フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

マスコミのまわりは高級カレーだらけ

カツカレー騒動追加です。

インターネットってすごいですね。
わずか数日でこんな情報が広まるんですから。

マスコミのビルに好んで出店している「レストラン アラスカ」の情報です。

レストラン アラスカ 大阪本店
 大阪府大阪市北区中之島3-2-4 朝日新聞ビル13F
   Lunch Course カレーライスコース 3,150円

レストラン アラスカ 日本プレスセンタービル店
  東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル10F
  牛フィレ肉のカツカレー&ライス 3,675円
  シーフードカレー&ライス 3,675円
  特選黒毛和牛のスペシャルビーフカレー 5,145円

レストラン アラスカ パレスサイド店
 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル9F

   ・・・毎日新聞社入居(毎日ビルディングが運営)
   極上、黒毛和牛のスペシャルカレー&ライス 5,040円
   (ランチセット)5,775円
  海の幸満載、シーフードカレー&ライス 5,040円
   (ランチセット)5,775円

朝日新聞に毎日新聞に日本プレスセンター。

マスコミ関係者がよく利用するから、お店がやっていけてるのですよね。
まさかマスコミ関係者は指を加えて前を素通りなんて事はないですよね。

政治家に庶民感覚を求めるが、あなた方マスコミは庶民ではないのですね。わかります。

高給取りのくせに、庶民づらして「我々庶民の感覚からして・・・」みたいな報道するの、もうやめてくれませんか?

安倍総裁のお友達って、どんな方が含まれているの?

昨日スタートした安倍自民党の役員メンバーについて、またもやマスコミが「お友達人事」と騒いでいる。

マスコミの皆さん教えていただけますか?

安倍総裁のお友達の皆さんにはどのような方が含まれているのでしょうか?

お友達・・・かなり漠然とした表現ですね。

同じ派閥ならお友達なの?

前の安倍内閣の閣僚だったらお友達なの?

政策が近ければお友達なの?

年代が近かったらお友達なの?

広く捕らえれば同じ党に属している議員なのだから、自民党の議員は皆お友達。

狭く捕らえれば皆政治をやっていく上で付き合っているだけなので、全員お友だちではない。

例えば、昔、根本匠氏、安倍晋三氏、石原伸晃氏、塩崎恭久氏で政策研究グループ「NAISの会」なんて結成していましたが、そういう観点からみれば石原氏もお友達ですよね。

もっといえば、議員会館の事務所が隣で交流がある民主党の前原氏もお友達です。

「お友達」なんてのは報道する側でどうとでもこじつけができる。

石破茂幹事長、菅義偉幹事長代行、浜田靖一国対委員長、高村正彦副総裁、細田博之総務会長、甘利明政調会長、鴨下一郎幹事長代理。

このなかで誰がお友達で誰がお友達でないのか。

執行部に選ばれた方以上に安倍総裁と親しい人はいっぱいいます。

たとえば、今回の総裁選で安倍総裁の推薦人となった次の方々

下村博文、甘利明、秋葉賢也、稲田朋美、今村雅弘、江藤拓、加藤勝信、河井克行、城内実、佐田玄一郎、柴山昌彦、新藤義孝、高市早苗、古屋圭司、有村治子、礒崎陽輔、世耕弘成、塚田一郎、西田昌司、松下新平

この中で役員に選ばれたのは甘利氏だけですが・・・

自分と思想の近い普段から交流があり腹を割って話ができる者を近くに配するのは当然だと私は思いますが。

お友達は駄目、論功行賞は駄目、グループ(マスコミが民主党の派閥を意図的にグループと呼ん分けていますから自民党についてもそれにあわせます)の力学で選んではだめ。

ならばどのように選べというのか。

マスコミは、安倍氏とまったく思想が違う、普段から交流のない方ばかりを選べとでも言うのか?

(まあ安倍氏に近いということは保守色の強い方が多いでしょうから、そういう方々を重用させたくないという考えもあるのでしょう)

もちろんイエスマンばっかりでは駄目なので、友達では無い方も重用するということも大事ですが、マスコミが親切心でお友達人事と批判しているとは到底思えない。「お友達人事」と書いてイメージを落としたいだけ。

むしろ、政権を奪取し組閣の暁には、マスコミや老害どもに逆らって敢えて政策面での実力のあるお友達ばっかりで組閣をし、きっちり成果を上げて欲しい。

(安倍総裁が自ら思うがままの組閣を行えば成果が出ないはずはないので、まったく心配はいらない)

麻生政権で成功した「ぜいたく」攻撃、前の安倍政権で成功した「お友達」攻撃。

ほんと進歩のないマスコミ連中。

国民はこの3年間で多少は成長しています。

どこからどう見ても、麻生氏、安倍総裁より、鳩山氏の方が贅沢なのに記事にならない。

自分の主義主張ばっかり押し付けて、一向にまとまらない「友達」どころではなく「犬猿の仲」ばかりの民主党。

自民党政権時と同じ方法で自民党を批判すれば、マスコミの報道が間違っていると国民に気付かせることになると思いますが。

馬鹿マスコミよ。

安倍総裁、石破幹事長に対して、政策面で挑むつもりは無いの?

保守は危険なんでしょ?

2012年9月28日 (金)

カツカレーブーム到来か

先日の自民党総裁選当日の9月26日。

安倍氏の陣営は東京・ホテルニューオータニで総決起集会を行った。

その総決起集会で支持者を前に、安倍氏がカツカレーを勢いよく頬張った。

験担ぎに「勝つ華麗」なんて日本ではよくある風景。

ホテルでの決起集会なので、ホテルのカツカレーを注文するのは当たり前のはなし。

それを馬鹿な毎日放送のレポーター「通常のカレーだけで3500円、カツを乗せると特別オーダーでもっと高くなるそうです」などと批判的に伝えたそうだ。

これがネットで話題となった。

私の見る限りその騒動は「高いカツカレーを食って庶民感覚からずれている」という安倍氏への批判よりも寧ろ「また『庶民感覚からずれている』攻撃をやりだしたか」というマスコミへの批判。

ところがマスコミはこの騒動さえも、安倍氏への批判の声が多いと伝える。

????

馬鹿マスコミはいいかげんにしろ。

麻生首相のときは『庶民感覚とずれている』とざんざん叩きまくって、本当に庶民感覚からずれている鳩山首相になるとまったくこの手の報道はせず、その後の菅首相や野田首相など首相就任後急に贅沢しだした首相さえも批判しなかったではないか。

それを一野党の総裁候補者(現総裁)に対して、待ってましたとばかりに『庶民感覚とずれている』と批判を開始するのは下品極まりない。

そもそも、民主党、自民党、その他の政党問わず、集会などでホテルをよく使うが、そこで皆で食事を取るというシーンはよくある。

準備が楽で、直ぐに食べれて、国民食と言っても良いくらいの「カレー」が出されるのは至極妥当な事。

おまけに総裁選の総決起なのだから「カツカレー」になるのはあたりまえ。

ホテルの「カツカレー」を食するのは誰が考えても自然の事。

そこを批判するマスコミがはっきり言って狂っている。

値段の話ではない。

この状況において、このカツカレーが妥当だと思えなかったのだとしたらこのレポーターこそ、常識がなく脳が腐っている。

その証拠に、石破候補の陣営も別のホテルで集会を開きそこでカツカレーが出されている。

自民党がおかしい?・・・いやいやそうではない

ほれこのとおり

「菅民主党がカツカレーで総決起大会20100914」
http://www.youtube.com/watch?v=qPi_GNPG4_I

菅氏の総決起大会は東京プリンスホテルだったそうだ。

東京プリンスホテルだったらよくて、東京・ホテルニューオータニは駄目なのか?

そうじゃないでしょう。

毎日放送は最初から安倍氏を批判するネタを探していて「カツカレー」に目をつけたのでしょう。

「決起集会ならカツカレーが出る」
「ホテルニューオータニなら結構の値段がするだろう」

そして3500円という金額を探してくる。

批判したいがためのレポート。

はっきり言って放送時間の無駄、総務省は毎日放送の放送免許を取り上げろ。

さてさて、こんなくだらないことで必死に安倍総裁を批判しようとしているマスコミ。

今回も5年前同様に安倍総裁を徹底的に叩いて邪魔をしようという考えなのでしょうが。

そう簡単にはいかないでしょう。

マスコミのネガティブキャンペーンはかつての半分も効果を発揮しないのではないか、あるいはネガキャンは逆に既にかなり落ちているマスコミの信頼を徹底的に落とすことになるのではないでしょうか。

5年前と世間は変わっている。

国民はテレビを見なくなった、新聞を読まなくなった。

電車の中で新聞を読む人がすっかり減りましたよね。

その代わり電車で見られているものはスマホ。

世間は新聞社やテレビの伝える情報の足らずをスマホを使って自分で補い。

するとそこでマスコミの嘘がばれる。

マスコミの嘘がどんどんばれていく。

マスコミの嘘をばらしていきましょう。

皆で「嘘をつくな」という声を発信していけば、人伝にネットをしない人にも伝わっていきます。

一人ひとりができる事。それは「あれは嘘ですよ」「あれは恣意的な情報ですよ」と自分なりに発信していく事です。

マスコミと戦っていきましょう。

ところで、安倍氏がカツカレーをほおばる絵を見て、皆カツカレーが食べたくなったようです。

空前のカツカレーブームが到来したら面白いですね。

2012年9月27日 (木)

日本人とマスコミとの最終闘争

昨日安倍晋三氏が自民党の新総裁に選ばれました。

政治について書かれている多くのブロガーが安倍新総裁誕生を記事にしているところを見ると、安倍氏への関心の高さを伺わせる。

「今度こそがんばってください」みたいな事を書かれている方が多いですし、普通に国民の中にもそう思っている方が多いと思います。

安倍氏自身も、これまで以上にそれこそ一所懸命に日本のため、日本人のために働く決意を抱いて居られると思います。

ところで私は「今度こそ」という言葉がすごく引っかかります。

前回の安倍政権については、全く失策はなかったし、当時の世論の中で安倍首相は最善を尽くされたと思います。

「今度こそ」ではなく「今度も」あるいは「前回に増して」です。

そこのところを安倍氏を支持する人は間違ってはいけないと思います。

安倍首相が何故1年で交代しなければならなかったのか。

それは一つには体調面ですが、もう一つにはマスコミによるネガティブ情報の嵐とそれを鵜呑みにした国民の無理解のために精神的に力尽きたのだと思います。
精神の疲れがもともと悪かった体調をもっと悪くしてしまったのだと思っています。

最近安倍氏の外交・防衛について期待されていますが、前回の安倍政権誕生前から、安倍氏の考えは大きく変わっていません。

戦後レジームからの脱却
教育改革
国防力強化
対中外交見直し
対韓外交見直し
靖国参拝

どれも、以前からの主張とそれほど変わっていません。

変わったのは安倍氏ではなく国民の方です。

当時「戦後レジームからの脱却」についてマスコミが批判し、国民も「よくわからない」と醒めた目で見ていました。

当時の安倍首相の「戦後レジームからの脱却」という掛け声に国民が呼応し、外交・防衛について安倍首相を後押ししていれば、今このような状況にはなっていません。

総裁選中、安倍氏はずっと、お詫びと反省の念を述べておられましたが、国民の方こそ安倍政権時の安倍首相の政策をもう一度見直し、その当時のマスコミの報道姿勢と国民の反応を思い起こし、反省すべき点を反省すべきだと思います。

安倍氏はマスコミにバッシングされる事を承知の上で総裁に、ひいては首相になろうと決断された。

ですが、国民がマスコミに惑わされない真実を見抜く目を持ち、安倍氏を支えなければ到底安倍氏ひとりでは、日本を良き方向へ導けません。

私は日本・日本人の最大の敵は「日本のマスコミ」だと思っています。

良き事も悪き事もありのままを伝えるのがマスコミの使命。

それを自分達の都合の良いようにマスコミが歪曲して伝えることが最大の問題です。

私達はまず、マスコミと戦わなければなりません。

安倍氏が総裁に選出されそうだという状況になってから、マスコミの安倍バッシングが再開されています。

今、「安倍の葬式はうちで出す」という安倍政権当時の朝日幹部の言葉が話題となっています。

朝日新聞によって安倍氏が潰されないよう、私達日本人が徹底して朝日をはじめとする反安倍勢力から安倍氏を守らなければなりません。

安倍総裁誕生とともに日本人とマスコミとの最終闘争が開始されました。

これは負けられない戦いです。

2012年9月18日 (火)

総裁選街頭演説

本日、たまたま元町(神戸)で仕事があったので、自民党総裁選の街頭演説を見てきました。

 

5人の候補が10:50から11:50に掛け演説を行うと山本一太氏のブログで見て知っていたので少しでも見れればと思って会場へ駆けつけました。

 

確か11:15か11:20頃到着したと思いますが、そのときは町村氏が演説されて居られました。多分既に後半だったと思います。

 

その後石原氏が登壇。

 

演説カーの垂れ幕が安倍、石破、町村、石原、林となっていましたので、見たかった安倍氏、石破氏はもう終わってしまったのだと思いかえりかけました。

 

演説カーの近くに山本一太氏が居られたので、聞き入って居られるところ申し訳なかったのですが、声を掛け「安倍先生にぜひ首相に成ってもらってください」とがっちり握手してきました。

 

その後、折角なので最後に5人そろって登壇するお顔だけでも拝見し帰ろうとしばし演説を聴いていると、林氏が終わって安倍氏が登壇。

 

Jimin


どうやら石破氏が最初、安倍氏が最後だったようで、思い込みで会場を後にしなくてよかったです。

 

石破氏がどのような演説をされたのかわからないですが、少なくとも石破氏以外の4人の中で、安倍氏は群を抜いていました。

 

演説の迫力、観衆の掛け声、拍手全てが違います。

 

贔屓目を差し引いても、安倍氏の意気込みと観衆の期待は他の方々と違ってました。

 

その後、候補者がバスに乗る前に握手する機会がありましたが、ここでも安倍氏に群がる皆さんの熱意が感じられました。

 

改めて思います。自民党は今こそ安倍氏を再登板させるべきです。

 

そして、山本一太氏にも安倍政権誕生の暁にはぜひとも、内閣の一員になっていただきたい。

 

自民党総裁候補は全員、神戸での演説のあと直ぐに帰京。

 

午後からの党の外交部会に全員参加との事。

 

野党であっても緊急事態に備えて演説を中止し急遽外交部会に参加する。

 

これが正しい政党のあり方です。

2012年9月13日 (木)

尖閣、竹島も入ってます! 「日本維新の会」ロゴ発表

こういうところが橋下市長のうまいところだと思います。

このような実際の地形に近い日本地図の場合、竹島は小さ過ぎて表現できない。

表現していても、判別できないほどだと思います。

それを敢えて、尖閣諸島も竹島も入っていますと強調する。

言葉で攻めるならば、このように徹底的にやるべき。

特に、韓国に対しては韓国が「わかった」というまで「竹島は日本の領土」である事を連呼するべき。

中途半端でやめるから、つけあがるのです。

日本政府はさっさと国際司法裁判所に単独提訴し、スワップの増額の延長を拒否し、韓国人に対するあらゆる優遇を廃止すべきだ。

ネットよく見かける、書き込みに「米軍による韓国兵の扱いマニュアル」というものがあります。本当に米軍にこのようなマニュアルがあるかどうかは別にして、韓国人と接する際にこれにそうべきだと思います。

【米軍による韓国兵の扱いマニュアル 】
1.韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。  
2.命令を聞かない場合は身体で解らせろ。
3.同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ。
4.理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。
5.身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。
6.相手を3才児と思い、信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな。

この際、国交断絶しても良いくらいです。というかぜひとも国交断絶すべきです。

2012年9月 4日 (火)

自民党長老のばか者ども

自民党総裁選に向けて各立候補予定者が動きだしましたが、ここに来てまたもやいわゆる「長老」たちが動きだした。

もういい加減にして欲しい。

長老たちが誰を応援する、誰を総裁にしたい、という思いは関係無しに、世間は「派閥」や「長老」が総裁選びに係わってくる事自体に嫌悪感を持っている。

長老たちが強く押す方が幾ら総裁に向いていようが、国民のためになる方であろうが、「長老たちが画策している」と国民に思われた時点で自民党にとってマイナスなのだ。

森義朗元首相。
あなたは次の衆院選には立候補しないのだからもう口を出すな。
キングメーカー気取りはもううんざり。

古賀誠様。
いつも最初は威勢がよく、最終的にうまく逃げる。
あなたの姑息な姿勢を、自民党に蔓延させるな。

青木幹生様。
とっくの昔に議員を辞めているのですから、もういいでしょう。

皆さん、はっきり言って邪魔。

日本には年配者や目上を敬うよき習慣があり、自民党内にもあなた方を手厚くもてなしてくれる方々も多いでしょう。

ですが、民主党のせいで、経済も外交もガタガタになっている今、あなた方の戯言に付き合っている暇はない。

安倍、石原、石破、谷垣、町村の5人でガチンコの総裁選を行うならば、それはそれで良いと思う。

ただ、町村氏は申し訳ないが、おそらく首相に首班指名されるであろう自民党総裁になるほどの人物でないと思う。

はっきり言って谷垣総裁以上に花がない。

本当に申し訳ないが、首相の座を取りに行く現段階では適任ではないと感じる。

山本一太参議院議員ははっきりと、長老がでてくる事を批判しているが、他の若手・中堅の皆さんももっとはっきり言うべきではないか。

つぶやき