フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« 在日韓国人の本国批判 | メイン | はだしのゲン »

2013年8月13日 (火)

韓国は竹島で日本と戦争したいらしい

昨日の韓国のニュースです。

聯合ニュースより
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2013/08/12/0900000000AJP20130812002500882.HTML
引用開始--------------------------------

空中給油機導入へ 独島上空で90分戦闘可能=韓国
2013/08/12 17:23 KST

 【ソウル聯合ニュース】韓国の防衛事業庁は12日、海外から空中給油機を導入することを決めた。主力機のF15KとKF16戦闘機の作戦遂行時間を大幅に延ばす方針だ。

 韓国軍は1兆ウォン(約868億円)以上の予算を投じ、2017年から2019年に4機の空中給油機を導入する。来年10月に機種を選定する予定で、候補機種としてはエアバスのA330MRTTやボーイングのKC46・767などが挙げられている。

 空中給油機を戦力化すると、戦闘機の作戦時間が1時間以上延び、独島上空などでの長距離作戦が可能になる。燃料を満タンにせず、ミサイルなど兵器を搭載することで、攻撃能力も高まると期待される。

 独島の上空でKF16は約10分、F15Kは約30分しか作戦を遂行できないが、空中給油を受けると、KF16は約70分、F15Kは約90分作戦を行える。

 空中給油機は米国や英国、フランス、ドイツなど約30カ国が運用している。韓国より国土面積が小さいイスラエルやシンガポールなども保有している。2008年からKC767空中給油輸送機の導入を推進した日本は2010年に4機を配備した。4機を追加導入する予定だ。
引用終了--------------------------------

他国の話なので、空中給油機でもなんでも購入したければすればいいのですが、なぜ「独島の上空で云々」という話になるのでしょか。

日本人に危害を加え、韓国が強奪し実効支配している竹島ですが、日本国民のほとんどは、武力を行使しても奪還すべきなどという過激な考えを持っていない。

あくまでも、国際裁判所で平和的に解決したいと考えている。

そういう日本人の感情をわかろうともしないで、こんな記事がまかり通るというか、おそらく国民も同調する韓国って、本当に狂っている。

韓国にとって日本は敵性国家というのが、ありありと分かる記事です。

韓国は北朝鮮と休戦中なわけで、こんなお金があるのならば対北朝鮮の軍備に費やすべき、というか、とんでもない状況に進みつつある経済にお金を使うべきだと思うのですが。

そんなに日本と戦争がしたいのか。

日本国民は韓国と戦争をするつもりはないでしょうが、正直韓国のこのような態度が、善良な寛容な日本国民に反韓・嫌韓感情を芽生えさせ、増幅させるという事がなぜ分からないのでしょうか。

最近、「脱亜入欧」を唱えた福沢諭吉を賞賛する声が高まってきています。

脱亜とは言いませんが、少なくとも韓国とは完全に縁を切りたい。

日本マスコミはこのニュースを報道していないのですが、宣戦布告に近いこのような行動や、韓国マスコミ・国民の考えこそ、日本国民に伝えるべきだと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347523/31781193

韓国は竹島で日本と戦争したいらしいを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

つぶやき