フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« 日本が朝鮮にした恐ろしいこと | メイン | 橋下市長と安倍元首相の連携について »

2012年8月22日 (水)

結局侮辱発言に対して何もしない政府

読売新聞より
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120822-OYT1T00162.htm
引用開始----------------------
「竹島」対抗策、対立先鋭化は避けたい政府
----------------------

 政府は21日、韓国の李明博イミョンバク大統領の島根県・竹島への上陸などに抗議するため、日韓の政府間対話の一部を当面延期するなど対抗措置を具体化させた。

 韓国側に大きな打撃を与える措置は含まれておらず、対立の先鋭化を避けたいという考えもにじむ。政府は野田首相の指示で追加の対抗措置の検討にも入ったが、韓国側の出方を見極めたうえで判断する。

 野田首相は21日に開いた竹島の領有権問題についての関係閣僚会議で、「領土問題については毅然きぜんと対応するが、未来志向の日韓関係という目標を見失わず大局的見地に立ってやっていく」と述べた。

 会議では、各省から対抗措置となりうる多数の対策リストが示された。ただ、首相が「未来志向」の目標堅持を強調したこともあり、「まず韓国の出方を見極める必要がある」(政府高官)として公表されなかった。

(2012年8月22日08時12分  読売新聞)
引用終了----------------------

李大統領が竹島に侵入した事は許されざる事ですが、それより増して問題なのは李大統領が天皇陛下に対して行った誠に非礼な発言。

まずは李大統領に非礼発言を撤回・謝罪させることが第一。
合わせて韓国政府や韓国マスコミに「日王」の表現をやめさせること。

日本国民の怒りがただならぬと知った野田首相は、遅まきながら、遺憾の意を表明し、各省庁へ対抗措置を検討させた。

そして21日に閣僚会議を行った・・・・はずだ。

これだけ時間を掛けたのだから、さぞ具体的な効果的な措置を表明するのだと思っていた。

ところが、その結果がこれか?

全く話にならない。

韓国側に大きな打撃を与える措置が含まれていなければ何の意味も無い。

野田首相が対抗措置を決めない間に、韓国の外相までが、大統領の発言を問題なしとし、陛下にひざまづいて謝罪するべきだと非礼の上塗りをする。

野田政権の考えていることつまり野田政権の今回の問題の対応策はこれ。

-------------------------------------------
とりあえず「遺憾の意」と「検討中」で引き伸ばして、日本国民の怒りが収まるのを待つ
-------------------------------------------

そして、韓国大統領により陛下への非礼の先例を残し、以降の大統領にその悪しき先例が引き継がれていく。

今すべきは、日本が犠牲をはらっても、韓国に損害を与え、陛下への非礼は韓国への痛手に繋がることを韓国にわからせる事。

それが出来ないならば、野田首相は即刻辞職するべき。

野党は、野田首相を辞任させるために全力を注ぐこと。

そして我々一般人がすべき事は、この李大統領の非礼を国内外に広く知らせる事。

ローマ法王、英国女王よりも上席に位置する天皇陛下に対して、このような非礼をはたらく元首を戴く国があると言う事実を世界に知ってもらうべきだ。

韓国人にいかに愚かな事か気付かせるまで日本国民は怒りを納めてはいけない。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347523/29596141

結局侮辱発言に対して何もしない政府を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

つぶやき