フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« 国立の九州大が入試で男性差別 | メイン | 「首相が大馬鹿者であれば国は持たない」by鳩山首相 »

2010年4月 6日 (火)

左翼の化けの皮

中国で日本人死刑囚の刑が執行された。
これに対する日本政府の対応が試されている。

Serchinaより
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0406&f=national_0406_015.shtml
引用開始----------------------------------------
「日本人の死刑はやめて」―社民党・福島党首に非難の嵐=中国
2010/04/06(火) 12:37   

  中国当局は6日、麻薬密輸罪で死刑判決が確定した赤野光信死刑囚(65歳)刑を大連市内で執行した。他の日本人死刑囚3人にも、近日中に刑の執行を行う予定。日本政府関係者は、遺憾だが干渉できないとの姿勢を示したことで、中国国内では好意的に受け止める声が多い。ただし、刑の執行に批判的な発言を繰り返したとして、社民党の福島みずほ党首(消費者・少子化対策担当相)には非難が集中した。

  中国のニュース・サイト「環球網」は1日付で、赤野死刑囚らに対する刑の執行に反対する、福島党首のコメントを紹介した。中国政府が薬物密売を防止するために死刑を執行するのは「やめてほしい」と述べたと伝え、赤野死刑囚について「日本人だから、中国の法律をよく知らなかったのだろう」と弁護する言葉も紹介した。

  同記事に6日午後0時20分までに寄せられたコメントは372件。ほぼすべてが福島党首を非難する内容だ。

  政党の党首ともあろう人物が、情けないレベルの考えを示したと驚いたり、日本人には、こんなレベルの人間も多いのだろうと結論づける書き込みもある。「日中友好の大局を考えれば、終身刑でもよかった」などの意見もあるが、極めて少数だ。

  福島党首の「中国の法律をよく知らなかったのだろう」との言葉を逆手にとり、自分も日本の法律は知らないから、日本によって殺人でも強盗でもし放題だと皮肉るコメントもある。

  記事自体も福島党首の発言には批判的で、見出しを「日本社民党の党首が麻薬密売人の減刑を要望、中国の法律を知らないのだろう」とした。(編集担当:如月隼人)
引用終了----------------------------------------

まず、この死刑執行についての私の感想は「止むを得ない」である。

そして福島消費者・少子化対策担当相の対応は不適切だと思う。

この死刑囚が例えば冤罪の可能性が高いであるとか、日中の政治的問題に絡んで死刑にされてしまったとか、民族弾圧や人種差別等々の可能性があるというのならば、助命嘆願すべきだと思う。

ですが、中国政府が中国の法に従い漢人であるかそれ以外の中国人であるかあるいは外国人であるかに係わらず公平に犯した罪に応じて死刑に処すと決めたのならば、日本から口を挟むことではない。

ましてや「日本人だから、中国の法律をよく知らなかったのだろう」などと死刑囚を庇うなどと言うのは見識を疑う。

福島氏をはじめ左翼の平和運動好きの方々はよく近隣諸国(中国や韓国など)の思いを勝手に慮る。

しかし歴史を知り本当に中国の事を慮っているのならば、アヘン戦争で苦しんだ中国が麻薬犯罪に手厳しく対応する姿勢も理解できるのではないか。

中国国内で日本人が死刑に処されるというこれまでにないケースが発生した。

福島氏は日本国内の死刑に反対している手前、この死刑執行にも意を唱えるべきか、あるいは信奉する中国のすることだから知らぬ顔をするべきかと考えたのではないか、その上で「日本人だから」などと語ってしまったのだから愚か者以外の何者でもない。

普天間基地の件等々、福島氏は入閣してから、これまでの自分達の主張である「理想」と政権運営という「現実」の中で自己矛盾にさらされているのではないだろうか。

理想や建前のパッチワークでは政権運営はできない。
どこかに矛盾が発生するというか至るところに矛盾が生じる。

普天間基地を国外へ移すという左翼にとっての理想は現実には不可能で、沖縄県外への移設も不可能に近い。

子ども手当てにしても、実際には財源がない。

左翼には政治は向いていない。

反政府として不満を訴え続けるしか左翼の出来ることはない。

政権内部でその事を嫌と言う程経験しろ。

日本国民にとっては民主党政権は、左翼の立ち居振る舞いをしっかり観察し、左翼の非現実性を知る良い機会なのではないだろうか。

よろしければ、クリックを(人気ブログランキング)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347523/23805808

左翼の化けの皮を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

つぶやき