フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

« 期日前投票 | メイン | 在日韓国人の本国批判 »

2013年8月 1日 (木)

麻生副総理の憲法改正に関する発言について

麻生副総理が憲法改正に関してナチスを引き合いに出したことが波紋を広めるかもしれない。

私の考えと合致するような意見があったのでまずそちらを紹介します。

草莽隊日記

麻生発言の揚げ足取りは反日国家を利するだけだ!
http://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/9d5021d6c589711f20748e17b683600c

2013-08-01 04:57:58

引用開始------------------------------------------
 日本が国家たらんとすることを許せない勢力が当然のごとく噛みついた。麻生副総理の去る29日の発言である。その発言の詳細をよく読んでみると、憲法改正がいかに難しいかを述べながら、実現の方法としてナチスを引き合いに出したのである。「僕は民主主義を否定するつもりはありませんが」と弁解しており、あくまでも例として挙げたのだが、日本のマスコミが、それを放っておくわけがない。そして、ここぞとばかり中共、韓国、さらにはアメリカのマスコミも攻撃してきている。安倍内閣を引きずりおろすには、第二次世界大戦の日独伊三国同盟の過去を思い出させ、それによって現在の日本を断罪する。それが中共や韓国の狙いであり、そこにアメリカの一部も加担しているのである。そのうちに日本は「ファシスト国家」のレッテルを張られ、日本に対しては、何をしてもよいことになり、中共の尖閣諸島侵略すらも、正当化されるようになるだろう。しかし、ナチスに近いのは日本ではなく中共である。漢民族絶対の中華思想が根本にあり、周辺の民族は蛮族でしかない。さらに、ヒットラーの「如何なる国といえども、他に優越せる権利をもって、土地を保有しているのではない。国境は人間の作れるものである。一したがって人間によって変更され得る」との言葉を実践しているのは、中共の方なのである。麻生発言の真意がどうかよりも、ナチスという言葉を使った段階で、袋叩きにされてしまうのである。日本はただ単に普通の国家を目指しているだけだ。憲法改正にしても、攻められたときに反撃できないのを、改めようとしているだけだ。いかなる攻撃にもめげず、日本は国家たらんと努力すべきだろう。その再建なくして日本の未来はないのだから。
引用終了------------------------------------------

麻生副総理はすばらしい政治家だし、お話も面白い、ただ、リップサービスが過ぎて、敵に攻撃の隙を与えてしまうのが難点だと思います。

発言自体は特に問題は無いが批判する目的以外で「ナチス」という言葉を出したら、その時点でアウトです。

人間はそれほど賢くないし、それぞれ時間もない。

だから世界の多くの人々は「ナチス」=「極悪」というイメージしかない。

麻生副総理があえてナチスの擁護をしたいというのなら別だが、そうでなければ触れないことだ。

麻生副総理は安倍内閣の一員なのだからそのあたりはわきまえていただかないと。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/347523/31757183

麻生副総理の憲法改正に関する発言についてを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

つぶやき