フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月23日 (火)

閣僚の靖国参拝と天皇陛下のご訪印

靖国神社の例大祭に合わせ安倍政権の閣僚が参拝し、首相が供物を奉納したことに韓国・中国が反発している。

例大祭初日の21日に参拝したのは、古屋国家公安委員長・拉致担当相と麻生副首相兼財務相。

例大祭前の20日には新藤総務相も参拝しているので3名の閣僚がこの時期に参拝している。

今日23日にはみんなで靖国神社に参拝する国会議員の会の面々も参拝する予定なので、それに合わせ参拝する閣僚はさらに増える可能性がある。特に稲田規制改革相などは自ら代表を務める伝統と創造の会の面々と参拝するのではないか。

マスコミはおそらく世間の反応を見て隙あらば日韓関係・日中関係悪化などと騒ぎ立てて安倍首相の支持率を下げようと画策している事と思います。

マスコミは中韓が靖国について日本を批判すると、必ずと言って良いほど、中韓との関係が拗れて国益を損なうなどと日本政府の軟化を促す。

中韓政府が靖国について批判し、日中首脳会談、日韓首脳会談が開催されなければ、日本の国益はそんなに損なわれますか?

小泉政権当時も、今もそうですが、日中首脳会談、日韓首脳会談が開催されなくとも何も困らない。

その事は多くの国民も感じている事でしょう。

マスコミが騒げば騒ぐほど「マスコミが言うほど問題ないよね」「反日国とは無理に首脳会談を開催しなくてもいいんじゃねえか」と思う人が増えているのではないかと思います。

そんな中、菅官房長官が昨日、記者会見である事を発表した。

天皇・皇后両陛下の年内でのインドご訪問を調整しているという。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130422/k10014099021000.html

ご高齢の両陛下に海外へ長旅はあまりお願いするものではないと思いますが、このインド訪問は日本にとってもインドにとっても非常に大きな価値があると思います。

天皇・皇后両陛下は即位前に何度かインドを訪問されていますが、即位後は初となる。

今まで昭和天皇の名代として今上天皇陛下が訪問したことはありますが、昭和天皇が訪問された事はないので、天皇陛下のご訪問自体がインドとの国交樹立60年経って初めてとなります。

天皇陛下のインド訪問が正式に決まれば、親日国であり何度も天皇陛下を招待しているインドは歓喜に沸き、大歓迎してくれるのではないでしょうか。

天皇・皇后両陛下にはやはり、大歓迎される国を訪問していただきたい。

さて、この突然のインド訪問検討の発表を知った韓国はどのように感じているでしょうか。

天皇陛下を侮辱し「謝りに来い」などと発言する国など訪問には値しない。

インドのように天皇・皇后両陛下を心をこめて招待してくれる国こそ、天皇・皇后両陛下がご訪問される国としてふさわしい。

天皇陛下のご訪印によって、日印は今以上にはるかに近くなる事は間違いがないです。

2013年4月12日 (金)

日朝戦争勃発?

北朝鮮の瀬戸際外交がギリギリのところまで来ている。

北朝鮮がミサイルを倉庫に入れたり出したり、あっちに移動してみたりと。

北朝鮮は、ハッタリではなく既にミサイル発射ボタンに指が掛かっている状態だと強がっている。

日本国内でも最近では撃てるなら撃ってみろという声が出てきている。

北朝鮮の瀬戸際外交に屈服するわけには行かないので、北朝鮮が本当に撃ってくれば反撃するしかない。

ところで北朝鮮がミサイルを発射するとして、その目標はどこなのか。

最初はソウルだとかグァムだとか言っていたのが、最近では日本の主要基地の名前を挙げだした。

もし現実になったとして、韓国に撃つのと日本に撃つのとでは、全く意味が異なってくるのではないか。

北朝鮮は既に、朝鮮戦争の休戦協定を破棄すると明言しているので、韓国に撃った場合は「朝鮮戦争」の再開に過ぎない。

ところが日本に撃った場合は「日朝戦争」という新たな戦争の開始となる。

この違いは実は大きいのではないか。

韓国に撃たれても、日本が北朝鮮に出撃することは無いだろうが、日本に撃たれたら自衛隊は北朝鮮を攻撃する。

金正恩にそれなりの知能があれば、日本に攻撃を加えるということはないと思うが・・・さてどうなるか?

韓国は北朝鮮からの攻撃の前に、経済問題で既に崩壊の危機ですが。

2013年4月 5日 (金)

「倒そうとしなくても小沢氏は倒れる」 小泉進次郎氏、平野氏支援に反対

小泉進次郎氏の意見は全くその通り。

民主党の参議院での議席を切り崩す目的で、本人に離党を促すためという事なら、自民からの支援という餌はありでしょうが、既に本人が離党を申し出て民主党が除籍すると決めた者をわざわざ自民が支援する必要などない。

平野達男前復興相は、東北の復興を推進できなかった責任があるでしょう。
自民党政権に代わって、復興が加速したと感じているところにわざわざ何で平野達男前復興相を支援する必要があるのか。

小泉氏が言うように、もう小沢氏なんて好きにさせればいい。
そもそも、平野達男前復興相は自由党から民由統合で民主党に来た議員ですので、信用できない。

自民党は堂々と独自候補を立てて、議席を獲得すればいい。

つぶやき