フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« 2010年4月 | メイン | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

圧力団体民主党副幹事長 辻恵

小沢氏を援護するため、二度目の起訴相当の判断を出させないよう、検察審査会に圧力をかけたと疑われている民主党副幹事長が居る。

日本経済新聞より
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819A91E1E2E2E2878DE1E2E2E7E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO0195166008122009000000

引用開始---------------------------------
民主党副幹事長の辻氏、検察審事務局に説明要求
2010/5/30 20:02

 民主党副幹事長の辻恵衆院議員=大阪17区=が、資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件に絡み、小沢一郎同党幹事長を不起訴とした東京地検特捜部の判断の適否を審査する検察審査会事務局に、審査の手続きについて説明を求めたことが30日、分かった。審査会側に回答を拒否されたものの、中立性を阻害しかねない動きに波紋が広がりそうだ。

 辻氏は、接触の理由について「検察審査会の制度のあり方を検証するため、運用の実態などを知りたかった」と説明。審査に影響を与える意図を否定し、「事件の話は一切していない。政治介入という認識は全くなかった」と釈明している。

 辻氏によると、秘書が今月26日、東京の検察審査会側に電話したところ、第1検察審査会の担当者につながった。同日夕、辻氏本人が電話し、審査員に法的な助言をする「審査補助員」の弁護士の選出方法や、審査員が交代する際の手続きについて尋ねたが、回答は得られなかったという。

 陸山会の土地購入を巡る事件については、東京地検特捜部が21日、政治資金規正法違反容疑で再捜査していた小沢氏を再び不起訴としたのを受け、東京第5検察審査会による2度目の審査の行方に注目が集まっている。

 辻氏は弁護士出身で党の「司法のあり方を検証・提言する議員連盟」事務局長を務めている。ブログで第5検察審査会の1回目の議決について「(小沢氏を)魔女狩り的手法で葬り去ろうとするもの」と批判している。
引用終了---------------------------------

「司法のあり方を検証・提言する議員連盟」というのは、そもそも検察審査会が小沢氏について起訴相当の判断を発表した翌日に設置された議連で、はっきり言えば小沢氏の件について検察審査会に良いように居えば「睨みを利かせるため」悪く言えば「圧力をかけるため」にできたようなもの。

その議連の事務局長であり、党の副幹事長であり、小沢氏に近い議員がこのような問い合わせをすれば、普通に考えれば圧力と捉えられるでしょう。

「検察審査会の制度のあり方を検証するため、運用の実態などを知りたかった」などと言うのならば、小沢氏の件が片付いてからにしろ。

法律の素人ならいざしらず、弁護士でありながら「事件の話は一切していない。政治介入という認識は全くなかった」などと言う弁明は見苦し過ぎる。

こんな権力の横暴は許してはいけない。

名前は可愛いが顔も怖いし、やることも怖いおじさんには、しっかりわからせないといけない。

よろしければ、クリックを(人気ブログランキング) 

2010年5月27日 (木)

政権能力の問題ではなくベクトルの問題

民主党について日本国民の多くが思い違いをしているのでしょう。

例えば、
民主党は自民党より政権担当能力が不足している。
民主党も自民党とあまり変わらない。
などと言う方が多くいますが、このような認識ではまだまだ民主党政権の危険性はわかっていないといわざるを得ません。

具体的に言えば、
「結局辺野古沖に戻った普天間移転問題」
「初動が遅れた赤松農水相の責任問題」

これらは、鳩山首相や赤松農水相の能力だけの問題ではないし、能力以前にそもそもの政治思想の問題でしょう。

民主党という政党は革命政党です。

幹部に自民党出身者が多くいるので、政策面では自民党と大きな差は無いのだろうというのがそもそもの間違い。

こんな思い違いをしているので「自民党にお灸を据えてやらなければ」などという発想になり、民主党に投票してしまうのでしょう。

民主党は簡単に言えば、権力面は元自民党のお金が好きな連中に握られ、政策面は元社会党の左翼思想家に握られている。

要は55年体制の悪い部分を集めた政党だという事。

中国は共産党一党支配です。

我々まともな日本人から見れば、国民の生活など二の次で政党の事が第一の飛んでも無い政党です。
ですが一応中国を統治しています。

だから政権担当能力があれば良いという事ではないのです。

問題とすべき事は「国民を第一に思っているか」という事です。

普天間問題で民主党は日本国民の事を第一に考えているのでしょうか?

政権交代前は沖縄県民の思いを大事にしている振りをして、問題を引っかきまわして最終的には元の辺野古沖。
その間に、安全保障を心配する多くの国民の声は無視し、いまや沖縄県民の思いすら無視している。

赤松農水相の初動の遅れについてもそうです。

日本国民の事を思っていたならば、緊急を要しない外遊は中止していただろうし、その後責任問題を追及されても責任を痛感しているような雰囲気はまるでなし。

責任問題を除いたとしても、宮崎県民の無念の気持ちを察することができるならば、もっと真剣な面持ちになるでしょう。

必死の形相で訴えかける東国原知事の顔と委員会で半笑いで答弁する赤松農水相の顔を見比べれば、細かい経緯を知らない方でもどちらが県民(国民)の事を思っているか判りそうなものです。

おまけに酷いのが山田農水副大臣。
宮崎県の49頭の種牛の助命をばっさり拒否し、即刻処分せよと言う。
確かに法的には殺処分する事になっていますが、まだまだ殺処分しなければならない豚・牛がいっぱいいるのに、種牛の殺処分を殊更に急がせる姿が不自然でならない。

山田農水副大臣のHPの情報によると。
---------------------
○1972(昭和47)年 有限会社鬼岳牧場を設立。
将来は牛だけでなく、中国の青島から子牛を輸入して日本の食肉基地としての”大牧場”を志す。(数年後、牧場は売却)
---------------------
と書かれている。
これを元にネットでは、山田農水副大臣にとっては宮崎の種牛などどうでもいいのだろう、と推測されている。

子ども手当てについてもそうです。
日本に住んでいる外国人の子供に支給されることはまあ良いとしても、何故外国に住んでいる外国人の子供にまで支給することになるのか。法案審議の中で自民党議員からの指摘で長妻厚労相はこの問題に気付いていながら、それでも法案をごり押ししています。

到底、日本国民の生活を第一に考えているとは思えません。

民主党に期待している人は、恐らく、自民党がこれまで行ってきた政治の良い部分はそのままに悪い部分だけを直して欲しいと思っているのでしょうが、それは間違いです。
確かに民主党政権は自民党が行ってきた悪い部分の一部を改善していっているかも知れません。
ですがそれ以上に自民党が行ってきた良い部分もせっせと潰していっているのです。

自民党の目指す方向つまりベクトルと民主党のベクトルは同じ方向を向いていません。
下手をすると180%反対を向いているかもしれません。

民主党政権が行おうとしているのは「改善」ではなく「革命」です。

民主党政権になってすでに8ヶ月が経っています。

もうそろそろ国民は「政権交代により政治がよくなる」という理想ではなく、現実を見つめるべきでしょう。

私としてはこれまでの自民党政治のベクトルは大きくずれてはいなかったと思いますから、民主党のベクトルには乗れません。(勿論個別には失策と呼べるものもあったのだろうと思います)

しかし中には民主党のベクトルを支持する人はいるでしょうから、そういう方々は民主党を支持すれば良い。

「未熟」だとか「大して変わらない」などという誤魔化しを鵜呑みにするのではなく、今こそ国民は民主党とはどんな政党なのかを正確に受け止めてその上でどんな政権が望ましいのか考えるべき時にきているのだと思います。

事業仕分けなんてものは、無駄の排除でも何でもありません。
単なる無駄の付け替え、利権の付け替えに過ぎません。

微々たる無駄の排除のため、政権を交代させ、その結果、日米安保が揺らぎ、子ども手当てという税金のばらまきが発生し、狂った農水相の尻拭いのため大量の家畜を殺される。

民主党の言う無駄の排除のためにあまりにも犠牲が大きすぎるのではありませんか。

よろしければ、クリックを(人気ブログランキング)

2010年5月21日 (金)

ル~~ピ~~by丸川珠代

最近大活躍の丸川珠代議員。
衆院厚労委員会で丸川氏が叫んだ「この愚か者めが」がTシャツになって6月からネット販売されるという記事を今朝読んだところに、こんな記事が。

以前にも書いたのですが、元アナウンサーだけあって、良く声が通る。

良く通る声の高さで、ドスが効いてて、腹式なので声が大きい。
正に野次にぴったり。

鳩山首相が答弁の冒頭に前の発言者の話を受けて、軽く民主党議員から笑いを取った直後の絶好のタイミングで「ル~~ピ~~」と来たもんだから、効果抜群ではなかっただろうか。

首相に対して「ルーピー」などと野次をして欲しくはないのですが、2chやニコ動などで「GJ!」と評価される今の日本はどうしてしまったのでしょうか。

それだけ本来敬意を払われるべき首相自身が首相の威厳を失墜させてしまったということなのでしょう。

まあ鳩山首相は「ルーピー」を「愚直」と言い換えているのだから、悪口とは思っていないのかもしれません。

普段は被写体となった人には可愛そうな写真ばっかり掲載する産経新聞のこの記事の写真はいった何なのだろうか。

動画はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=tJz5Z8njGC4
「ル~~ピ~~」は16秒あたり

私はいまいち聞き取れないのですが、2:22あたりで民主党議員が丸川氏に「自殺しろよ、おまえは!」と言ってるそうなのです。

もし本当なら、「ちまちまやってもしょうがない」と言って家畜の大量殺処分をあっさり決めてしまう、命を大切にしない民主党らしい最低の野次だと思います。

よろしければ、クリックを(人気ブログランキング)

2010年5月17日 (月)

中川昭一氏が農水相ならば

鳩山内閣が漸く口蹄疫対応に動いた。

YOMIURI ONLINEより
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100517-OYT1T00612.htm
引用開始------------------------
口蹄疫被害で首相、1000億円投入を指示

 鳩山首相は17日昼、赤松農相と首相官邸で会談し、宮崎県で感染が拡大している口蹄疫(こうていえき)被害への対応として、2010年度予算の予備費から1000億円を充てるよう指示した。

 「口蹄疫防疫対策本部」の本部長も農相から首相に格上げし同日夕に会合を開く予定だ。

 首相はこれに先立ち、筒井信隆衆院農林水産委員長(民主)らと会い、家畜伝染病予防法の改正か特別措置法の制定を早期に検討する考えを明らかにした。また、自らの宮崎訪問も検討する意向を示した。

 平野官房長官は17日午前、農林水産省の山田正彦副大臣を長とする対策チームを編成、現地に常駐するよう指示した。

(2010年5月17日14時10分  読売新聞)
引用終了------------------------

まず皆さんの共通の認識を一言で・・・「遅いよ!」
で、1000億円で何をするのですか?

口蹄疫が確認されてから4週間。

鳩山政権がすべきことは、4週間後に金をばら撒くことではなく。
確認早期に、消毒薬をばら撒くことであったはず。
金があっても殺処分された家畜は帰ってこない。

宮崎県の特例対応で宮崎ブランドの種牛はひとまず6頭緊急避難したが、この6頭も感染している可能性がある。

もしこの6頭が感染していれば、宮崎牛は全滅。

口蹄疫感染牛が確認されたことを知りながら、それに関するミーティングをキャンセルして外遊に向かった赤松農相はこの週末もこんな行動をしている。

岐阜新聞より
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20100516/201005160912_10693.shtml
引用開始------------------------
山下氏事務所開き 民主「経験を仕上げる」
 2010年05月16日09:13 

 夏の参院選岐阜選挙区(改選数2)に民主党公認で出馬予定の現職山下八洲夫氏(67)の後援会事務所開きが15日、岐阜市神田町の円徳寺であり、山下氏が「衆院4期、参院2期の経験を仕上げのものにするため死力を尽くして頑張る」と決意を述べた。

 応援に駆け付けた赤松広隆農水相は「政権交代の是非を国民に示す選挙。農家の戸別補償制度などに続く改革を大胆に自信を持って進められるよう、現職の足場を固め、勝利に導いて」と呼び掛けた

(以下略)

引用終了------------------------

口蹄疫対策に全力を尽くした上で、応援に向かったのなら良いだが、週明け(つまり今日)に本部長を鳩山首相に挿げ替えられたということは、それだけ重大な事態であると、鳩山首相ですら理解し始めたと言うことでしょう。その前々日に選挙の応援をしている場合ではないと思う。

まともな精神ならば、たとえ格好だけでも口蹄疫の為に東京に残るなり、宮崎に向かったりすると思うのですが。

甚大な被害を被った宮崎県には、お金が必要でしょう。
ですが大事な家畜を殺処分にしなければならなかった無念な思いの蓄農家の顔を札束で叩くような新たなばら撒きを宮崎県民は快く思っていないでしょう。

そんなばら撒きの金でも、県民の為には必要だと理解している東国原知事は「民主党よ!ふざけるな!」の思いを必死で胸の奥に押し込んでいるのではないかと思います。

こんな対応が平気でできる民主党政権は牛馬にも劣る。
(こう言っては殺処分になった家畜に失礼な気がする)

何がジュゴンの海を守るだ。
何が沖縄県民の思いを守るだ。
何が国民の生活が第一だ。

民主党政権は命の大切さなどこれっぽちもわかっていない。

よく民主党政権を「未熟」などと表現する方が居られるが、とんでもない。

「人でなし」集団である民主党に政権を任せようと思ったこと自体が間違いなのだ。

口蹄疫がネットで話題になり始めた頃、「中川昭一氏が農水相ならば・・・」と言う発言があるのを見て泣きそうになった。

昭一氏も宮崎の惨状を憂いてあの世で泣いてかもしれません。

まあ民主党の目標が「日本の崩壊」なのでしたら、赤松農水相の対応は至極適切なのですが。

よろしければ、クリックを(人気ブログランキング)

2010年5月13日 (木)

酷いパフォーマンス

民主党の三宅雪子議員が、12日の衆院内閣委員会での強行採決の混乱で転倒し怪我をしたらしい。

産経のサイトに幾つか写真が載っている。

国会に車椅子で現われ、本会議には足を包帯でグルグル巻きにし、松杖で臨んだらしい。

骨折ではなく、捻挫でもなく、内出血と打撲で車椅子と松葉杖?

医者で「強打して痛い」と主張し、骨折や捻挫などでなければ医者は「打撲」と診断するのではないのでしょうか。

打撲で車椅子と松葉杖なら、日本国中、車椅子と松葉杖だらけですよ。

----------------------------
山岡賢次国対委員長が「かわいい美人の三宅さんを突き飛ばした。明らかな暴力行為だ」と自民党閣僚経験者を名指しして批判。
----------------------------

「かわいい美人の」はいらないのでは?

山岡氏の言いようならば、ではかわいくもなく美人でもなければ、突き飛ばされていいのか?ということ。

実際に、オヤジが打撲で車椅子と松葉杖を使っていたならば「馬鹿かお前は!」の一言で終わりでしょうが。

野党が暴力的だといいたいが為の酷いパフォーマンスだと思います。

山岡氏はまるで自民党の議員が三宅氏を突き飛ばしたかのように、言っているが、どうもそうではないようだ、自民党の議員が詰め寄ったのは別の男性議員に対してであり、その後ろに居た三宅氏が何故か当たられた方角とは別の方に倒れたようです。

ネットでは「当たり屋」などとも表現されていますが、動画を見る限り当たりもしていないように思えるし、まるでコントのように一拍置いて、ゆっくりとこけている。

わたしは、なんだかなあと思いますが、まあ実際に動画をご覧になって判断を。

三宅雪子衆院議員の転倒シーン
http://www.youtube.com/watch?v=7_OcQzSzvhI&feature=player_embedded

強行採決誤魔化しのためのパフォーマンスとも噂されていますが。

こんなくだらない事をブログに書いてしまっている私も術中にはまっているのかでしょか。

こんな子ども騙しはもうやめて欲しい。

よろしければ、クリックを(人気ブログランキング)

2010年5月12日 (水)

有名スポーツ選手の政界進出について

別にスポーツ選手に「政治家になるな」というつもりはない。

企業の社長、活動団体の代表、学校の先生や教授、評論家、弁護士、タレント、主婦、会社員等々、政治家になる前の職業は人それぞれなのですから、本人が真剣に政治家になりたいのならスポーツ選手でも大いに結構だと思います。

だが、政治家になるんだったらある程度政治について学んでからにすべきであり、特定の政党から「出馬しませんか」と声を掛けられたからと言って、その言葉にホイホイ乗るのはどうかと思います。

スポーツ選手だけでなく、この夏の参議院選挙には多くの有名人が出馬するようです。
有権者は、名前だけでなくその人の政策なり信念なりをしっかり比べて投票すべきだと思いますね。

そんな中、ネットで株を一気に上げた方が居るようです。

nikkansports.comより
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20100512-628657.html
引用開始-----------------------
Qちゃん民主要請拒否 スポーツ現場主義

 シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さん(38)が、今夏の参院選への出馬要請を断っていたことが11日、分かった。この日は北海道伊達市を訪れ、09年11月に発表した農業活動に初めて参加。同伴した関係者がQちゃんにも民主党からの要請があったことを明かした。10日には同じシドニー五輪女子柔道金メダリストの谷亮子(34)が民主党から出馬表明。スポーツ発展に尽力する考えは同じだが、高橋さんは「現場主義」を貫き活動をしていく構えだ。

 高橋さんは、現役を引退した08年後半から政党に関係なく、国政選挙への出馬要請を受けてきた。関係者は「今回も話はありました。ただ、政治の勉強をした人が国民の代表になるべきですし、以前からお断りしていますから」と出馬を断ったことを明かした。

 支持率が急降下している民主党が、水面下で動いていた。小沢一郎幹事長(67)ら幹部からの直接打診はなかったが、大物関係者を通じて出馬要請があったという。しかし、高橋さんは一貫した態度で拒否。00年にはシドニー五輪金メダル獲得で、国民栄誉賞を受賞している。そういった立場なども踏まえて「どこかの一政党の代表にはなれない」と要請を断ってきた。

 高橋さんはあくまでも現場主義を貫く。同じ金メダリストの谷の出馬について「びっくりしました」と話すにとどめた。「(私は)走っている時も現場が一番だったので、生活の一部の中という目線から現場でスポーツの発展などをしていければ」と意気込みを口にした。

 この日は早速、野口観光(北海道登別市)が設立した農業生産法人のぐち北湯沢ファーム「Qちゃんファーム」がある伊達市を訪問。現役時代から「食」に気を使ってきたため、自らの手で安心安全な野菜作りを広めようと、09年11月から取り組み始めた。高橋さんは「秋はどんな風に実がなるのかとワクワクします」と笑顔を見せた。

 今回は、授業の一環で訪れた地元中学校の生徒らとともにブロッコリーを植えるための苗作りに挑戦した。1つ1つを手作業で行い、愛情を込めて作る大切さを実感。生徒らとも「こんなに小さいんだね」と会話をしながら農業の楽しさを体験した。

 今後は野菜作りだけではなく、収穫時期にはマラソン大会などのイベントも行う予定。「マラソンでいうと、ようやくスタートラインを越えたあたり。これからいろいろな活動をしていきたいです」と力を込めた。6月26日には「Qちゃんファーム種まき記念日」に参加することになっている。【石井克】
引用終了-----------------------

----------------------
「今回も話はありました。ただ、政治の勉強をした人が国民の代表になるべきですし、以前からお断りしていますから」
----------------------
至極全うな答えですが、はっきりとこう答えるのは素晴らしいと思います。

----------------------
00年にはシドニー五輪金メダル獲得で、国民栄誉賞を受賞している。そういった立場なども踏まえて「どこかの一政党の代表にはなれない」と要請を断ってきた。
----------------------
この考えも素晴らしいと思います。

高橋尚子さん自身は決して今回出馬を表明した方々を批判するつもりは無いのでしょうが、結果的にその方々に鉄槌を下すことになったようです。

特に、議員になっても、五輪を目指すなどと宣い、「議員をなめてるのか」「五輪をなめてるのか」と悪評が一気に吹き出した方との対比はすごいもの。

とはいうものの、比例ならば当選してしまうのでしょうね。

ただし、「ふざけるな」と他党に投票する方も結構出てきそうな気がします。

よろしければ、クリックを(人気ブログランキング)

2010年5月 6日 (木)

宮崎県の口蹄疫被害が尋常ではない

宮崎県で家畜の伝染病である口蹄疫の感染が広まっている。

asahi.comより
http://www.asahi.com/national/update/0505/TKY201005050166.html
引用開始--------------------------------
口蹄疫の疑いの豚、新たに4例 宮崎・川南町とえびの市
2010年5月5日21時30分
   
 宮崎県は5日、同県川南町の3農場と、同県えびの市の1農場の計4農場で、新たに家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)に感染した疑いのある豚が見つかったと発表した。えびの市は県南西部にあり、鹿児島県と熊本県に隣接。同市で口蹄疫の疑いが持たれた家畜は、これまで牛のみだった。

 宮崎県によると、川南町の3農場では豚計5893頭を飼育。えびの市の農場では320頭の豚を飼育している。これで県内での口蹄疫の感染確定例・疑い例は、計23例となった。この4農場では計6213頭の豚が殺処分される。殺処分対象の牛、水牛、豚は計3万3985頭となった。
引用終了--------------------------------

最初の1例目の感染が確認されたのが4月23日。
2000年以来、10年ぶりの感染確認となるらしい。

それ以降、宮崎県では懸命に対策を施しているが、被害は拡大する一方。

他県と隣接する市で感染が確認されたのだからこのままでは、まもなく他県にも被害が及ぶのは確実でしょう。

連休であまりネットを使わなかったので、今日までこのニュースは知らなかった。

何故ニュース番組では大きく取り扱わないのか。

風評被害を恐れて報道を自粛しているとでも言うのだろうか。

宮崎県の畜農が壊滅的ダメージを受けないように、他県への広がりをとめるためにも、積極的に報道して、各方面の協力や、政府の積極的な対策を促すべきではないのだろうか。

政府の対応はひどいものである。

この件についてネットでは、比較的自民党寄りな宮崎県に対しての民主党の冷たい仕打ちではないかなどと囁かれたりしています。

もしそういう意図がないのなら、今回の政府の対応の遅さは致命的ではないかと思います。

政府の最高責任者である首相はこの件に関して現地視察はおろか、会見等でも口にせず、無視の状態。

直接の担当者であるはずの赤松農水相は4月30日から5月8日まで外遊している。

別にこの事で民主党の支持率低下を促そうなどとは思っていない。

普天間問題や外国人参政権など政治理念に係わり判断が分かれることと違って早急に対応すれば良いだけの話なので、しっかりやってもらいたい。

しっかり対応すれば宮崎県の有権者の中にも民主党政権を見直す者が出てくるだろうし、こう言っては何だが、農水相の留守に首相がリーダーシップを発揮すれば、首相の株も上がるでしょうし。

そんな民主党ですが。

スポーツ報知より
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100502-OHT1T00031.htm
引用開始--------------------------------
小沢幹事長、東国原知事と7日会談…宮崎入り参院選での協力要請

 民主党の小沢一郎幹事長(67)が7日、宮崎県の東国原英夫知事(52)と県庁内で会談し、今夏の参院選での選挙協力を要請する。複数の関係者が1日、明らかにした。この2人の会談は、小沢氏の幹事長就任後は初。

 鳩山政権は米軍普天間基地の移設問題や“政治とカネ”の問題を抱え、支持率は20%台まで低下。参院選でも苦戦が予想されている。この状況下、選挙を仕切る小沢氏が“剛腕”で、人気知事を取り込む作戦に出た。

 小沢氏は7日に宮崎入り。民主党県連を訪問し、幹部らと意見交換する。東国原氏との会談では参院選での選挙協力を求めるとともに、宮崎県内で発生した家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)の対策を話し合うとみられる。地方分権についてマニフェスト作りのアドバイスも求めるという。

 東国原氏は当初、鳩山政権に期待を示していたが、鳩山首相、小沢氏の“政治とカネ”の問題が噴出すると「国民への説明が足りない」と厳しく批判。昨年の衆院選では自民党から出馬要請を受けるなどしており、両者の関係は“水と油”ともいわれてきた。東国原氏は各党と前向きに意見交換していく方針だが、参院選で特定政党の応援や支援はしない意向を示している
引用終了--------------------------------

要は「口蹄疫対策で政府民主党に動いて欲しければ、選挙協力せよ」という脅しですか。

何故政府の役職についていない与党の幹事長と対策を協議しなければならないのか。

口蹄疫が大きな問題となっていることがわかっているのなら、小沢幹事長が宮崎入りする前に民主党政権の高官が積極的に対応に乗り出すべきではないのでしょうか。

よろしければ、クリックを(人気ブログランキング)

つぶやき