フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

安倍政権 Feed

2014年9月 4日 (木)

稲田政調会長就任と女性閣僚

今回の党役員交代と内閣改造ですが、前の閣僚が十分に仕事をやっていたので、あまり必要性はなかったと思います。

ですが、さすがに失言壁のある石原環境相はそろそろ変えるべきだったし、石破幹事長を異動させるのに合わせて他の役員や官僚を変え、無難な形になったのではないでしょうか。

安倍首相が女性閣僚を増やすと言っていましたので、数合わせにならなければ良いのにと心配していましたが、こちらはほぼ妥当な方が選ばれたと思います。

山谷拉致問題担当相、高市総務相、有村女性活躍相は申し分ないです。
小渕経産相は安倍首相と政策が近い訳ではないですが、経済発展に重要な役目をどのように努めるのか見ものです。
松島法相は元朝日新聞社の社員ですし、選択的夫婦別姓賛成派という事で少し心配していますが、就任記者会見で死刑執行命令の署名について肯定的に発言したり、朝日新聞の慰安婦記事の取り消しについて問われ「間違いを書いたのはいけない」と答えているので、与えられた役を適切にこなして下さると思います。

今回の役員変更、内閣改造で一番の評価点は稲田政調会長就任だと思います。

このブログで何度も書いていますが、稲田氏に日本初の女性首相となって頂きたい私としては、前回の初入閣からさらに今回党三役に抜擢されたことは非常にうれしく、期待しています。

安倍首相も稲田氏を将来の首相候補として育てようとしているのではないでしょうか。

今回政調会長の職務を全うし、来年の総裁選後、第三次安倍内閣が発足した暁に、重要閣僚への抜擢され、首相への道を開いて頂きたいと思います。

2014年8月30日 (土)

国務大臣の定員を増やしてはどうか

もうすぐ第二次安倍内閣の改造が行なわれるようです。

今回の内閣改造について安倍首相はもともとあまりやりたくないが、大臣就任の待機組が多く、党内から内閣改造の要望が強くなってきているという。

マスコミは大臣経験者という経歴を与えるための組閣を批判している。

それがお金のためなのか、名誉のためなのか、あるいは純粋に国のために尽くしたいとの思いなのかという理由は別として、国会議員になったからには大臣を経験したいという気持ちは大いに理解できる。

逆に端から大臣になる気がない国会議員は本当に国のために働く気があるのかと、そのやる気を疑ってしまう。

そう言う国会議員の大臣職要望にある程度こたえていく事は内閣への与党の支持を維持する上で止むを得ないのではないかと思う。

昔は大臣ポストはもっとあった。

しかし省庁再編等があり今では、閣僚の定数が最大18名となっている。

国会議員の定数は750名以上。

それに対して閣僚は18名。

その対比を見ると、(与党)国会議員が内閣改造を求め、閣僚経験のサイクルを短くしてでも大臣経験者を増やして欲しいと考えるのは当然だと思う。

今の内閣は一部の方を除いて交代する必要がないと思うし、優秀な閣僚は長く続けるべきだと思う。

優秀な閣僚が長くその職に留まって経験をどんどん積んでいくことは国益に叶う。

優秀な閣僚を長く勤めさせ、待機組を減らして不満がでないようにするには・・・単純な話、閣僚の定数を増やせば良い。

省庁の数を増やすというのは行政改革に逆行する事になるかもしれないが、閣僚の数を増やすだけなら問題はないのではないか。

閣僚の数を5名や10名増やしたとしても経費は数億円増える程度ではないか。

今の閣僚は定数制限のために、掛け持ちをしている大臣が何人もいる。

内閣府特命担当大臣としてさまざまな分野を受け持っている方が多い。

関連する分野を受け持っている場合もあれば、到底関連が無いような分野を掛け持ちしている大臣もいる。

そういう掛け持ちを減らし、特定の分野に専念させる方が今よりもっと良い結果を残せるのではないか。

閣僚を増やせ、そして各閣僚により専門的な知識を持たせ、結果を出させろ。

人数を減らし、経費を減らす事が改革ではない。

今よりも結果を出させる体制を作っていく事が改革だと思う。

椅子取りゲームに勝つ方法を苦心するよりも、椅子に座った後にしっかり仕事ができるように勉強させ、椅子に座って結果を出す者に椅子を与え続ける。

これこそ国益に叶う。

2014年6月28日 (土)

河野談話検証

6月20日に政府は河野談話の検証結果の報告を発表しました。

この検証についてマスコミはあまり深く報道していません。
重大な発表であると認識していないというよりも敢えて避けているというような感じすら受けます。

セクハラやじのニュースを延々とやるよりも、この報告の内容と意図を伝える方がよほど重要だと思いますが、マスコミは重要だからこそ伝えたくないのでしょうね。

「河野談話の検証を行うが河野談話の見直しは行わない」という事前の政府のコメントを不思議に感じた方も多かった思います。私も第1段階として検証し、国民に周知させ「見直しが必要」との世論を待ってから第2段階で見直すと思っていたのですが、安倍政権の狙いはもっと深いところにあったようです。

その意図を 関西テレビの「アンカー」で青山繁晴氏が解説し、くっくりさんが文字お越しをしてくださっていますので、是非ともご覧いただきたい。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1579.html

安倍政権の狙いは、談話の内容が出鱈目という事は一旦おいておいて、実は談話の形成過程自体が大きな問題であり、韓国と日本の当時の政府間の談合でできたものだと指摘し、そのうえでその談合で今後いわゆる慰安婦問題を荒立てないという政府間の約束を韓国政府が一方的に反故にしたという事実を明らかにする事だった。

いわゆる「河野談話」ではなく「河野談合」だったと。

今回の安倍政権は戦後の日本の政権の中でずば抜けて優秀な政権ではないかと思います。

2013年10月17日 (木)

安倍首相、靖国参拝見送る 秋の例大祭、真榊を奉納

安倍首相は秋季例大祭には絶対に参拝しなければなりません。

私は安倍首相を強く支持する立場ですが、これはさすがに納得がいきません。

安倍首相は首相就任前の秋の例大祭に参拝しその後、正月にも、春の例大祭にも、終戦の日にも参拝していません。

そもそも、正月や終戦の日に靖国に参拝する必要はないと思いますが、春か秋のいずれかの例大祭には首相は参拝するべきです。

もともと靖国参拝に否定的な首相ならば、参拝する必要はありませんが、「国のために戦い、命を落とした英霊に尊崇の念を示すのは当然だ」と首相就任前から繰り返し言葉にし、前の政権時に参拝を果たせなかったことを「痛恨の極み」とまで表現する安倍首相がまたもや参拝することなく首相就任1年を迎えることはあってはならないと思います。

首相就任後に参拝できないのならば、端から靖国について言及すべきでない。

まさか安倍首相は首相在任中に1度だけでも参拝すれば良いなどと思ってはいないでしょうが、辞任する直前に参拝するのであれば何の意味もない。

国民に高い支持を得ている首相が、中韓の圧力に屈せず、外交と切り離して参拝する事に意義がある。

中韓に靖国について文句を言わせないようにするには、参拝が難しい時こそ参拝しなければならない。

保守派から大勲位などといわれている中曽根康弘元首相を私は評価していない。

なぜなら彼こそが首相の靖国参拝を困難にした張本人であるからだ。

安倍首相が靖国に参拝しないという事は、胡耀邦の共産党内での立場に配慮し参拝を中止した中曽根元首相と同じ過ちを犯すことになる。

中韓だけでなく政府内や米国からの圧力があるかもしれないし、ひょっとしたら参拝しない方が政権的には良いのかもしれないが、国民にとってはそんなことは関係ない。

我々は「必ず靖国に参拝する」という信念を持った安倍晋三を支持しているのであって、中韓米の顔色を伺って靖国参拝を中止する腰抜けを支持しているのではない。

2013年8月 1日 (木)

麻生副総理の憲法改正に関する発言について

麻生副総理が憲法改正に関してナチスを引き合いに出したことが波紋を広めるかもしれない。

私の考えと合致するような意見があったのでまずそちらを紹介します。

草莽隊日記

麻生発言の揚げ足取りは反日国家を利するだけだ!
http://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/9d5021d6c589711f20748e17b683600c

2013-08-01 04:57:58

引用開始------------------------------------------
 日本が国家たらんとすることを許せない勢力が当然のごとく噛みついた。麻生副総理の去る29日の発言である。その発言の詳細をよく読んでみると、憲法改正がいかに難しいかを述べながら、実現の方法としてナチスを引き合いに出したのである。「僕は民主主義を否定するつもりはありませんが」と弁解しており、あくまでも例として挙げたのだが、日本のマスコミが、それを放っておくわけがない。そして、ここぞとばかり中共、韓国、さらにはアメリカのマスコミも攻撃してきている。安倍内閣を引きずりおろすには、第二次世界大戦の日独伊三国同盟の過去を思い出させ、それによって現在の日本を断罪する。それが中共や韓国の狙いであり、そこにアメリカの一部も加担しているのである。そのうちに日本は「ファシスト国家」のレッテルを張られ、日本に対しては、何をしてもよいことになり、中共の尖閣諸島侵略すらも、正当化されるようになるだろう。しかし、ナチスに近いのは日本ではなく中共である。漢民族絶対の中華思想が根本にあり、周辺の民族は蛮族でしかない。さらに、ヒットラーの「如何なる国といえども、他に優越せる権利をもって、土地を保有しているのではない。国境は人間の作れるものである。一したがって人間によって変更され得る」との言葉を実践しているのは、中共の方なのである。麻生発言の真意がどうかよりも、ナチスという言葉を使った段階で、袋叩きにされてしまうのである。日本はただ単に普通の国家を目指しているだけだ。憲法改正にしても、攻められたときに反撃できないのを、改めようとしているだけだ。いかなる攻撃にもめげず、日本は国家たらんと努力すべきだろう。その再建なくして日本の未来はないのだから。
引用終了------------------------------------------

麻生副総理はすばらしい政治家だし、お話も面白い、ただ、リップサービスが過ぎて、敵に攻撃の隙を与えてしまうのが難点だと思います。

発言自体は特に問題は無いが批判する目的以外で「ナチス」という言葉を出したら、その時点でアウトです。

人間はそれほど賢くないし、それぞれ時間もない。

だから世界の多くの人々は「ナチス」=「極悪」というイメージしかない。

麻生副総理があえてナチスの擁護をしたいというのなら別だが、そうでなければ触れないことだ。

麻生副総理は安倍内閣の一員なのだからそのあたりはわきまえていただかないと。

2013年7月 5日 (金)

自民がTBSの取材拒否

msn産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130704/stt13070423400012-n1.htm
引用開始---------------------------
自民、TBS取材拒否 報道内容に抗議
2013.7.4 23:39

 自民党は4日夜、TBSの報道内容が公平さを欠いているとして、党幹部に対する取材や幹部の番組出演を当面、拒否すると発

表した。6月の通常国会閉会に関する報道内容に問題があったとしている。参院選の選挙期間中に報道機関の取材を拒否するのは

異例だ。

 TBSは4日夜、「放送内容について自民党から抗議を受けたことは残念だ。引き続き理解を得られるよう努力する」とのコメ

ントを出した。

 党総裁・幹事長室名の発表文によると、TBSの報道番組「NEWS23」は6月26日の放送で、国会会期末の与野党攻防の

末に電気事業法改正案などが廃案となった経緯を報道した。番組には「廃案の責任が全て与党側にあると視聴者に誤解させるよう

な内容があった」と主張している。

 さらに「わが党へのマイナスイメージを巧妙に浮き立たせたとしか受け止められない」とした。
引用終了---------------------------

自民党執行部は良い仕事をしますね。

マスコミはこぞって「参院選の選挙期間中に報道機関の取材を拒否するのは異例だ。」などと書いていますが、選挙期間中だから

こそ報道内容に問題があると思えば抗議しなければいけない。

間違った報道を鵜呑みにした方の票が他の党に流れてしまうわけですから。

もっともマスコミは端からそれを狙っているわけですが・・・

さあTBSはどうするのでしょうか?

自民党幹部が番組に出演しないし取材も受けないとなると、自民党をニュースや番組で取り扱えない。

今回の選挙は絶対有利の自民党をどの野党が攻めて議席を伸ばせるかが焦点ですから、自民党幹部が出演しなければ、各党討論番

組をはじめ選挙に関する番組は一切成り立たない。弱小野党だけで面白い番組ができるわけが無い。
それどころか、投票日当日の選挙特番に甚大なるダメージを食らう。

選挙に勝利した自民党幹部のコメントやインタビューの映像が使えない。負けた野党党首のコメントだけでは番組にならない。

普段であれば、政党は少しぐらい問題があっても番組出演を認める。

番組に出ることでPRの場ができるから。

ところが選挙期間中は逆に、どの局でも選挙番組を放送するので、不都合な番組や局は切り捨てれば良い。

つまり、この選挙期間中は自民党にとってマスコミと対決し偏向姿勢を改めさせる絶好の機会となる。

そのターゲットとしてTBSがロックオンされた。

そしてTBSが抗議を受けたことで他局はあからさまに反自民に偏向した番組はできなくなった。

TBSを攻撃することで他のマスコミの動きも封じた。

なりふり構わず自民党を攻撃して、少しでも自民党の議席を減らそうという反日マスコミの目論見が外れた。

それでも自民党を攻撃したければすれば良い。

ネット選挙となって、選挙期間中であってもどんどん嘘が暴かれ、真実が広まる。

偏向マスコミは無理をするとそれこそネットから非難を浴びる事となる。

自民党は投票日当日までTBSと戦い、TBSの選挙特番をぶっ潰せ。

2013年7月 2日 (火)

日中・日韓関係正念場

中韓首脳会談を受けて、マスコミは日本国民の不安をかき立てる。

中韓の蜜月関係で日本が孤立するだとか、色々と、まるで日本が困っているかのように。

安倍首相が就任して以来、日中首脳会談・日韓首脳会談が未だ開催されていませんが、何か困っていますか?

日本にとってはほとんど影響がない。

寧ろ困っているのは中国・韓国。

マスコミは言う「韓国大統領は米国の次には日本を訪問するのが通例だった」・・・だから何?

韓国大統領に来る気が無いのなら、来なくて良い。

安倍首相の貴重な時間を費やす必要が無くなるのでその方が良い。

マスコミは言う「中国は韓国大統領を異例の高待遇で迎えた」・・・だから何?

要は、中国も韓国も日本が軟化しないから必死に、マスコミを通して「日本の孤立」を演出しようとしているだけでしょう。

寧ろ、これまで属国として見下していた韓国を異例の高待遇でもてなしてでも、日本をけん制しなければならない中国のあせりを感じますし、滑稽で哀れみすら感じます。

これから日本政府はどのように対応すれば良いか?・・・いたって簡単な事で、中韓に対して毅然な態度をとり続ければ良い。

日本は困っていないのだから、中韓にあわせる必要はない。

さて日本国民はどう思っているのでしょうか?

安倍政権になって半年が経ち、大部分の方は「中国・韓国なんてほっておけば良い」と感じているのではないでしょうか。

もはや、マスコミの煽りは通用しない。

靖国神社ではこれから7月中旬に「みたままつり」が開催され、多くの保守派議員が提灯を奉納し、お盆には多くの国会議員が参拝するでしょう。

仮にこの期間に安倍首相が参拝するという事になれば、中韓は国内世論に押されてさらに反日に進み、自ら破滅の道に進む事になる。

靖国参拝が中韓の外交カードというのは、もはや昔の話であり、今や靖国参拝は日本の外交カードになっている。

中韓は安倍首相がいつ靖国を参拝するのか、恐れおののいているのでないかと思います。

今こそ、中韓の反日教育を逆に利用して、両国政府を追い詰める好機です。

なんて、私が力説するまでもなく、多くの国民が既に気づいている事ですね。

2013年5月 2日 (木)

最大の敵は韓国と親韓派

くっくりさんのブログ「ばやきくっくり」に毎週掲載されてる関西テレビ「アンカー」青山繁晴氏解説の書き起こしですが。(くっくりさんにはいつも感謝です。)

昨日の内容はいつも以上に凄いものでした。

「アンカー」韓国『アベノミクスごと安倍政権つぶし』の対抗策&自民党の親韓派が情報漏洩!
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1374.html

詳しくはぜひ「ぼやきくっくり」をご覧ください。

青山氏によると「韓国の狙いは、外交でもなく、安全保障でもなく、『アベノミクス』ごと、安倍政権をつぶしたい」という事らしい。

(確かに今の韓国にとっては安倍首相こそが最大の障壁であり、安倍首相を退陣させることが、韓国にとっての最善策なのだと思いますし、逆に言えば安倍首相がいかに日本の為に奮迅しているかという事。)

くっくりさんの書き起こしを読んで率直に思った事。

「韓国は敵」

靖国、いわゆる従軍慰安婦、反日デモ、歴史歪曲、竹島不法占拠、円安是正批判など、一つ一つ説明する必要もなく、悉く韓国は日本に敵対心を剥き出しにし、日本のせいにしている。日本からしてみればどれも理不尽な言いがかりや、暴挙といえる。

左翼の方はよく「日本のしてきたことの償い」などと言うが、そのような妄言に付け込んで韓国はやりすぎた。

極めつけは前大統領による天皇陛下侮辱と竹島上陸。

多くの日本人が既に感じていると思います。「もはや韓国との友好は無理」

私はこのブログで前々から書いてきています。
韓国とは国交を断絶するぐらいで良いと。

日本の周りには、

覇権主義の横暴者「中国」
日本国民を拉致し核開発で世界を脅す「北朝鮮」
北方領土を奪った火事場泥棒、おそ「ロシア」
2発の核を落したくせに自らを正当化し、日本を縛り続ける「アメリカ」

という、ほんと、とんでもない国ばかりですが、それらの国よりも理解しがたく許しがたいのは「韓国」だと私は思います。

はっきり言えば、この世の中から「韓国」なんてなくなれば良いと思います。

最近ちらほら目にしますが、いっそのこと、北朝鮮に飲み込まれれば良いとすら思います。

仮に北朝鮮が拉致を認めて拉致被害者全員を返すならば、今後北朝鮮を統一朝鮮として、関係を改善していく事もありだと思います。

それぐらい、韓国は許しがたい。

そして、その韓国に対して情報を流す議員も許しがたい。

そんな議員は次の選挙では落選させたいですが、悲しいかな、今の選挙制度では、そういう輩が議席を失うと言う事は自民党もその選挙区唯一の議席を失うということでありますので、難しいところです。

兎も角、一刻も早く「韓国」というものがこの世から消滅することを望みます。

2013年4月23日 (火)

閣僚の靖国参拝と天皇陛下のご訪印

靖国神社の例大祭に合わせ安倍政権の閣僚が参拝し、首相が供物を奉納したことに韓国・中国が反発している。

例大祭初日の21日に参拝したのは、古屋国家公安委員長・拉致担当相と麻生副首相兼財務相。

例大祭前の20日には新藤総務相も参拝しているので3名の閣僚がこの時期に参拝している。

今日23日にはみんなで靖国神社に参拝する国会議員の会の面々も参拝する予定なので、それに合わせ参拝する閣僚はさらに増える可能性がある。特に稲田規制改革相などは自ら代表を務める伝統と創造の会の面々と参拝するのではないか。

マスコミはおそらく世間の反応を見て隙あらば日韓関係・日中関係悪化などと騒ぎ立てて安倍首相の支持率を下げようと画策している事と思います。

マスコミは中韓が靖国について日本を批判すると、必ずと言って良いほど、中韓との関係が拗れて国益を損なうなどと日本政府の軟化を促す。

中韓政府が靖国について批判し、日中首脳会談、日韓首脳会談が開催されなければ、日本の国益はそんなに損なわれますか?

小泉政権当時も、今もそうですが、日中首脳会談、日韓首脳会談が開催されなくとも何も困らない。

その事は多くの国民も感じている事でしょう。

マスコミが騒げば騒ぐほど「マスコミが言うほど問題ないよね」「反日国とは無理に首脳会談を開催しなくてもいいんじゃねえか」と思う人が増えているのではないかと思います。

そんな中、菅官房長官が昨日、記者会見である事を発表した。

天皇・皇后両陛下の年内でのインドご訪問を調整しているという。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130422/k10014099021000.html

ご高齢の両陛下に海外へ長旅はあまりお願いするものではないと思いますが、このインド訪問は日本にとってもインドにとっても非常に大きな価値があると思います。

天皇・皇后両陛下は即位前に何度かインドを訪問されていますが、即位後は初となる。

今まで昭和天皇の名代として今上天皇陛下が訪問したことはありますが、昭和天皇が訪問された事はないので、天皇陛下のご訪問自体がインドとの国交樹立60年経って初めてとなります。

天皇陛下のインド訪問が正式に決まれば、親日国であり何度も天皇陛下を招待しているインドは歓喜に沸き、大歓迎してくれるのではないでしょうか。

天皇・皇后両陛下にはやはり、大歓迎される国を訪問していただきたい。

さて、この突然のインド訪問検討の発表を知った韓国はどのように感じているでしょうか。

天皇陛下を侮辱し「謝りに来い」などと発言する国など訪問には値しない。

インドのように天皇・皇后両陛下を心をこめて招待してくれる国こそ、天皇・皇后両陛下がご訪問される国としてふさわしい。

天皇陛下のご訪印によって、日印は今以上にはるかに近くなる事は間違いがないです。

2013年3月 1日 (金)

安全運転論は反安倍勢力による選挙妨害

第二次安倍政権発足からよく言われる「参院選までの安全運転論」

マスコミや左翼は

-------------------------------------------

安倍首相は参院選まで、過激な政策を控えて安全運転に徹している。

安倍自民党に参院選で大勝させてしまえば、その後は安倍首相が好き勝手に悪政を行う。

だから参院選ではできるだけ自民党に投票するな

-------------------------------------------

といいたいのでしょう。

ところがこれは全く間違っている。

安倍首相は実行はしていないがやりたいことは明確に述べている。

「国防軍」「竹島の日の国による開催」「憲法改正」等々。

安全運転ではない。

参議院での議席数が少ないから実行に移せないだけ。

だから参院選に勝たせてくれと言っている。

安倍首相の言うことが正しいと思うなら、参院選の投票先を迷うことなど一切ない。

他党への票の割り振りなど一切不要。

しばらく安倍首相に政権をゆだね日本を取り戻してもらえば良い。

それだけが全てだと思う。

つぶやき