フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« ダブル選挙はありえるのか | メイン | 民主党は消費税増税で怠け者を生産する »

2010年6月16日 (水)

沖縄独立論は民主・左翼の選挙運動

昨年9月の政権交代直後という事は、民主党さえ方針転換すれば、まだ自民党政権下での辺野古への移設案で、進めれた時期です。

その後民主党が現行案を頑なに拒否し、他の候補地を決めないまま沖縄県民の感情が悪化してしまったわけです。

その昨年9月の政権交代直後に「基地問題はどうにもならない」「もう沖縄は独立した方がいい」などと語っていたという事は菅副総理(当時)は端から普天間基地を何とか移転させたいなどという考えがなく、安易に沖縄独立という左翼思想全開だったわけです。

こんな発言をしていた方が首相になったからといって手腕を奮って沖縄県民の理解を得て移設計画を進めるとは到底思えない。

民主党の喜納参議院議員がこのような話を暴露したのは何故か。

一言で言えば喜納氏自身の選挙対策です。

ここ数日のニュースによると民主党は7月の参院選で沖縄選挙区での候補擁立を断念し自主投票とすることに決めたそうです。

沖縄県民の感情悪化を受けて選挙区での当選は無理と判断したのでしょう。

しかし参議院現職議員で、今回改選となる沖縄独立論者の喜納氏は事情が違います。
この話を暴露し、菅首相と喜納氏なら将来の米軍追放や独立も有り得ると淡い期待を抱かせ、反米票、独立派の票、左翼票を集めるようとしているのだと思います。

そしてこの喜納氏の発言はあくまで沖縄県内向けのメッセージです。

今のところ全国紙では産経新聞以外は報道していないようですし、国会も閉会してしまいますから、沖縄県民とネット上の保守支持層以外はこの発言の存在すら知らずに参院選投票日を迎えることになるのだと思います。

さて沖縄独立論についてですが、沖縄の方々には申し訳ないですが、実現不可能な事だと思います。

保守派の中には、沖縄の独立自体が、中共の分断工作だとして断固反対する方が多いと思います。

私などは、もし沖縄の方々がどうしても独立したいという事ならば止むを得ないとは思いますが、現実として独立を望んでいる方は極少数でしょうし、独立によって絶対に沖縄は不幸になると確信していますので、沖縄は独立などと騒ぐべきではないと思います。

仮に○年○月○日を持って沖縄が独立すると日本政府が妥協したとします。

そうして沖縄は無事○年○月○日を迎えることができるでしょうか。

まず考えられるのは極東の平和維持と言う名の米軍駐留維持と将来の米国への組入れです。

無事米軍が退去したとしても、無防備となった沖縄には台湾あるいは中国が侵入してくるでしょう。

沖縄が独立するとして自国の軍備を整え得るのでしょうか。

沖縄の人口は140万人弱です。

これは私が住んでいる神戸市よりも少ないです。

台湾は2300万人なので沖縄の約16倍です。

中国は13.5億人ほどなので沖縄の約1000倍です。

経済力も同じほどの比率になるとしたら、中国はおろか台湾に対抗できる軍備すら整えることは不可能。

1国が侵入してくるだけならまだ良いほうかもしれません。

下手をすると中台米の複数国が侵入し戦火に荒廃する地になる可能性だってあります。

大昔のように他国と行き来するのに船で何日もかかるような時代ならたった140万人の新国家が誕生し、独立を維持することは可能かもしれません。しかし今の時代では到底不可能。

それでも、過去の苦い経験から一般県民が独立を夢見ることは、止めはしません。

しかし多くの情報を入手し、国や国民(この場合琉球や琉球民族といったほうが良いかもしれません)を守る使命を帯びた国会議員が、非現実的な「独立」を口にし、人々を扇動し、あまつさえ選挙に利用しようとすることは決して許されざることだと思います。

米国に基地返還を要請し合意を得たのは橋本龍太郎首相(当時)です。
返還要請をした経緯について当時、閣僚の田中秀征氏に聞かれて橋本氏はこう言ったそうです。
「沖縄の人たちが可哀そう過ぎるもん。戦争中も戦後も、われわれの犠牲になってくれた。できるだけのことをするのは当然だよ。言うか、言うまいか、眠れなかった」

沖縄に大きな負担を掛けていることを理解しつつ、平和を維持しながら、少しずつ負担を軽減していこうとしていく政治家達と、一般県民と同じ感覚で下手をすると平和も乱しかねない不可能な要求を叫び続ける政治家達のどちらに託すべきか。

沖縄の皆さんが判断すべきことなので、これ以上は述べませんが。

よろしければ、クリックを(人気ブログランキング)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347523/24445265

沖縄独立論は民主・左翼の選挙運動を参照しているブログ:

» 民主党沖縄ビジョンに忠実ですby菅直人 (すきま風)
 オイラ、スリーピング菅直人は鳩山・L・由紀夫以下だと思っている。  他国では右翼思想も左翼思想も国思う気持ちがベースにあるようだが、我が国の左翼は左翼に非ずで売国思想なんだな。そんな奴らが党員のほとんどで、根っからの反体制派がトップの民主党政権になってしまった。  さて、菅直人が「もう沖縄は独立した方がいい」と言ったそうな。 菅首相「基地問題どうにもならない」「もう沖縄は独立した方がいい」と発言 喜納参院議員が暴露 - MSN産経ニュース via kwout  ... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

つぶやき