フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

このブログについて Feed

2005年7月22日 (金)

FC2ブログのTBを拒否します

皆さんご存知だと思いますが、ここ数日アダルト関連のスパムTBの被害が多く出ております、私のブログもやられました。

私の場合、昨日から10個以上のスパムTBが来ましたが、いずれもFC2.COMのブログからでした。

スパムTBは、FC2.COMに直接的に責任があるというわけではないですが、FC2.COMのブログには「アダルト」というカテゴリがあり、そのカテゴリに6000を超えるブログが存在するようです。全てが性的な内容のブログではないと思いますが、性的な内容を含んだブログがかなりの数存在すると私は推測します。

今後しばらくこのようなブログからのスパムTBが続くと判断し、私のブログはFC2.COMからのTBを全面的に拒否することしました。

FC2.COMやFC2.COMユーザーのブログの内容を誹謗・中傷するつもりは毛頭ありませんが、私と私のブログを見に来られる方を守るための自衛手段として、このように対処することとしました。

ということで、FC2.COMユーザーのブログからは私のブログへはTBできませんので、ご了承ください。

FC2.COMユーザーの方で、私のブログへTBしたいという方は、お手数ですが、投稿者のURL付きで簡単なコメントを投稿していただくことでTBに代えたいと思います。

※黙って拒否することも考えましたが、FC2.COMユーザーの方に拒否の理由をご理解いただくため、敢えて記事にいたしました。どちら様もお気を悪くなさらないように、お願いいたします。bearing

追記
関西どっとコム様にて、システム的にFC2.COMのTBを受け付けないように対応してくださったようです。
詳細はこちら(一時的な措置です)関西どっとコム様の早急なる対応に感謝いたします。

FC2.COM様には双方のユーザー交流のため、スパムTB対応をしてくださるよう期待します。

人気blogランキング

2005年5月25日 (水)

ブログをはじめるにあたり

もう1年以上前から別のアカウントにてブログを書いてきました。
そのブログでは日常のこと、食のこと、娯楽のことなどを書いてきて、今もそんなことを書いています。

そんな中、インターネットを眺めていると竹島問題がクローズアップされだしました。
正直なぜ韓国人がそんなに燃えているのか理解できませんでした。
第二次大戦(本当は大東亜戦争と呼ぶべきなんでしょうが)で犠牲になった人が居たとしても、
文明国の一般人が友好関係にある隣国の国旗を焼くなんて到底私には想像できなかったからです。

そこから、韓国人の一連の行動が奇異なものに思えてきて、中国人の反日運動も奇異なものに思えてきました。
そうして、インターネットで色々なブログやサイトを見ていくと、今までの自分の知識は偏っていた(日本人の大多数と同様に左にかなりよっている)ことに気付きました。

最近は、日本とその周辺国との関係について書かれたサイトを幾つか見るのが日課となり、左に偏った思考を真ん中へ戻そうとしています。
その過程で、色々な方の秀逸なブログに賛成の弁を述べたり、今だ左に寄っている方のブログに助言したりしたくなってきたのですが、匿名で発言するのは卑怯な気がして、また以前から書いているブログでの名前はを使うのもしっくり来ないような気がして、暫く躊躇していたのですが、「発言するからには、自分の意見をはっきり書いておこう」とこのブログを立ち上げた次第です。

このブログでは、政治的なことやら、インターネットのことやら、我慢できない理不尽なこと、拍手喝采したいこと、その他もろもろ、私の意見を率直に書いていきます。

つぶやき