フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月27日 (木)

第2次安倍内閣発足

昨日、第2次安倍内閣が発足した。

良く錬られた布陣だと思います。

理想を言えば、安倍首相と思想を共有する方のみで構成するのが一番良い。

ですが、党内の力関係、マスコミ対策、などを考えるとなかなかそうも行かない。

そして、参議院では、現状、公明党の議席を足しても過半数を確保できていない。

喫緊の課題は来年夏の参議院選挙までに経済対策などで成果を挙げ、参議院で自民党だけで過半数を超える事。

そのために、今回の内閣では妥協や一時封印しなければいけない場面も出てくる。

そういう事も考えての布陣ではないかと考えます。

例えば、外相、防衛相、農水相、厚労相、環境相などは必ずしも安倍首相と考えが一致してないかもしれないが、参院選まで無難にこなす人選や、安倍首相と距離置くグループの封じ込めのための人選ではないかと思います。

特に外相や防衛相に理想の人選をしてしまえば、即外交・防衛問題に取り掛からざるを得なくなってしまうので、首相に近い方ではなく、それでいて勝手に暴走しない方を当てたのではないか。

それでいて、中国・韓国や党内左派、マスコミに対して強い姿勢を見せるために、閣内に保守色の強い方を配置している。

麻生副総理・財務・金融相、新藤義孝総務相、下村博文文部科学相、古屋圭司国家公安委員長・拉致担当相、稲田朋美行政改革担当相など、それぞれ中韓への睨みと同時に霞ヶ関、マスコミ、日教組への対抗も意識しているのだと思います。

さらに言えば、小泉純一郎元首相の政務秘書官を務めた飯島勲氏を内閣官房参与に起用するなど内閣だけでなく、官邸の強化も計っている。

安倍首相は真剣にこの国を建て直し、改善していこうとしている。

かなり色々な方面に考えを巡らせているように思える。前回の政権時よりはるかに「したたか」、表現は悪いが「狡猾」

閣僚候補情報のリークも、情報の伝播状況の把握や、マスコミや世論の反応を見て、さらに他党への注目をもそぐ、したたかな作戦ではないのか。

参院選で過半数を取り、他党と協力して憲法改正の道をつけなければならない。

保守派の皆さんにはマスコミ報道に一喜一憂することなく、少なくとも参院選が終わるまでは安倍首相を信じきってもらいたい。

追伸
稲田氏がついに閣僚となった。
非常に喜ばしい。

2012年12月24日 (月)

稲田朋美氏の入閣を望む

自民党が衆院選で圧勝し、自民党単独でも過半数を確保しているので、安倍総裁が首相に就任することが間違いない。
そんな中、組閣の情報がどんどんでてきている。
安倍総裁は来年夏の参院選までの最大の課題は経済の立て直しと考えている。
そしてそれを期待している。
なので今回の組閣は経済・財政関連の閣僚に実力者を集め、それ以外の閣僚もその道のプロ、経験者を揃えて来ている。
そういう意味で今回は、サプライズ的な人事はなく、党内も、党外も納得する布陣になるのでしょう。
危機突破内閣=オールスター内閣となりそう。
そして半年間、民主党政権との違いをさんざんに見せつけ、頼れる自民党を国民に認識してもらった上で、参院選に勝利し、外交・防衛・憲法改正に手を付ける。
参院選で自民党が単独過半数をとり、維新、みんななど、改憲に賛同できる政党の議席数を合わせて3分の2を確保できるかどうかで、この国の将来が大きく変わってくる。
改憲の最大のネックである96条が改正できれば、真に自立した国「日本」の第一歩となる。
先の安倍政権は残念ながらたった1年の短命に終わった。
今回参院選までに経済を立て直し、参院選でねじれを無事解消できたなら、安倍政権は3~4年の長期政権になりうる。
安倍氏が4年間首相を務めれば、この国はそれこそ戦後レジームから脱却し、美しい国となれるのではないか。
そのために、保守支持層は安倍氏を信じ、ブレずにマスコミや左翼と戦っていかなければならない。
安倍総裁は、早期のネット選挙解禁の方針を打ち出した。
これに応えていかなければならない。
さてさて、安倍政権への組閣については、次々情報が出てきているので今更、「予想」などはやめておく。
しかし今回の安倍人事に一つだけ注文(願望)を申しあげたい。
稲田氏をぜひとも閣僚として入閣させていただきたい。
安倍氏の後も自民党が保守政党であり続けるためには、稲田氏は閣僚になるべきだ。
今回は例えば「国家公安委員長」などで構わない。
そして参院選後の内閣改造でより重要なポストへの横滑りを期待したい。
5年後、10年後の稲田首相誕生のために。

2012年12月19日 (水)

投票行動の4分類とこれからの政治

今回の衆院選挙、議席数をみれば自民党の圧勝だった。

ところがそう浮かれた話でもない。

実は投票率が過去最低で、自民党の獲得票数はむしろ惨敗した前回の得票数から落ちている。

これを捕らえて自民党が圧勝したのではなく、民主党が自滅しただけだと自民党の勝利に水をさす者達がいる。

今回投票率が低かった理由は偏にマスコミの直前の「自民圧勝」報道にある。

そういう意味で今回マスコミの対自民工作は成功したといえる。

マスコミの「自民圧勝」報道で、今回は自民にしておくかと決めかけていた無党派層を「無投票層」にしてしまった。

それでもはやり、自民党の各選挙区でのがんばりが小選挙区での圧勝につながり、マスコミが抑えきれなかった。

おそらくマスコミの事前の「自民圧勝」報道がなければ、投票率はもっと高くなり、比例での自民投票数も増えていたのではないかと思う。

日本人の政治へのスタンスと投票行動は4つに分類できるのだと思う。

いわゆる55年体制以降、ほとんど自民党が政権を握ってきた。

なので国民の考え方として

1 親自民
2 非自民
3 反自民
4 無関心(無党派)

という自民を中心とした考えしかないのだと思います。

反自民は自民の政策に真っ向から反対、代表的なのはかつての社会党。

非自民の代表は民主党や維新の会。

普段は自民党が政権を握っている。

そして自民党の政治に不満が溜まってくると、かつては反自民に票が集まった。

ところが反自民は自民党に反対するだけなのでまともな政治ができない。

だから社会党は凋落し今や無残な状態。

そして最近は非自民が期待される。

自民以外でもまともな政治ができるのだと国民が期待する。

ところがまともな政治が出来ず衰退する。

かつての細川氏から始まる連立内閣や民主党政権がその例。

そしてまた別の非自民に国民が期待する。

そんな政治が繰り返されている。

結局長年政権を担ってきた自民は色々な政策に関して落とし所を把握している。

非自民・反自民政権はその落とし所をひっくり返そうとするから、政治に行き詰る。

とどのつまり官僚の考えを把握し、官僚を強く反発させずに少しずつ改革していくしかない。

維新の会やみんなの党は面白い政党だと思う。

自民よりも過激に改革を訴えて、自民の政策を官僚の考えから少しずつ離れさせるのに良い薬になる。

自民が政権を握り、維新の会やみんなの党が官僚にジャブを打つ。

そして自民政権が落とし所をあるべき方向に少しずつずらしていく。

これから暫く、政治が面白くなるかもしれない。

2012年12月 6日 (木)

応援演説

Abe

本日12/6夕方 神戸三宮にて

すごい人、すごい活気、年配の方も、若い方も。

熱がこもった演説と要所要所で起こる拍手。

国民の期待があふれている。

この方に託すべき。

そのためには、マスコミの報道に浮き足だつのではなく、この方の人気を自分への人気と誤解せぬよう、各候補が全力を尽くすべき。

今回の選挙に関してはアンダードッグなんてあってはならない。

アンダードッグを期待するマスコミに敗北を認めさせるためにも我々はバンドワゴンに導くべき。

一応固有名詞は避けてみましたが・・・・

最後まで手を抜くことなく全力で戦え。

2012年12月 5日 (水)

総務省を糾弾せよ。未来の党の比例代表名簿問題

昨日、衆院選の立候補届け出で日本未来の党がもたついた。

普通は前もって確認する云々の話が出てきているが、確かに常識的には「選挙」という事の大きさから考えて、事前に確認を済ませ、当日は確認済みの書類を提出するだけと言う事。

まあ、制度的には事前確認が必須なわけではないので、当日に無事に届出が済むのであればそれでいい。

しかしここで、疑惑がでてきてしまった。

届出受付が午後5時まで。

戸籍謄本がそろっていない事を総務省職員に指摘され、急いで戸籍謄本を届ける。

午後5時にギリギリ滑り込んだ。

問題はこの先。

-----------------------------------
午後5時の締め切り後に東北、中国、四国の3ブロックで名簿が見当たらない事態に発展。午後6時前に森裕子副代表が総務省に乗り込み、職員らと押し問答になった。
その後、総務省は「午後6時ごろに受付の机の上や下で名簿は見つかった。手続き上、問題はない」(選挙課長)と説明。総務省側は否定したが、記者団からは「森氏らが持ち込んだのではないか」との疑惑まで上がった。
-----------------------------------

午後5時に締め切り、名簿が見当たらない。
午後6時前に森副代表が総務省にやって来る。
午後6時頃、受付の机の上や下で名簿が見つかる。

受付の机の上や下にあったものが、そんなに時間を掛けないと見つからないのか?
しかも森副代表が来てから見つかっている。

-----------------------------------
記者団からは「森氏らが持ち込んだのではないか」との疑惑まで上がった。
-----------------------------------

疑惑が持たれるのは当然だ。
産経の写真を見ると、森副代表は名簿捜索後見つかった受付に足を踏み入れたのではないのか?

もしそうなら、総務省の大失態であり、森副代表を会場に入れてしまった、受付の責任者は処罰されなければならない。

今更、未来の党の名簿を無効にする事はできないが、この問題は総務省を徹底的に追及しなければならない。

つぶやき