フォトアルバム

主張・参加

  • It's Media(拾い物)
    It's Media
  • NHKの大罪
    NHKの大罪
  • 2月22日は竹島の日
    竹島は日本の領土
  • 歳徳会
    歳徳会

おすすめ動画

  • 日本国体学会講演 稲田朋美
    日本国体学会講演 稲田朋美
  • 「私は日本を守りたい」出版記念会
    「私は日本を守りたい」出版記念会
  • 三宅雪子に生電話@スッキリ
    三宅雪子に生電話@スッキリ
  • 丸川珠代in参議院本会議
    丸川珠代in参議院本会議
  • 稲田朋美VS鳩山首相(09/11/05)
    稲田朋美VS鳩山首相
  • 社会保障について
    社会保障について
  • 北朝鮮問題・拉致問題について
    北朝鮮問題・拉致問題について
  • 主張する外交とは
    主張する外交とは
  • 日本とパラオ~歴史を越えた友情~
    日本とパラオ~歴史を越えた友情~
  • 憲法改正を語る
    憲法改正を語る
  • 教育再生を語る
    教育再生を語る
  • 09.02.11 安倍晋三記念講演
    安倍晋三記念講演

人気ブログランキング

 

マスコミ Feed

2013年8月 5日 (月)

在日韓国人の本国批判

「msn産経ニュースWest」で在日韓国人の韓国批判コメントがのっています。

以下記事を引用します。かなり長いですが、日本人の考えからしたら批判の内容自体は大したことはないので、ざっと斜め読みで結構です。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130805/wlf13080507000001-n4.htm

引用開始---------------------------------------
韓国報道「日本右傾化」に在日コリアン痛烈批判…「反日いい加減にしろ」「韓国は日本に構ってほしい病」
2013.8.5 07:00

 「寝言は寝ていえ」「また『構ってちゃん』の妄言か」。7月21日に投開票された参院選で自民党が大勝し、「右傾化に拍車」などとまたも韓国メディアが声高に騒いでいるが、西日本最大、大阪・生野のコリアタウンの在日コリアンは、祖国のメディアにこんな痛烈な批判の声を上げている。祖国の止まない反日感情を煽(あお)る報道には、「(日本と韓国の)両国関係が取り返しのつかないことになりそうなのに、まだやっているのか」とあきれ顔だ。

■日本にかまってほしい「不治の病」

 選挙前から自民の圧勝が予想され、「争点のない選挙」とまでいわれた今回の参院選。ふたを開けてみれば過去3番目の低投票率(52・61%)と日本国民の関心の低さは予想通りだったが、韓国メディアは21日午後8時過ぎ、韓国国内のテレビ番組放送中に「自民・公明が圧勝」と、速報を流すほど敏感に反応していた。

 聯合ニュースは「安倍政権ロングランの土台、右傾化に弾み」との見出しで東京発の記事を速報。「安倍政権が圧勝したことで周辺国との関係は冷却状態が当分持続すると予想され、平和憲法改正など日本の右傾化の足取りも弾みをつけるとみられる」と独自の分析を展開した。

 こうした祖国の報道を、生野コリアタウンの在日コリアンは痛烈に批判する。

 生野区の自営業の男性(36)は韓国の報道を受け「いかにメディアの報道とはいえ、一民間企業の意見に過ぎない。そんなものに左右されることはない」とした上で、「韓国は『日本に構ってほしい』という不治の病にかかっている。大多数の韓国人は日本の右傾化など心配していない」と切り捨てた。

■「国を守る軍隊なんて当たり前」

 同じルーツを持つ在日コリアンもあきれる反応をみせる韓国メディア。その理由は、安倍晋三首相のスタンスを警戒してのことだ。

 安倍首相は、今年2月の参院本会議で自民党の衆院選公約に盛り込まれた憲法改正による「国防軍」の保持に意欲を示し、「自衛隊は国際法上は軍隊として扱われている。この矛盾を実態に合わせて解消することが必要と考える」と明言。憲法改正の発議要件を定めた96条の改正に取り組む姿勢をみせている。

 こうした安倍首相の姿勢に対し、韓国メディアは政権発足以来反発してきた。しかし、在日コリアンは「自分の国を守る軍隊なんてどこの国も持っている。当たり前の組織じゃないか」と冷ややかだ。

 飲食店従業員の女性は「そもそも自民党は結党して以来、ずっと『憲法を改正します』といってきた。そのことで一度でも戦争が起きたか、今さら何をいっているのかといいたい」と笑い飛ばし、「韓国メディアのお家芸ともいえる日本批判もネタが尽きてきたのではないか。一度冷静に自国の内政をみた方がいい」と語った。

■「日本がいないと、やっていけないのに…」

 日本を追いかけるように経済発展を遂げた韓国。ここ数年の急激な反日感情の盛り上がりに対する日本の対応には、国際的な注目が集まっている。

 参院選の自民圧勝について、米紙ワシントン・ポストは衆参両院のねじれ解消と長期政権が見込まれることで、安倍首相が「10年近く日本の指導者に与えられなかった権限」を握ったと解説。課題は経済政策「アベノミクス」の実行とした上で、「強硬なナショナリスト」として知られる首相の歴史認識に絡む言動が「さらに率直になる」可能性も指摘した。

 また、ウォールストリート・ジャーナル紙電子版は、外交では首相や閣僚の靖国神社参拝が当面の焦点になると報道。今後も韓国からの内政干渉ともいえる批判が向けられる可能性を指摘している。

 生野区の自営業の男性は「内政への自国民の不満をそらすために反日感情をあおっているが、そろそろ取り返しのつかないことになる」と警告も発する。「韓国政府は『どれだけ理不尽な言いがかりをつけても日本は怒らない』と思っているが、安倍さんはそんな人ではない。日本がいないと韓国は経済的にやっていけないのに…」とまゆをひそめた。

■「韓国メディアは調子に乗りすぎ」

 実際に安倍首相は就任後、数十カ国の首脳と会談しているが、今年2月に就任した朴槿恵(パク・クネ)大統領との首脳会談は実現していない。これまでは両国に新たな首脳が誕生した際は迅速に会談を行っていたが、菅義偉(すが・よしひで)官房長官は7月の記者会見で「緊急の課題もないわけだから、事務方で率直な意見交換をしながら意思疎通を図るのが大事だ」と語り、首脳会談はいまだ見通しすらたっていない状況だ。

 同区の飲食店経営の女性は「もし日本が韓国を切り捨てて、ほかのアジア諸国と連携してやっていくという話になったらどうするのか」と憤りをみせ、「これまで韓国のめちゃくちゃな言い分を聞いてきた日本の駄目な政治家にも原因はあるが、最近の韓国メディアは調子に乗りすぎ。両国には仲良く発展して世界をリードしてほしいのに…」と語った。

 また、別の飲食店従業員の女性も「『原爆は神の罰』と韓国の大新聞が掲載したり、『日本の大震災をお祝いします』という横断幕をサッカースタジアムにはったり、どこかおかしいということに気づいてほしい」と語り、「メディアや韓国政府の反日施策に踊らされず、冷静に日韓関係をみてほしい。そうすれば韓国にとって日本と仲良くすることが自分たちの発展につながることがわかるから」と祖国の同胞に呼びかけた
引用終了---------------------------------------

はっきり言って「いまさら何をゆうとんじゃ」です。

日本で育ち日本で生活をしてきているのだから、今まで韓国が無茶な事を言ってきているのは十分知っていたでしょう。

日本政府が韓国のわがままを許している間は知らん顔をしておいて、日本政府が強硬姿勢に出て、日韓関係が悪化して、自分たちにも批判の目が向けられれば、日本に擦り寄るのですか?

在日韓国人の皆さんへ・・・人事ではないですよ。

多くの日本人はそんな在日韓国人が韓国本国人以上に嫌いです。

あなた達はこれから韓国と日本の両方から攻められるから覚悟しておいたほうが良い。

韓国政府は在日韓国人の財産を吸い上げる準備を着々と進めていますよ。

日本政府は生活保護や通名など在日韓国人への不適切な優遇措置を見直していっていますよ。

強制連行なんていう嘘も暴かれているので、日本国民もあなた達に同情しないですよ。

身も心も日本人となって日本国籍を取得するか、すばらしい祖国韓国に帰国するか2つに一つ。

まあ私としては多くの在日韓国人が後者を選択する事を望みます。

在日韓国人の帰国推奨、日韓国交断絶、を切に希望します。

韓国・韓国人との関係をいつ切るの?今でしょう。

2013年8月 1日 (木)

麻生副総理の憲法改正に関する発言について

麻生副総理が憲法改正に関してナチスを引き合いに出したことが波紋を広めるかもしれない。

私の考えと合致するような意見があったのでまずそちらを紹介します。

草莽隊日記

麻生発言の揚げ足取りは反日国家を利するだけだ!
http://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/9d5021d6c589711f20748e17b683600c

2013-08-01 04:57:58

引用開始------------------------------------------
 日本が国家たらんとすることを許せない勢力が当然のごとく噛みついた。麻生副総理の去る29日の発言である。その発言の詳細をよく読んでみると、憲法改正がいかに難しいかを述べながら、実現の方法としてナチスを引き合いに出したのである。「僕は民主主義を否定するつもりはありませんが」と弁解しており、あくまでも例として挙げたのだが、日本のマスコミが、それを放っておくわけがない。そして、ここぞとばかり中共、韓国、さらにはアメリカのマスコミも攻撃してきている。安倍内閣を引きずりおろすには、第二次世界大戦の日独伊三国同盟の過去を思い出させ、それによって現在の日本を断罪する。それが中共や韓国の狙いであり、そこにアメリカの一部も加担しているのである。そのうちに日本は「ファシスト国家」のレッテルを張られ、日本に対しては、何をしてもよいことになり、中共の尖閣諸島侵略すらも、正当化されるようになるだろう。しかし、ナチスに近いのは日本ではなく中共である。漢民族絶対の中華思想が根本にあり、周辺の民族は蛮族でしかない。さらに、ヒットラーの「如何なる国といえども、他に優越せる権利をもって、土地を保有しているのではない。国境は人間の作れるものである。一したがって人間によって変更され得る」との言葉を実践しているのは、中共の方なのである。麻生発言の真意がどうかよりも、ナチスという言葉を使った段階で、袋叩きにされてしまうのである。日本はただ単に普通の国家を目指しているだけだ。憲法改正にしても、攻められたときに反撃できないのを、改めようとしているだけだ。いかなる攻撃にもめげず、日本は国家たらんと努力すべきだろう。その再建なくして日本の未来はないのだから。
引用終了------------------------------------------

麻生副総理はすばらしい政治家だし、お話も面白い、ただ、リップサービスが過ぎて、敵に攻撃の隙を与えてしまうのが難点だと思います。

発言自体は特に問題は無いが批判する目的以外で「ナチス」という言葉を出したら、その時点でアウトです。

人間はそれほど賢くないし、それぞれ時間もない。

だから世界の多くの人々は「ナチス」=「極悪」というイメージしかない。

麻生副総理があえてナチスの擁護をしたいというのなら別だが、そうでなければ触れないことだ。

麻生副総理は安倍内閣の一員なのだからそのあたりはわきまえていただかないと。

2013年7月 5日 (金)

自民がTBSの取材拒否

msn産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130704/stt13070423400012-n1.htm
引用開始---------------------------
自民、TBS取材拒否 報道内容に抗議
2013.7.4 23:39

 自民党は4日夜、TBSの報道内容が公平さを欠いているとして、党幹部に対する取材や幹部の番組出演を当面、拒否すると発

表した。6月の通常国会閉会に関する報道内容に問題があったとしている。参院選の選挙期間中に報道機関の取材を拒否するのは

異例だ。

 TBSは4日夜、「放送内容について自民党から抗議を受けたことは残念だ。引き続き理解を得られるよう努力する」とのコメ

ントを出した。

 党総裁・幹事長室名の発表文によると、TBSの報道番組「NEWS23」は6月26日の放送で、国会会期末の与野党攻防の

末に電気事業法改正案などが廃案となった経緯を報道した。番組には「廃案の責任が全て与党側にあると視聴者に誤解させるよう

な内容があった」と主張している。

 さらに「わが党へのマイナスイメージを巧妙に浮き立たせたとしか受け止められない」とした。
引用終了---------------------------

自民党執行部は良い仕事をしますね。

マスコミはこぞって「参院選の選挙期間中に報道機関の取材を拒否するのは異例だ。」などと書いていますが、選挙期間中だから

こそ報道内容に問題があると思えば抗議しなければいけない。

間違った報道を鵜呑みにした方の票が他の党に流れてしまうわけですから。

もっともマスコミは端からそれを狙っているわけですが・・・

さあTBSはどうするのでしょうか?

自民党幹部が番組に出演しないし取材も受けないとなると、自民党をニュースや番組で取り扱えない。

今回の選挙は絶対有利の自民党をどの野党が攻めて議席を伸ばせるかが焦点ですから、自民党幹部が出演しなければ、各党討論番

組をはじめ選挙に関する番組は一切成り立たない。弱小野党だけで面白い番組ができるわけが無い。
それどころか、投票日当日の選挙特番に甚大なるダメージを食らう。

選挙に勝利した自民党幹部のコメントやインタビューの映像が使えない。負けた野党党首のコメントだけでは番組にならない。

普段であれば、政党は少しぐらい問題があっても番組出演を認める。

番組に出ることでPRの場ができるから。

ところが選挙期間中は逆に、どの局でも選挙番組を放送するので、不都合な番組や局は切り捨てれば良い。

つまり、この選挙期間中は自民党にとってマスコミと対決し偏向姿勢を改めさせる絶好の機会となる。

そのターゲットとしてTBSがロックオンされた。

そしてTBSが抗議を受けたことで他局はあからさまに反自民に偏向した番組はできなくなった。

TBSを攻撃することで他のマスコミの動きも封じた。

なりふり構わず自民党を攻撃して、少しでも自民党の議席を減らそうという反日マスコミの目論見が外れた。

それでも自民党を攻撃したければすれば良い。

ネット選挙となって、選挙期間中であってもどんどん嘘が暴かれ、真実が広まる。

偏向マスコミは無理をするとそれこそネットから非難を浴びる事となる。

自民党は投票日当日までTBSと戦い、TBSの選挙特番をぶっ潰せ。

2013年7月 2日 (火)

日中・日韓関係正念場

中韓首脳会談を受けて、マスコミは日本国民の不安をかき立てる。

中韓の蜜月関係で日本が孤立するだとか、色々と、まるで日本が困っているかのように。

安倍首相が就任して以来、日中首脳会談・日韓首脳会談が未だ開催されていませんが、何か困っていますか?

日本にとってはほとんど影響がない。

寧ろ困っているのは中国・韓国。

マスコミは言う「韓国大統領は米国の次には日本を訪問するのが通例だった」・・・だから何?

韓国大統領に来る気が無いのなら、来なくて良い。

安倍首相の貴重な時間を費やす必要が無くなるのでその方が良い。

マスコミは言う「中国は韓国大統領を異例の高待遇で迎えた」・・・だから何?

要は、中国も韓国も日本が軟化しないから必死に、マスコミを通して「日本の孤立」を演出しようとしているだけでしょう。

寧ろ、これまで属国として見下していた韓国を異例の高待遇でもてなしてでも、日本をけん制しなければならない中国のあせりを感じますし、滑稽で哀れみすら感じます。

これから日本政府はどのように対応すれば良いか?・・・いたって簡単な事で、中韓に対して毅然な態度をとり続ければ良い。

日本は困っていないのだから、中韓にあわせる必要はない。

さて日本国民はどう思っているのでしょうか?

安倍政権になって半年が経ち、大部分の方は「中国・韓国なんてほっておけば良い」と感じているのではないでしょうか。

もはや、マスコミの煽りは通用しない。

靖国神社ではこれから7月中旬に「みたままつり」が開催され、多くの保守派議員が提灯を奉納し、お盆には多くの国会議員が参拝するでしょう。

仮にこの期間に安倍首相が参拝するという事になれば、中韓は国内世論に押されてさらに反日に進み、自ら破滅の道に進む事になる。

靖国参拝が中韓の外交カードというのは、もはや昔の話であり、今や靖国参拝は日本の外交カードになっている。

中韓は安倍首相がいつ靖国を参拝するのか、恐れおののいているのでないかと思います。

今こそ、中韓の反日教育を逆に利用して、両国政府を追い詰める好機です。

なんて、私が力説するまでもなく、多くの国民が既に気づいている事ですね。

2013年6月25日 (火)

岩手県議が自殺。ブログ炎上が原因のように書くマスコミ

ブログで病院を「ここは刑務所か」と批判し、逆に自身の態度について批判され、ブログが炎上した岩手県議会の小泉光男氏。

その小泉光男氏が亡くなったそうです。

自殺の可能性が指摘されています。

産経の記事もそうですが、まるでブログの炎上が小泉氏を死に追いやったような書き方をするマスコミは卑怯です。

故人を悪く書くのもどうかと思いますが、そもそもブログが炎上したのは小泉氏の軽率な書き込みが原因であり、問題があるとしたら、炎上そのものではなく、炎上に便乗し小泉氏を誹謗中傷する一部の心無い書き込みだろうと思います。

人を自殺に追いやるから「炎上」は危険でしょうか?

私は違うと思います。

炎上じゃなくとも人を追い詰めるものはたくさんある。

批判の電話
批判の手紙
雑誌の批判記事
政治団体の抗議行動
市民団体の抗議行動

そしてマスコミの執拗な取材

どれも人を精神的に追い詰める。

形が違う、方法が違う、影響力が違う

でも人を追い詰めるのに違いはない。

ネットの書き込みはだめで、電話は良いのでしょうか。
ネットの書き込みはだめで、手紙は良いのでしょうか。
ネットの書き込みはだめで、雑誌の記事なら良いのでしょうか。
ネットの書き込みはだめで、政治団体の抗議なら良いのでしょうか。
ネットの書き込みはだめで、市民団体の抗議なら良いのでしょうか。

違いますよね。

小泉氏の件に戻りますと。

小泉氏の発言に端を発し、ブログが炎上した。
そしてマスコミが報道し、ブログを閉鎖した。

ブログは閉鎖すればそれ以上コメントは書けない。
その後本人がネットの利用をやめれば本人の目には入らない。

なのに小泉氏は亡くなった。

小泉氏が自殺したのだとしたら、炎上の後に

たとえば、マスコミが執拗に追い詰めた。
たとえば、抗議団体が追い詰めた。
あるいは、支援団体からの叱責。

などがあったのではないか。
そして決断してしまった。

最近マスコミはよく、魔物のように「ネットでの炎上」を取り上げる。

政治がらみだけでなく、芸能界のスキャンダルも。

本当の魔物は「ネットでの炎上」ではなく、それに拍車を掛け追い詰めておきながら、悲惨な結果が出た場合のみネットに責任を擦り付ける輩だと思います。

その筆頭がマスコミです。

民間人ならともかく、公人ならば批判は真摯に受け止め自身を改善する方向に役立てるべきです。

それができないようなら、公人であるべきではない。

そういう事だと思います。

この騒動がネットへの規制というあらぬ方向に進まない事を願います。

2013年5月15日 (水)

他国の軍の買春・強姦こそ問題にすべき

橋下日本維新の会共同代表の発言が波紋を広めています。

私は基本的に橋下氏の発言に賛成です。

予想できた事ですがやはりマスコミや女性人権擁護派に橋下氏の思いとは違うところに論点が持っていかれそうな気配です。

橋下氏が13日の会見で言った事(朝日新聞より)
http://www.asahi.com/politics/update/0514/OSK201305130144.html

午前
1 多大な苦痛と損害を周辺諸国に与えたことも間違いない。
2 事実と違うことで日本国が不当に侮辱を受けていることにはしっかりと主張しなければいけない。
3 日本の慰安婦問題だけが世界的に取り上げられているのはおかしい。。
4 日本は「レイプ国家」でもなければ、国をあげて強制的に慰安婦を拉致し、職業に就かせのでもない。
5 本人の意に反して慰安婦になってしまった方には戦争の責任は日本国にもある。
6 当時は日本だけじゃなくいろんな軍で慰安婦制度を活用していた。
7 休息をさせてあげようと思ったら慰安婦制度は必要。
8 日本国が、韓国とかいろんなところの宣伝の効果があって、レイプ国家だと見られてしまっている。

午後
1 慰安婦制度じゃなくても、風俗業っていうものは必要だと思う。
2 沖縄の海兵隊司令官に「もっと風俗業を活用してほしい」と言った。
3 「性的なエネルギーを合法的に解消できる場所は日本にあるわけだから、もっと真正面からそういう所を活用してもらわないと、海兵隊の猛者の性的なエネルギーをきちんとコントロールできない。」と司令官に言った。
4 (慰安婦制度は)朝鮮戦争の時もあった。
5 沖縄占領時代だって、日本人の女性が米軍基地の周辺でそういうところに携わっていた。
6 戦争責任の一環としてそういう女性たちに配慮しなければいけないが、そういう仕事があったことまでは否定できない。
7 歴史をひもといたら、いろんな戦争で、勝った側が負けた側をレイプするだのなんだのっていうのは、山ほどある。
8 そういうのを抑えていくためには、一定の慰安婦みたいな制度が必要だったのも厳然たる事実だ。
9 そんな中で、なぜ日本が世界から非難されているのかを、日本国民は知っておかないといけない。

一つ意見が異なるのは午前の4(訂正:午前の5)。韓国の慰安婦への賠償は韓国国家への賠償で解決済みなのでいまさら必要ない。こんなリップサービスをするから韓国人がつけあがる。

買春なんて無いほうが良いに決まっている。
だから買春を否定するのだったら、橋下氏を批判するのではなく、全世界に対して売買春を禁止する活動をすれば良い。
貧しくて娘を無理やり売春婦にさせているような国に対して禁止を訴えていくべきだ。
「いわゆる従軍慰安婦」は実際は軍に随行した高収入娼婦であり、人権の問題ではない。
「いわゆる従軍慰安婦」が問題だというのなら、戦後GHQが無理やり日本に設置させた売春宿のほうがはるかに問題。
もっと問題なのはベトナム戦争時のレイプとその結果の多人数の混血児。

このあたりを問題にせず、なぜは橋下氏の発言のみを問題視するのか。

韓国が「いわゆる従軍慰安婦(実際は軍に随行した高収入娼婦)」を騒ぐのなら、米国が「セックススレイブ」という間違った見解を広めるのなら、日本はもっと他国の「軍と性」に対して問題化すべきだと思う。

女性の人権などと騒ぐ方々は意図的に日本の問題のみに極小化する。

それこそが問題だと思う。

日ごろ「国際社会」「地球市民」などと偉そうな事を言う人に限ってこの手の問題では日本のみを批判する。
真の国際人なら日本国内よりもっと大きく深刻な世界の不都合を追求せよ。

橋下氏のような発言は政権与党としてはなかなか発し難い。野党だからこそできる事だと思います。

この件で日本維新の会の果たすべき役割が見えて来たようです。

自民党よりももっと右翼に位置し、これまでタブー視されてきた事に言及し問題提起する。
いうならば「問題提起型保守」

自民党はその提起された問題の議論を熟成させ解決策・落としどころを見出す「問題解決型保守」

両党このスタンスで良いのではないでしょうか。

2012年9月29日 (土)

マスコミのまわりは高級カレーだらけ

カツカレー騒動追加です。

インターネットってすごいですね。
わずか数日でこんな情報が広まるんですから。

マスコミのビルに好んで出店している「レストラン アラスカ」の情報です。

レストラン アラスカ 大阪本店
 大阪府大阪市北区中之島3-2-4 朝日新聞ビル13F
   Lunch Course カレーライスコース 3,150円

レストラン アラスカ 日本プレスセンタービル店
  東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル10F
  牛フィレ肉のカツカレー&ライス 3,675円
  シーフードカレー&ライス 3,675円
  特選黒毛和牛のスペシャルビーフカレー 5,145円

レストラン アラスカ パレスサイド店
 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル9F

   ・・・毎日新聞社入居(毎日ビルディングが運営)
   極上、黒毛和牛のスペシャルカレー&ライス 5,040円
   (ランチセット)5,775円
  海の幸満載、シーフードカレー&ライス 5,040円
   (ランチセット)5,775円

朝日新聞に毎日新聞に日本プレスセンター。

マスコミ関係者がよく利用するから、お店がやっていけてるのですよね。
まさかマスコミ関係者は指を加えて前を素通りなんて事はないですよね。

政治家に庶民感覚を求めるが、あなた方マスコミは庶民ではないのですね。わかります。

高給取りのくせに、庶民づらして「我々庶民の感覚からして・・・」みたいな報道するの、もうやめてくれませんか?

安倍総裁のお友達って、どんな方が含まれているの?

昨日スタートした安倍自民党の役員メンバーについて、またもやマスコミが「お友達人事」と騒いでいる。

マスコミの皆さん教えていただけますか?

安倍総裁のお友達の皆さんにはどのような方が含まれているのでしょうか?

お友達・・・かなり漠然とした表現ですね。

同じ派閥ならお友達なの?

前の安倍内閣の閣僚だったらお友達なの?

政策が近ければお友達なの?

年代が近かったらお友達なの?

広く捕らえれば同じ党に属している議員なのだから、自民党の議員は皆お友達。

狭く捕らえれば皆政治をやっていく上で付き合っているだけなので、全員お友だちではない。

例えば、昔、根本匠氏、安倍晋三氏、石原伸晃氏、塩崎恭久氏で政策研究グループ「NAISの会」なんて結成していましたが、そういう観点からみれば石原氏もお友達ですよね。

もっといえば、議員会館の事務所が隣で交流がある民主党の前原氏もお友達です。

「お友達」なんてのは報道する側でどうとでもこじつけができる。

石破茂幹事長、菅義偉幹事長代行、浜田靖一国対委員長、高村正彦副総裁、細田博之総務会長、甘利明政調会長、鴨下一郎幹事長代理。

このなかで誰がお友達で誰がお友達でないのか。

執行部に選ばれた方以上に安倍総裁と親しい人はいっぱいいます。

たとえば、今回の総裁選で安倍総裁の推薦人となった次の方々

下村博文、甘利明、秋葉賢也、稲田朋美、今村雅弘、江藤拓、加藤勝信、河井克行、城内実、佐田玄一郎、柴山昌彦、新藤義孝、高市早苗、古屋圭司、有村治子、礒崎陽輔、世耕弘成、塚田一郎、西田昌司、松下新平

この中で役員に選ばれたのは甘利氏だけですが・・・

自分と思想の近い普段から交流があり腹を割って話ができる者を近くに配するのは当然だと私は思いますが。

お友達は駄目、論功行賞は駄目、グループ(マスコミが民主党の派閥を意図的にグループと呼ん分けていますから自民党についてもそれにあわせます)の力学で選んではだめ。

ならばどのように選べというのか。

マスコミは、安倍氏とまったく思想が違う、普段から交流のない方ばかりを選べとでも言うのか?

(まあ安倍氏に近いということは保守色の強い方が多いでしょうから、そういう方々を重用させたくないという考えもあるのでしょう)

もちろんイエスマンばっかりでは駄目なので、友達では無い方も重用するということも大事ですが、マスコミが親切心でお友達人事と批判しているとは到底思えない。「お友達人事」と書いてイメージを落としたいだけ。

むしろ、政権を奪取し組閣の暁には、マスコミや老害どもに逆らって敢えて政策面での実力のあるお友達ばっかりで組閣をし、きっちり成果を上げて欲しい。

(安倍総裁が自ら思うがままの組閣を行えば成果が出ないはずはないので、まったく心配はいらない)

麻生政権で成功した「ぜいたく」攻撃、前の安倍政権で成功した「お友達」攻撃。

ほんと進歩のないマスコミ連中。

国民はこの3年間で多少は成長しています。

どこからどう見ても、麻生氏、安倍総裁より、鳩山氏の方が贅沢なのに記事にならない。

自分の主義主張ばっかり押し付けて、一向にまとまらない「友達」どころではなく「犬猿の仲」ばかりの民主党。

自民党政権時と同じ方法で自民党を批判すれば、マスコミの報道が間違っていると国民に気付かせることになると思いますが。

馬鹿マスコミよ。

安倍総裁、石破幹事長に対して、政策面で挑むつもりは無いの?

保守は危険なんでしょ?

2011年3月14日 (月)

節電のため、輪番停波を

昨日発表された計画停電。

東京電力の発表が遅いだの、発表の内容が不正確だの、発表どおりに停電しろだの、マスコミが東京電力の対応に疑問を投げかけていますが、計画停電に関して言えば、東京電力の対応は批判されるべきものではないと思います。

実際に停電されれば該当地域は不便を被るし、色々な影響が出るので、計画停電と発表しつつも、できるだけ停電をさせず、需要量と供給量の予測を注視している東京電力の対応は適切なのだと私は思います。

それよりも、12日早朝の菅首相の原発視察が、東京電力の行動に狂いを生じさせたとしたら、そちらの方が遥かに問題だと思います。

これから、首都圏が正常な生活に戻っていくなかで、逆に電力不足は深刻になるのかもしれません。

今日は、夕刻まで計画停電を実施せずに済み、現在一部の地域でのみ停電が実施されているそうですが、首都圏住民、首都圏企業の節電意識は徐々に薄まって来るでしょうから、明日以降徐々に計画停電の実施が多くなるのでは無いかと思います。

そんな中、福島原発の一部停止に伴って、不足する電力をどうするのか、早急に知恵を絞らなければならない。

まず第一に娯楽産業の自粛

特にパチンコなど、この非常事態に必要ない。(というか元々必要ない)

大量の電力・電気を使い、労働を阻害し、資金を巻き上げるパチンコ産業を、この際潰してしまったらどうだろうか。

それともう一つ、

テレビも必要ない。

暫くの間は、バラエティも自粛せずには居れないでしょうし、地震直後からどの局も同じような情報を繰り返し放送しているだけなので、1、2局だけあればいい。

それこそ「輪番停波」すればいいし、BS放送の大半を占めるショッピング番組もなくせば良い。

地上波、BS全体で、同一時間帯には数局のみの放送とし、他は一時停波。放送時間もたとえば24時で終了で良い。

まずはテレビ局が節電の範を示せ。

我が家では、地震以降、どの局も同じような内容を放送しているので、金曜日~日曜日に掛けて、テレビの電源を入れない時間が増えた。

どうやら、テレビが無くても生活に何の不自由も無いらしい。

今回の地震と停電が幾つかのテレビ局の息の根をとめることになるかもしれません。

ところで、東京電力のエリア外で電力会社を装い節電を呼びかけるチェーンメールが蔓延っているようですが、この手の善意と思い込んだ迷惑が一番始末が悪い。

関西電力HPより
http://www.kepco.co.jp/
引用開始----------------------------------------------------
このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

今回の震災復旧に際して、当社名でお客さまに節電に関するチェーンメールを送ることはございませんので、ご注意ください。

当社は11日夕方から、電力各社と協力しながら最大限可能な範囲で電気の融通を行っております。[注]

平素より皆さまには省エネ・節電にご協力を頂いておりますが、今のところ、お客さまに更なる特別な節電をお願いするような状況にはございません。

[注]東日本と西日本では、電気の周波数が違います。
   従って、関西電力の電気を東日本に送るには、周波数を変換しないといけません。
   この周波数変換施設の容量には上限があります。
引用終了----------------------------------------------------

西日本で幾ら節電を頑張っても、その電気・電力は首都圏に送れない。

節電行動が盛り上がり過ぎれば、電力会社の需要予測を狂わせ、需給バランスを狂わせる。

私が関西電力の思いを勝手に代弁するなら「勝手に節電を煽るのは良い迷惑」

※あくまでも勝手に代弁しているだけなので、関西電力に抗議などなさらぬよう。

勿論、関西電力が節電を謳い始めたならば、喜んで節電に協力すれば良い。

せめて各局が深夜の放送を自粛しない限り、テレビ局の薀蓄は聞くに値しない、見るに値しない。

私は神戸在住なので、節電などせずに、これまでの生活を続けるが、テレビだけは極力電源をOFFすることにします。

よろしければ、クリックを(人気ブログランキング)

2010年10月26日 (火)

東京国際映画祭での中国の横暴

東京国際映画祭で政治の絡んだ大きな出来事があった。

http://www.j-cast.com/2010/10/25079074.html?p=1
引用開始----------------------------------------
ビビアン映画祭イベント欠席 原因は中国側からのクレーム
2010/10/25 18:55
    
   今年で23回目を迎える東京国際映画祭の開幕イベント「グリーンカーペット」の出演を中国と台湾の代表団が「ドタキャン」した問題で、中国側がイベント直前に、主催者側に「『台湾』の呼称は認められない」などとクレームを入れたことが、双方の不参加につながっていたことが明らかになった。

   中国・台湾間での折衷案を模索するなか、「時間切れ」で、結果として出演が見送られた。主催者側は「これまでも『台湾』の名称は使ってきた。それでも何のトラブルもなかったのに…。中台両方とも(カーペットを)歩いて欲しかった」と無念さを隠さない。

◆イベント直前に、「台湾」の名前変更を主催者に要求

    六本木ヒルズの「けやき坂」に約200メートルにわたって設けられた「グリーンカーペット」を映画出演者などが歩く開幕イベントは、2008年に「レッドカーペット」をリニューアルする形で始まった。グリーンカーペットとしては3回目になる2010年10月23日のイベントは、約2時間にわたって行われた。

   報道陣に配られた資料では、中国から37人、台湾からもビビアン・スーさん(35)ら7人が参加することになっていたが、終盤になって、中国・台湾ともに参加しないことが報道陣に告げられた。だが、不参加の理由は明らかにされなかった。

   翌10月24日に行われた台湾勢の記者会見では、グリーンカーペット不参加について、ビビアンさんが「私たちでは解決できない」などと悔し涙を見せる一方、ニウ・チェンザー監督は

「そういうことは、これまでも一度ならず起こっている。大局的な合意がなされていないと、色々と小さなトラブルが起こる」
などと説明。「感想」めいたことは語られたものの、やはり参加見送りの背景に具体的に何があったのかは口にしなかった。

   映画祭の事務局によると、イベント直前に、中国側からクレームが入った。イベントは15時から16時30分にかけて行われる予定で、参加者の集合時刻は14時30分。開始までの30分で段取りを説明する予定だが、このタイミングでクレームが寄せられた。「ボイコットに近いことも言われた」(事務局)という。

   台湾の日刊紙「中国時報」が、台湾代表団団長の陳志寛・新聞局映画処長の話として伝えたところによると、中国代表団の江平団長が、台湾代表団の名前を変えるように主催者に要求。具体的には、「台湾」ではなく、「中国台湾」または「チャイニーズ・タイペイ」の名称を使用するように求めたが、台湾側は「主権と尊厳の問題を含むので受け入れられない」と要求を拒否したという。

◆「こんな理不尽な要求をされたことはなかった」
   中台問題の板挟みになった形なのが映画祭の事務局だが、「落としどころ」を上手く見つけきれなかった様子で、

「中国側の役者さんや監督も『歩きません』という気持ちではなかったと思います。主催者としては、(中台)両方に歩いて欲しいという立場なので、両方が納得できるような折衷案を模索してきました。例えば、『台湾の名前ではなく、作品名を掲げて歩く』といったことです。でも、片方が納得したとしても、もう片方が納得しない。そうやってもめている間に、17時の時点で『時間切れ』になってしまいました」
と、無念そうだ。

 
   トラブルの発端になった中国の江団長は、環球時報に対して、

「主催者が『ひとつの中国』の原則を守らなかったため、中国代表団が映画祭の関連イベントからの撤退を決定したのは遺憾。この問題は、台湾の同胞とは関係ない。東京の事務局の落ち度だ」
などと主張。自らのクレームを正当化した。だが、事務局側は、

「これまでも『台湾』の名称は使ってきたが、何の問題もなかった」
と反論している。クレームがイベント開始の直前だったことにも困惑している様子だ。

   また、中国時報によると、台湾の陳団長は、

「これまでも多くの国際映画祭に参加したが、こんな理不尽な要求をされたことはなかった。我々の映画は、ASEAN諸国、欧州、米国といった中国語圏をターゲットにしている訳であって、中国大陸だけがターゲットなのではない」
などと憤っていたという。

   事務局によると、映画祭2日目以降は、予定通りプログラムは進んでいるという。
引用終了----------------------------------------

中国の代表団はわざわざ開幕式の直前を狙ってクレームを付けて来たのでしょう。
中国側としては、台湾が『中華台北』として紹介されることを最善として、台湾が反発して欠席しても良し、中国が欠席することになっても『台湾』呼称回避に全力を尽くした事を示せれば良かったのでしょう。

結局中国も台湾も欠席することになったので、一見すれば痛みわけのように見えるが、そうではない。

中国としてはしてやったりであるし、台湾としては最悪の結果です。

ビビアン・スーさんは、台湾・日本両国で活躍する女優として、映画祭の晴れ舞台を楽しみにしていたのだと思います。

開幕式に出るために数千万のドレスを用意してあったようです。

会見での涙は、言葉に出来ない悲しさや悔しさがいっぱい詰まったものだったのだと思います。

このような政治・外交とは関係が無い晴れの舞台に政治を持ち込み、混乱させる中国は許せない。

ですが、今回の件については、それ以上に主催者に腹が立つ。

記事では「中台問題の板挟みになった形なのが映画祭の事務局」と表現して事務局を庇っていますが、私は毅然とした態度で中国のクレームを突っぱねなかった主催者にこそ、大きな問題があると思います。

台湾の代表団には「台湾」として開幕式に出席させる予定であったのだから、何が何でも開幕式に出席させるべきであった。

主催者が中国と台湾の間に入り落としどころ探るのは結構だが、時間切れで台湾も出席できないなんて結末は愚の骨頂。

主催者は
「開幕式の直前のそのような抗議は受け入れられない。前年と同様に『台湾』として紹介する」
と突っぱねればよかったのです。

中国がボイコットするなら、させればよかったのです。

この問題は「中台問題」ではなく「日中問題」「日台問題」です。

中国の横暴に従って日本が台湾を不当に扱うのか、あるいは中国の理不尽な要求に屈せず台湾を正当に扱うのか。

そういう話です。

日本の団体が日本国内で行う催しで、台湾代表団を出席させる事ができなかった事は、日本の団体の責任です。

このエントリを見られた方の中には「主催者にそこまで求めるのは酷だ」という意見もあるかと思います。

確かに自分がこの問題の担当者ならば毅然とした態度は取れなかっただろうし、今回と同じ結果になっていた可能性が高いと思います。

だからこそ問題として取り上げる必要があります。

一党独裁国家である中国の圧政下で民間団体・企業は平気でこのような理不尽な要求をしてくる。

日本の団体・企業は中国に対して、十二分に注意しなければならない。

レアアースの輸出停止にしても、万博への招待取りやめにしても、フジタの社員拘束にしても、すべて同じで、中国と係わりを持つ企業団体は常に、中国は理不尽な事をしてくると心しておくべきでしょう。

中国と対峙する部署の担当者には、突発的な事柄に適切に対応できる人物を配置し、決定権を与えるべきで、そのような人物を配置できないのであれば、中国と係わり合いになってはいけない。

そんな企業が中国と係わりあうのは国益に反する。

それでも中国と係わり合いたいのなら、本社を中国に移し、社長以下重役連中は中国に帰化すればよかろう。

今回の件は、例の如くマスコミは大きく取り上げない。

日本でも有名なビビアンさんの涙を取り上げないのは、明らかにマスコミが中国を恐れている証拠。

中国を恐れているのなら逆に、中国の恐ろしさを日本国民に知らせて、国ぐるみで警戒すべきなのだが、マスコミは本当に役立たずで、恐らく中国によって自分達マスコミが潰されるか、日本自体が潰されるかするまで、体質を変えられないのだと思います。

記事には載っていないが、会見の中でビビアンさんはこう述べたそうです。

「台湾代表団は私たち芸能人を中国やメディアから干されないようにするため、表に出るなと言っているが、私なら平気だ。以前すでに江平氏(中国代表団の代表)には干されたことがある」

かつて日本のバラエティで活躍していた可愛く面白い女の子は、外見内面ともに美しく、芯の強い魅力的な女性になっているようです。

よろしければ、クリックを(人気ブログランキング) 

つぶやき