フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

社会・政治 Feed

2014年6月28日 (土)

河野談話検証

6月20日に政府は河野談話の検証結果の報告を発表しました。

この検証についてマスコミはあまり深く報道していません。
重大な発表であると認識していないというよりも敢えて避けているというような感じすら受けます。

セクハラやじのニュースを延々とやるよりも、この報告の内容と意図を伝える方がよほど重要だと思いますが、マスコミは重要だからこそ伝えたくないのでしょうね。

「河野談話の検証を行うが河野談話の見直しは行わない」という事前の政府のコメントを不思議に感じた方も多かった思います。私も第1段階として検証し、国民に周知させ「見直しが必要」との世論を待ってから第2段階で見直すと思っていたのですが、安倍政権の狙いはもっと深いところにあったようです。

その意図を 関西テレビの「アンカー」で青山繁晴氏が解説し、くっくりさんが文字お越しをしてくださっていますので、是非ともご覧いただきたい。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1579.html

安倍政権の狙いは、談話の内容が出鱈目という事は一旦おいておいて、実は談話の形成過程自体が大きな問題であり、韓国と日本の当時の政府間の談合でできたものだと指摘し、そのうえでその談合で今後いわゆる慰安婦問題を荒立てないという政府間の約束を韓国政府が一方的に反故にしたという事実を明らかにする事だった。

いわゆる「河野談話」ではなく「河野談合」だったと。

今回の安倍政権は戦後の日本の政権の中でずば抜けて優秀な政権ではないかと思います。

2014年6月10日 (火)

少子化対策への最善策は首都機能の移転

先月、増田寛也元総務相が座長を務める日本創成会議が行なった「消滅可能性都市」の試算公表は衝撃的でした。
そこで注目されたのが、2013年の転入・転出の差がプラス7万人でありながら、出生率が1.06の東京。

私の感想としては「東京=人口を減らし続けるブラックホール」でした。

その東京に対して、増田寛也元総務相はこんな事を言っています。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140609/lcl14060917440001-n1.htm
------------------------------------------------------
「消滅可能性都市」で注目の日本創成会議、増田氏が「東京の高齢者は地方へ」医療、介護対応できず
2014.6.9 17:44

 増田寛也元総務相は9日、人口減少問題をテーマに日本記者クラブで講演した。東京圏は高齢者の急増で、将来的に医療や介護に対応できなくなるとした上で「出身県に戻ったり、なじみの場所へ移ったり、人を外に出す対策を考えないといけない」と地方へ誘導する仕組みが必要と訴えた。

 増田氏は、若年層は地方から大都市への流出が続くとして、大学の地方分散や、国家公務員を地方に手厚く配置したりすることを検討するべきだと指摘。「(地方の住民の)東京に行かなくてはいけないという意識を変えられるかどうかも課題だ」と述べた。

 増田氏が座長を務める「日本創成会議」は5月、自治体の半数は2040年に若年女性が半減し「将来消滅する可能性がある」との試算を公表している。
------------------------------------------------------

増田氏も誤魔化していますし、政治家も、マスコミもはっきり言わない(言えない)。

国民の多くも既に気付いていることは、少子化対策の最善策は東京集中を減らす事。

物も金も人も東京に集中し過ぎた結果、東京は過密化で疲弊し、首都圏以外は過疎化や金不足で疲弊している。

東京の人・物・金を全国にうまく振り分ければ、すべてが好転する可能性が大いにある。

東京にとっても、その他の地方にとっても、平準化する事は良いことではないかと思う。

東京の人・物・金を減らすために最も効果的なのは首都機能の移転。

首都機能が移転すれば、人が流れ、物が流れ、金が流れる。

ではそれを拒んでるのは誰か、東京を離れたくない中央官僚であり、それを容認している東京都民である。

東京の繁栄・維持だけを考えていては、日本全体が先の試算のようになってしまう。

今こそ首都機能の移転を真剣に考える時ではなかろうか。


2014年3月10日 (月)

米国は狂ってる

正義面して、世界の警察気取りの米国。

さすがに日本に2発も原爆を落とし、一般国民を大量虐殺し、されにそれを正当化し、日本を降伏させるには原爆を落とすしかなかったかのような印象操作をする国。

プーチン大統領は核のかの字も口に出していないので、何故に突然「核」なんて話が出てくる。

「核を手にした悪い奴を止められるのは、核を持った善人だけ」なんて良く言えたもんだ。

ロシアを核で脅すのか?

世界の紛争を解決できない無能な民主党と善人面した戦争好きの共和党。

米国が世界で一番力を持っているというのが、この世界最大の危機のような気がします。

2014年2月21日 (金)

「格」を合わせるつもりが格を下げられた韓国

朝鮮日報より
================================================
韓国首相 「五輪外交」展開へ=ソチで要人らと会談

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭ホン原(チョン・ホンウォン)首相が20日、冬季五輪が開催されているロシア・ソチに向け出国した。
 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長やロシアのメドベージェフ首相と相次いで会談する。閉幕式に出席した後、24日に帰国する予定。


 当初、ソチ訪問の予定はなかったが、各国が活発に「五輪外交」を展開する中、韓国の影響力低下を懸念する声が高まり、急きょ訪問を決めた。


 開幕式には安倍晋三首相や中国の習近平国家主席が出席しており、18年の平昌冬季五輪開催国としても鄭首相が出席して「格」を合わせるべきだという指摘が出ていた。


 21日にはバッハ会長と会談し、政府として平昌冬季五輪を積極的に支援していく考えを伝える方針だ。


 メドベージェフ首相との会談では両国間のスポーツ交流拡大を話し合う。また、北朝鮮北東部の経済特区、羅先の羅津港とロシア極東沿海地方のハサンを結ぶロ朝物流協力事業への韓国政府としての協力策も話し合われる見通し。
================================================

ロシアとしてみれば、欧米諸国の首脳がソチ五輪の開会式参加を辞退する中で日本の首相が開会式に参加したことは大きな意義があったと思います。

日本からみれば2020年の東京五輪に向けロシアに貸しを作ったという事です良いことだと思います。

いわばWin-Winの関係。

逆にソチの次は韓国の平昌での開催が決まっているわけですから、韓国首脳こそソチの開会式に参加すべきであった。

それを辞退しておいて・・・ロシアからしてみれば今頃になってと呆れていることと思います。

その韓国ですが『「格」を合わせるべき』などといってます。

「日本が首相だったから韓国も首相で」という事で朴大統領ではなく鄭首相が出席するという事のようです。


一方ロシアの対応は・・・・

安倍首相の応対はプーチン大統領
鄭首相の応対はメドベージェフ首相


つまり

プーチン大統領=同列=安倍首相
メドベージェフ首相=同列=鄭首相

という事。

「格」を合わせるつもりがロシアによって格付けされてしまう結果に。

韓国はわざわざ「格」を取り上げて、安倍首相を蔑むつもりが逆に自国の首相を蔑むことになっていることをわかっているのでしょうか。

2013年10月17日 (木)

安倍首相、靖国参拝見送る 秋の例大祭、真榊を奉納

安倍首相は秋季例大祭には絶対に参拝しなければなりません。

私は安倍首相を強く支持する立場ですが、これはさすがに納得がいきません。

安倍首相は首相就任前の秋の例大祭に参拝しその後、正月にも、春の例大祭にも、終戦の日にも参拝していません。

そもそも、正月や終戦の日に靖国に参拝する必要はないと思いますが、春か秋のいずれかの例大祭には首相は参拝するべきです。

もともと靖国参拝に否定的な首相ならば、参拝する必要はありませんが、「国のために戦い、命を落とした英霊に尊崇の念を示すのは当然だ」と首相就任前から繰り返し言葉にし、前の政権時に参拝を果たせなかったことを「痛恨の極み」とまで表現する安倍首相がまたもや参拝することなく首相就任1年を迎えることはあってはならないと思います。

首相就任後に参拝できないのならば、端から靖国について言及すべきでない。

まさか安倍首相は首相在任中に1度だけでも参拝すれば良いなどと思ってはいないでしょうが、辞任する直前に参拝するのであれば何の意味もない。

国民に高い支持を得ている首相が、中韓の圧力に屈せず、外交と切り離して参拝する事に意義がある。

中韓に靖国について文句を言わせないようにするには、参拝が難しい時こそ参拝しなければならない。

保守派から大勲位などといわれている中曽根康弘元首相を私は評価していない。

なぜなら彼こそが首相の靖国参拝を困難にした張本人であるからだ。

安倍首相が靖国に参拝しないという事は、胡耀邦の共産党内での立場に配慮し参拝を中止した中曽根元首相と同じ過ちを犯すことになる。

中韓だけでなく政府内や米国からの圧力があるかもしれないし、ひょっとしたら参拝しない方が政権的には良いのかもしれないが、国民にとってはそんなことは関係ない。

我々は「必ず靖国に参拝する」という信念を持った安倍晋三を支持しているのであって、中韓米の顔色を伺って靖国参拝を中止する腰抜けを支持しているのではない。

2013年8月26日 (月)

潘基文に見る韓国人が嫌われる理由

国連の事務総長である潘基文氏が、訪問先の母国韓国で日本批判。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130826/erp13082612580001-n1.htm
msn産経ニュースより
引用開始----------------------
国連事務総長が日本に異例の注文 「歴史顧みること必要」 韓国訪問し
2013.8.26 12:56

 韓国を訪問中の国連の潘基文事務総長は26日、ソウルの韓国外務省で記者会見し、歴史認識問題をめぐり日本と中韓との対立が深刻化していることについて「日本政府と政治指導者は自らを深く顧みて、国際的な未来を見通すビジョンを持つことが必要だ」と述べ、日本政府に注文を付けた。

 具体的な点には言及しなかったが「侵略の定義は定まっていない」とした安倍晋三首相の発言などを念頭に置いているとみられる。国家間が対立する問題で、国連事務総長が一方の態度に問題があるとの認識を強い表現で示すのは異例だ。

 潘氏は、歴史認識を正しく持つことが未来志向的な隣国同士の友好関係につながるとの認識を示しながら、日本政府を名指しして態度変化を促した。潘氏は韓国の外交通商相などを務めた。(共同)
引用終了----------------------

こういう事を日本人が一番嫌うという事を理解できないのでしょうね。

そして日本のマスコミはどういう気持ちでこのニュースを伝えているのでしょうか?不思議でたまらない。

まさかこの報道で日本人が「日本が歩み寄るべき」と考えを変えるとでも思っているのでしょうか。

韓国政府や韓国人がこの先も日本と交流していくつもりならば、国家を挙げてまじめに日本人の考え方について研究したほうが良い。

韓国前大統領の竹島上陸と天皇陛下侮辱発言以降、多くの日本国民は韓国人を懐疑的に見ている。

韓国人が変わらない限り、日韓関係の修復はない。

私としては、変に韓国が日本に歩み寄って来ても、気持ち悪いだけだし、このまま国交断絶まで突き進んでもらいたい。

2013年8月23日 (金)

はだしのゲン

ここ数日「はだしのゲン」の閉架について、マスコミが騒いでいる。

はっきり言うと私は「はだしのゲン」などという漫画は読まなかったし、おそらくこれから先も死ぬまで読まないでしょう。

なぜなら読む必要がないと思うから。

「はだしのゲン」は少年ジャンプで連載が始まり、しばらくしてジャンプの連載が終了。

Wikipediaにジャンプ連載終了後の単行本発行のいきさつとその後の他媒体での掲載に関してこう書かれています。

-----------------------------
一定の人気がある作品でありながら、沖縄返還後の米軍問題で揺れる当時の社会状況を受け、「週刊誌は1週間で店頭から消えるが、単行本になるとずっと残る」として集英社が単行本の発刊を躊躇した。しかし、朝日新聞の平和問題担当記者や漫画評論家の石子順などの働きかけを受け1975年、汐文社より全4巻の単行本が刊行される。当時「漫画は低俗なもの」とされていたにもかかわらず大江健三郎の激賞を浴び、また生協の販路にて「良書」として紹介されるなどの高評価を受けた結果、『ジャンプ』の主な読者層である少年のみならず大人の間においても浸透し、ベストセラーとなる。そうして『市民』誌にて続編が連載されることとなる。

『市民』誌は支持基盤が磐石ではなく、1976年8月号をもって休刊。その後、日本共産党系の論壇誌である『文化評論』に連載の場を移す。日本共産党はそれまで核均衡理論に基づいて中国やソ連の核を認める立場を取っていたが、当時の日本共産党は中・ソと対立し、日本社会党などと協力して核の全面的な禁止を訴える論調をとっており、「はだしのゲン」の連載はその格好の宣伝材料となった。しかし1979年頃から社会党は公明党や民社党などとの連立政権を模索しだし、共産党を排除する意向を示す。同時に総評も共産党排除の意向を示し、原水禁(社会党・総評系)・原水協(共産党系)による原水爆禁止運動統一の動きが混乱する中、押し付け型の原水禁運動を展開する政党と原水禁運動の当事者たちとの対立が表面化してきたこともあり、原水禁運動の当事者たちと論を同じくする「ゲン」は打ち切りとなる。
-----------------------------

戦争を伝えるだとか、原爆の悲惨さを知ってもらうだとか云々書かれていますが、要は左翼のプロパガンダでしょう。

(まあ。大人はみんな知っている事実ですが)

ジャンプ掲載当初には作者にそんな考えは無かったのかもしれませんが、左翼の紙面で掲載し続けるという事は左翼に都合の良い内容であり、また作者も左翼に受け入れられる内容を書き続けたという事でしょう。

「はだしのゲン」の閉架措置が気に入らないというのなら、一旦廃棄すれば良い。

廃棄した後に他の書籍と同列で、図書館に蔵書するべきかどうか判断すればどうですか?

もちろん、蔵書する時の判断として、その残虐な内容が子どもに見せるに値するかどうかも当然入ってくるべきです。

たとえば映画などで、暴力シーンの多い作品や残虐な作品はR15指定されます。

なのになぜこの漫画は許されるのでしょうか?

戦争を伝える、原爆を伝えるというのならばもっとふさわしい作品はいっぱいあるでしょうし、小中学生に無理やり読ませなくても、高校生・大学生ぐらいになれば自分でそのあたりの情報は入手するでしょう。

「はだしのゲン」なんて読まなくても立派な大人になります。

というか

私は読んでませんが(自分でいうのもなんですが)普通の善良な全うな考えを持った大人になっています。

(まあ、左翼の人からすれば「右翼の危ない思想に毒されている」という事になるのでしょうが)

2013年8月13日 (火)

韓国は竹島で日本と戦争したいらしい

昨日の韓国のニュースです。

聯合ニュースより
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2013/08/12/0900000000AJP20130812002500882.HTML
引用開始--------------------------------

空中給油機導入へ 独島上空で90分戦闘可能=韓国
2013/08/12 17:23 KST

 【ソウル聯合ニュース】韓国の防衛事業庁は12日、海外から空中給油機を導入することを決めた。主力機のF15KとKF16戦闘機の作戦遂行時間を大幅に延ばす方針だ。

 韓国軍は1兆ウォン(約868億円)以上の予算を投じ、2017年から2019年に4機の空中給油機を導入する。来年10月に機種を選定する予定で、候補機種としてはエアバスのA330MRTTやボーイングのKC46・767などが挙げられている。

 空中給油機を戦力化すると、戦闘機の作戦時間が1時間以上延び、独島上空などでの長距離作戦が可能になる。燃料を満タンにせず、ミサイルなど兵器を搭載することで、攻撃能力も高まると期待される。

 独島の上空でKF16は約10分、F15Kは約30分しか作戦を遂行できないが、空中給油を受けると、KF16は約70分、F15Kは約90分作戦を行える。

 空中給油機は米国や英国、フランス、ドイツなど約30カ国が運用している。韓国より国土面積が小さいイスラエルやシンガポールなども保有している。2008年からKC767空中給油輸送機の導入を推進した日本は2010年に4機を配備した。4機を追加導入する予定だ。
引用終了--------------------------------

他国の話なので、空中給油機でもなんでも購入したければすればいいのですが、なぜ「独島の上空で云々」という話になるのでしょか。

日本人に危害を加え、韓国が強奪し実効支配している竹島ですが、日本国民のほとんどは、武力を行使しても奪還すべきなどという過激な考えを持っていない。

あくまでも、国際裁判所で平和的に解決したいと考えている。

そういう日本人の感情をわかろうともしないで、こんな記事がまかり通るというか、おそらく国民も同調する韓国って、本当に狂っている。

韓国にとって日本は敵性国家というのが、ありありと分かる記事です。

韓国は北朝鮮と休戦中なわけで、こんなお金があるのならば対北朝鮮の軍備に費やすべき、というか、とんでもない状況に進みつつある経済にお金を使うべきだと思うのですが。

そんなに日本と戦争がしたいのか。

日本国民は韓国と戦争をするつもりはないでしょうが、正直韓国のこのような態度が、善良な寛容な日本国民に反韓・嫌韓感情を芽生えさせ、増幅させるという事がなぜ分からないのでしょうか。

最近、「脱亜入欧」を唱えた福沢諭吉を賞賛する声が高まってきています。

脱亜とは言いませんが、少なくとも韓国とは完全に縁を切りたい。

日本マスコミはこのニュースを報道していないのですが、宣戦布告に近いこのような行動や、韓国マスコミ・国民の考えこそ、日本国民に伝えるべきだと思います。

2013年8月 1日 (木)

麻生副総理の憲法改正に関する発言について

麻生副総理が憲法改正に関してナチスを引き合いに出したことが波紋を広めるかもしれない。

私の考えと合致するような意見があったのでまずそちらを紹介します。

草莽隊日記

麻生発言の揚げ足取りは反日国家を利するだけだ!
http://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/9d5021d6c589711f20748e17b683600c

2013-08-01 04:57:58

引用開始------------------------------------------
 日本が国家たらんとすることを許せない勢力が当然のごとく噛みついた。麻生副総理の去る29日の発言である。その発言の詳細をよく読んでみると、憲法改正がいかに難しいかを述べながら、実現の方法としてナチスを引き合いに出したのである。「僕は民主主義を否定するつもりはありませんが」と弁解しており、あくまでも例として挙げたのだが、日本のマスコミが、それを放っておくわけがない。そして、ここぞとばかり中共、韓国、さらにはアメリカのマスコミも攻撃してきている。安倍内閣を引きずりおろすには、第二次世界大戦の日独伊三国同盟の過去を思い出させ、それによって現在の日本を断罪する。それが中共や韓国の狙いであり、そこにアメリカの一部も加担しているのである。そのうちに日本は「ファシスト国家」のレッテルを張られ、日本に対しては、何をしてもよいことになり、中共の尖閣諸島侵略すらも、正当化されるようになるだろう。しかし、ナチスに近いのは日本ではなく中共である。漢民族絶対の中華思想が根本にあり、周辺の民族は蛮族でしかない。さらに、ヒットラーの「如何なる国といえども、他に優越せる権利をもって、土地を保有しているのではない。国境は人間の作れるものである。一したがって人間によって変更され得る」との言葉を実践しているのは、中共の方なのである。麻生発言の真意がどうかよりも、ナチスという言葉を使った段階で、袋叩きにされてしまうのである。日本はただ単に普通の国家を目指しているだけだ。憲法改正にしても、攻められたときに反撃できないのを、改めようとしているだけだ。いかなる攻撃にもめげず、日本は国家たらんと努力すべきだろう。その再建なくして日本の未来はないのだから。
引用終了------------------------------------------

麻生副総理はすばらしい政治家だし、お話も面白い、ただ、リップサービスが過ぎて、敵に攻撃の隙を与えてしまうのが難点だと思います。

発言自体は特に問題は無いが批判する目的以外で「ナチス」という言葉を出したら、その時点でアウトです。

人間はそれほど賢くないし、それぞれ時間もない。

だから世界の多くの人々は「ナチス」=「極悪」というイメージしかない。

麻生副総理があえてナチスの擁護をしたいというのなら別だが、そうでなければ触れないことだ。

麻生副総理は安倍内閣の一員なのだからそのあたりはわきまえていただかないと。

2013年7月16日 (火)

期日前投票

参議院選挙&兵庫県知事選挙の期日前投票にいってきました。

ここ数回の選挙では期日前選挙を行うことにしています。

昔は投票日に帰宅してから投票に行っていたのですが、投票締め切り時間の直前になってしまった事があり、また投票日当日に「選挙に行かないと」と思いながら一日過ごすのも落ち着かないので。

貴重な1票(選挙区、比例区、県知事の3票)ですから。

さて投票先ですが・・・

選挙区=鴻池候補、県知事=井戸候補

これは迷う事もありませんでした。

問題は比例区です。果たして誰にしようか。(自民党以外への投票は一切考えていません)

今回は赤池まさあき候補に投票しました。

理由は「伝統と創造の会」のメンバーであり、現在浪人中なので。

「伝統と創造の会」とは自民党保守系メンバーが設立した勉強会で稲田朋美氏が会長をつとめる会です。

私は稲田氏が日本初の女性首相になる事を望んでいますので、稲田氏を支えて頂くために1票を投じました。

どなたに投票されるかは別として、皆様も必ず投票に言って頂きたい。

つぶやき