« 日中・日韓関係正念場 | メイン | 期日前投票 »

2013年7月 5日 (金)

自民がTBSの取材拒否

msn産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130704/stt13070423400012-n1.htm
引用開始---------------------------
自民、TBS取材拒否 報道内容に抗議
2013.7.4 23:39

 自民党は4日夜、TBSの報道内容が公平さを欠いているとして、党幹部に対する取材や幹部の番組出演を当面、拒否すると発

表した。6月の通常国会閉会に関する報道内容に問題があったとしている。参院選の選挙期間中に報道機関の取材を拒否するのは

異例だ。

 TBSは4日夜、「放送内容について自民党から抗議を受けたことは残念だ。引き続き理解を得られるよう努力する」とのコメ

ントを出した。

 党総裁・幹事長室名の発表文によると、TBSの報道番組「NEWS23」は6月26日の放送で、国会会期末の与野党攻防の

末に電気事業法改正案などが廃案となった経緯を報道した。番組には「廃案の責任が全て与党側にあると視聴者に誤解させるよう

な内容があった」と主張している。

 さらに「わが党へのマイナスイメージを巧妙に浮き立たせたとしか受け止められない」とした。
引用終了---------------------------

自民党執行部は良い仕事をしますね。

マスコミはこぞって「参院選の選挙期間中に報道機関の取材を拒否するのは異例だ。」などと書いていますが、選挙期間中だから

こそ報道内容に問題があると思えば抗議しなければいけない。

間違った報道を鵜呑みにした方の票が他の党に流れてしまうわけですから。

もっともマスコミは端からそれを狙っているわけですが・・・

さあTBSはどうするのでしょうか?

自民党幹部が番組に出演しないし取材も受けないとなると、自民党をニュースや番組で取り扱えない。

今回の選挙は絶対有利の自民党をどの野党が攻めて議席を伸ばせるかが焦点ですから、自民党幹部が出演しなければ、各党討論番

組をはじめ選挙に関する番組は一切成り立たない。弱小野党だけで面白い番組ができるわけが無い。
それどころか、投票日当日の選挙特番に甚大なるダメージを食らう。

選挙に勝利した自民党幹部のコメントやインタビューの映像が使えない。負けた野党党首のコメントだけでは番組にならない。

普段であれば、政党は少しぐらい問題があっても番組出演を認める。

番組に出ることでPRの場ができるから。

ところが選挙期間中は逆に、どの局でも選挙番組を放送するので、不都合な番組や局は切り捨てれば良い。

つまり、この選挙期間中は自民党にとってマスコミと対決し偏向姿勢を改めさせる絶好の機会となる。

そのターゲットとしてTBSがロックオンされた。

そしてTBSが抗議を受けたことで他局はあからさまに反自民に偏向した番組はできなくなった。

TBSを攻撃することで他のマスコミの動きも封じた。

なりふり構わず自民党を攻撃して、少しでも自民党の議席を減らそうという反日マスコミの目論見が外れた。

それでも自民党を攻撃したければすれば良い。

ネット選挙となって、選挙期間中であってもどんどん嘘が暴かれ、真実が広まる。

偏向マスコミは無理をするとそれこそネットから非難を浴びる事となる。

自民党は投票日当日までTBSと戦い、TBSの選挙特番をぶっ潰せ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347523/31696029

自民がTBSの取材拒否を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿