

千葉氏が法務相に適任であって、その働きが評価されているのならば、落選などするはずが無い。

もっと言えば、法務相としての仕事振りに「NO」をっ突きつけられたのであるから、その席から退いていただいて当然だと思います。

それでも千葉氏を法務相に留めたいならば、菅首相は内閣を守り解散でもして国民に信を問うべきだろう。

千葉氏よ、プライドがあるなら法務相の席にしがみつかずに、いさぎよく法務相を辞任せよ。

まあ、他人に厳しく自分に甘い左翼ならば、惨めに居座るだろうが。

よろしければ、クリックを(人気ブログランキング)

2010年7月 6日 (火)

参院選 投票予告

参議院の選挙期間中なので特定の候補についてああだこうだという事は控えています。

どの政党に投票するか、誰に投票するかは、国民一人一人が考えることだと思いますので、しっかり考えて棄権することなく投票していただければと思います。

ブログで特定の候補への投票を促したり、特定の候補へ投票しないことを促したりするのは公選法に触れる可能性がありますので、控えますが、私自身誰に投票するかという事は述べても構わないのではないかと思います。

要は「投票予告」です。

私の住む兵庫選挙区は改選数2で次の方々が立候補しています。
井坂信彦(みんなの党)
末松信介(自民党)
堀内照文(共産党)
水岡俊一(民主党)
高木義彰(幸福実現党)
吉田愛弥(新党改革)
三橋真記(民主党)

私は末松信介氏(自民党)に投票する予定です。
たちあがれ日本が候補を立てていればもう少し悩んだのかもしれません。
井坂信彦氏、吉田愛弥氏についても少し調べましたが、どう考えても今回は末松信介氏でした。

悩んだのが比例区です。
まずは自民党かたちあがれ日本か。
たちあがれ日本ならば、中山成彬氏あるいは杉村太蔵氏に入れてあげたい。
でもやはり自民党にします。
では自民党の中でも誰に投票するのか。
そして宇都隆史氏に決めました。

正直言って知名度は低いと思います。
私も誰に投票しようか調べていて知りました。

元航空自衛隊1等空尉。

HPにある「一問一答」が私には響きました。

質問1:なぜ自衛隊を辞めたのですか?
>「緊急事態は国会ではなく、現場で起こってるんです!」

質問2:どうして自民党から出るのですか?
>「真に国益を考え、保守再生に集う仲間こそ、本物の同志です!」

質問3:どのような政治をしたいのですか?
>「国家の安全と、生活の安定と、国民の安心が政治の使命です。」

質問4:憲法改正について、どう思いますか?
>「現行憲法の改正ではなく、自主憲法の制定を目指します。」

質問5:日米同盟は、今後どうあるべきだと思いますか?
>「当面は緊密な同盟関係を維持しつつ、現行条約の片務性を解消し、対等な同盟関係を築けるよう法整備を進めるべきです。」

質問6:首相(国会議員)の靖國神社参拝について、 どう思いますか?
>「国家のために命を捧げられた英霊に感謝と哀悼の誠を捧げることは、国民として最低限の礼儀です。」

質問7:永住外国人に対し、地方参政権を与えることに賛成ですか?
>「反対です。そもそも憲法違反ですし、日本の(地方の)未来を決定する権限は、日本人のみに委ねられるべきです。」

質問8:選択制夫婦別姓には賛成ですか?
>「大反対です。日本の伝統的共同体の枠組みを壊しますし、この法律を望んでいる人はごく少数派に過ぎません。」

質問9:道州制と地方主権についてどのように考えていますか?
>「地方に権限を移譲する地方分権には賛成ですが、なぜ道州制が必要なのか疑問です。また、地方主権なる概念には反対します。」

質問10:日本の農業(食糧自給)やFTAついて、どのように考えていますか?
>「農作物のFTA化には反対です。自国の食農を守ることは、国防の要訣です。」

質問11:教育について、どのように考えていますか?
>「まずは教師が変わらねば、子どもを変えられません。」

質問12:消費税を増税すべきだと思いますか?
>「現状レベルの社会保障(年金・医療・介護・子育て支援)を保つのであれば、ご理解いただくべき必要な負担であると考えます。」

質問13:「子ども手当」を、どう思いますか?
>「少子化対策なのか、あるいは景気回復なのか、目的が不明確な政策です。」

質問14:高速道路の無料化には賛成ですか?
>「反対です。受益者負担が原則だと思います。」

質問15:地球温暖化対策としての、企業のCO2排出の25%規制は必要だと思いますか?
>「地球温暖化と炭酸ガスの相関性は、科学的に証明されていません。環境対策は必要ですが、根拠のない基準設定には疑問です。」

質問16:政治と金の問題に関して政党への企業・団体献金をどう思いますか?
>「基本的には反対です。企業や団体が政治家と癒着する政治腐敗を防止するために、強い規制があっていいと思います。しかし、候補者がお金の工面に困らないように、同時に選挙制度の改革も必要です。」

質問17:「事業仕訳け」を評価しますか?
>「パフォーマンスの要素が強すぎ、必ずしも良い制度であるとは思えません。」

皆さんも自分なりにこの国の行く末をしっかり考えて、投票してください。

よろしければ、クリックを(人気ブログランキング

つぶやき